細川忠興

細川忠興(ほそかわただおき)  

戦国時代から江戸時代にかけての武将
丹後宮津城主を経て豊前小倉、肥後熊本の初代藩主
与一郎
従五位下、越中守、従四位下、侍従、左少将、従三位、参議
丹後宰相、丹後侍従、丹後少将
号 三斎宗立

Table of Contents

概要  

  • 織田信長豊臣秀吉、徳川家康と時の有力者に仕え、現在まで続く肥後細川家の基礎を築いた。
  • 父細川幽斎と同じく、教養人・茶人細川三斎(さんさい)としても有名で、利休七哲の一人に数えられる。茶道の流派三斎流の開祖である。

系譜  

  • 永禄6年(1563年)11月13日生まれ
  • 父は細川藤孝(幽斎)、母は沼田麝香(じゃこう)(若狭熊川城主沼田光兼の娘)
    沼田光兼は幽斎の乳人であり、のち成長した幽斎に娘を嫁がせた。幽斎は側室・妾を持たず、忠興を始め興元、伊也などの兄弟4男4女はすべて沼田麝香の子。
  • 幼名与一郎
 細川幽斎─┬細川忠興─┬細川忠隆(長岡休無)──長岡忠春──長岡忠重(忠季)──長岡忠英【細川内膳家】
      │     ├細川興秋(→細川興元養子)
      │     ├細川忠利[熊本藩初代藩主]──細川光尚[2代]
      │     ├細川立孝──細川行孝[宇土藩初代藩主]──細川有孝[2代]
      │     ├細川興孝【細川刑部家】
      │     └松井寄之(→松井興長養子)
      │
      ├細川興元[常陸谷田部藩初代藩主]─┰興昌[2代]──興隆[3代]
      ├伊也(一色義定のち吉田兼治室)  ┗興秋
      ├細川幸隆[豊前竜王城主]
      └細川孝之(細川休斎)[豊前香春城主]

生涯  

  • 初め父藤孝とともに足利義輝に使えるが、永禄の変で義輝が二条御所で討たれると義輝の弟・義昭を第15代将軍に擁立し織田信長を頼る。信長と義昭の対立後は信長に臣従し、忠興は信長の嫡男信忠に仕えた。

信忠家臣  

  • 天正5年(1577年)15歳で初陣で紀州征伐に加わる。同年信貴山城の戦いでは信長直筆の感状を受けている。
  • 天正6年(1578年)に元服。信忠より偏諱を受け「忠興」と名乗った。

丹後進出  

  • 天正7年(1579年)には父や光秀と共に丹後守護だった建部山城城主・一色義道を滅ぼした。
  • 同年、信長の仲介を受け、光秀の三女・明智玉子(ガラシャ)と結婚する。この時信長の命により九曜を定紋とし、これが細川家の家紋となった。忠興が信長の小刀の柄に九曜が描かれているのを大変気に入っていたことを、信長が覚えていたためと言われる。
  • 天正10年(1582年)、舅である明智光秀が本能寺の変を起こすと、光秀には従わず秀吉に誼を通じる。このとき父細川藤孝は隠居したため(「幽斎玄旨」と号した)、忠興はその領国である丹後南半国を譲られ、丹後宮津城主となった。さらに北丹後の一色満信を殺した後、一色家旧臣を攻め滅ぼし、秀吉から丹後全域の領有を許された。
    この時の戦いで「浮股」、「面の薙刀」の逸話が残る。
  • 天正13年(1585年)には従四位下・侍従に叙任し、秀吉から羽柴姓を与えられ七将に数えられた。
  • 天正17年(1589年)の領地宛行状によれば、細川幽斎・忠興親子に対して、11万石(うち84千石ほどが忠興、26千石が幽斎。軍役人数が忠興3千人、幽斎1千人)の丹後一国支配を認められている。

秀次事件連座と家康との接近  

  • 文禄4年(1595年)の秀次事件では、秀吉の甥・秀次に借金があったために秀吉に嫌疑をかけられたが松井康之が奔走し、金子を用立て秀吉に返納した。この時に金子用立てに力をかしたのが徳川家康である。
  • 慶長3年(1598年)8月に秀吉が死去すると、武功派大名の一人として石田三成ら吏僚派と対立し、家康に誼を通じた。
  • 同年、豊臣家の大老の筆頭であった家康の推挙で、丹後12万石に加え豊後国杵築6万石が加増された。これにより都合18万石の大名となっている。

関ヶ原  

  • 関ヶ原の戦いでは東軍に与した。この時大坂城内の玉造の細川屋敷にいた妻の玉子(ガラシャ)は西軍の襲撃を受け、人質となることを拒んで自害を余儀なくされた。
  • 慶長7年(1602年)、戦後の論功行賞で丹後12万石から豊前国中津33万9,000石に国替のうえ加増となった。豊後杵築6万石はそのまま細川領とされたため、都合39万9,000石の大名となった。

隠居  

  • 元和6年(1620年)、病気のため、3男の忠利に家督を譲って隠居し、出家して「三斎宗立」と名乗る。
  • 寛永9年(1632年)、忠利が豊前小倉藩40万石から肥後熊本藩54万石の領主として熊本城に加増・移封されると、忠利に44万5,000を残し、自らは八代城に入り9万5,000石を隠居領とした。北の丸を隠居所とし本丸には忠興4男の立孝を入れた。

    寛永九年三齋が男忠利に肥後國給はりし時。三齋を召て。こたび忠利に肥後一圓下さるれども。三齋はなを同國八代の城に在て。もし鎭西不虞のことあらんには。よろづ入道に仰合され。さてこそ御心安かるべけれと宣ひければ。三齋も盛意をかしこみ。涙ながしてかしこまる。

  • 自分の死後は八代9万5,000石を立孝に譲るつもりであったが、立孝は正保2年(1645年)閏5月に先立って死んでしまう。さらに、忠興自身もその年の暮れの正保2年12月2日に没した。享年83。
  • 立孝の子の宮松(行孝)が残されたが、細川宗家の熊本藩主細川光尚はこれを宇土郡3万石に移し支藩とした。八代には筆頭家老松井興長(長岡佐渡守、松井康之の次男)を八代城3万石として入れた。この松井興長の跡は細川忠興の六男寄之(よりゆき)がその養子となって嗣いでいる。

人物  

戦上手で冷徹な政治家  

  • 大変な戦上手で知られ、それとともに気の短さでも有名であった。
  • 茶道四祖伝書の中で「天下一気の短い人物」と書かれており、また丹後平定に際しては明智光秀から「降伏してくる者を無闇に殺してはならぬ」と諭されている。
  • 同族に対しても非常な冷酷さを持っており、本能寺の変後、妹の婿であった一色義定(義有)を宮津城にて殺害した時には、妹伊也から切りつけられている。この時の鼻の傷はその後一生残ったという(「浮股」、「面の薙刀」)。
  • のち、一色家につながる僧侶を大徳寺で殺害しており、さらに弟までも追い打ちをかけ殺害するという事件を起こしている。(「希首座」)
  • また関ヶ原では人質に取られるのを避けるために妻ガラシャを自害させ、同様に自害を命じたにもかかわらず妻を逃した嫡男細川忠隆(長岡休無)を廃嫡している。
    後に和解するが、忠隆は生涯熊本に入ることなく京都で死んでいる。その子孫は細川内膳家として熊本藩一門家臣首座となった。
  • 関ヶ原の際、宮津城を預かっていた父細川幽斎が城を立ち退いたため、戦後は一時不仲になっている(「古今伝授の太刀」)。
  • またガラシャ自害の際、護衛役であった稲富祐直が、砲術の弟子に諭され逃げたことを咎め追い打ちをかけるが、これは稲富が徳川家に召し抱えられたため断念した。
  • 家督は三男の忠利が継ぐが、次男細川興秋は大坂の役で豊臣方に味方したため戦後忠興の命で切腹させている。家康から赦免の話が出たが忠興が断ったともいう。
  • 家督を譲った後、当主忠利を取り巻く近臣達の輔佐ぶりが悪いとして、彼らを八代城に呼び寄せ次々と殺害したと伝わる(「歌仙兼定」)。

茶人  

  • 忠興は、父幽斎同様に当代一流の文化人の一人として知られ、多くの文化人との交流があった。
  • 和歌や能楽、絵画にも通じ、さらに千利休に師事し、利休に最も気に入られていた弟子で、利休七哲の一人に数えられる。

筆まめ  

  • 忠興は非常に筆まめで知られ、関ヶ原の後だけで約2000通を数える。
  • うち多くの書状が家督を継いだ忠利に対するもので、それが1802通もあり、また忠利から忠興への書状も1084通を数える。
  • これは刻々と変化する徳川幕府の内情を互いに知らせることで、肥後熊本藩を守る目的があった。

武具  

  • 自身の使用する武具にも深い関心を示し、独自の考案を凝らした。
  • 打刀の拵えでもいくつもの拵えを工夫して残しており、後に「肥後拵え」と呼ばれるようになる。
    • 信長拵えは三斎苦心の作とされる。
    • その他、歌仙拵え、希首座拵え、彫貫盛光拵え、山本刀拵え、隈府屋拵え、正宗拵え、関ヶ原陣刀拵えなど。

系譜  

  • 忠興の子、忠利(母はガラシャ)の系統は肥後熊本藩主家となる。
  • しかし7代藩主の細川治年は男子がみな早世したため、正室謡台院(埴姫)の同母弟で支藩の宇土藩主の細川立礼(改め斉茲)が養子に入り、跡を継いだ。
  • この細川立礼の祖は忠興四男の細川立孝で、母は清田鎮乗の娘幾知(圓通院)となっている。
    この清田氏はもと豊後大友氏流戸次氏の支族で、清田鎮忠に大友宗麟の娘ジュスタが嫁いでいる。清田鎮忠は天正8年(1580年)、大友宗家を裏切った田原親貫を国東郡実際寺にて破ったが、帰途で負傷しそのまま死去。娘がひとりいたため、これに志賀親次の兄弟である清田鎮乗が婿養子として跡をつぎ、娘幾知(円通院)をもうけた。この幾知が細川忠興の側室となって細川立孝を産んだ。
  • 以後は細川立礼(改め斉茲)の子孫が跡を継ぎ、幕末を迎える。その子孫には細川護立や、第79代内閣総理大臣細川護熙がいる。

刀剣  

  • その他
長岡貞宗
享保名物追記「表剣梵字百之」。刃長一尺四分。表に剣・梵字。
長岡藤四郎
享保名物帳ヤケ。粟田口吉光作の短刀。刃長八寸二分五厘。表裏に刀樋、添え樋。号の由来は、幽斎所持、三斎所持、細川家家臣の長岡斎記が慶長ごろに所持など諸説ある。三斎が将軍家に献上。明暦の大火で消失。
二見左文字
幽斎の佩刀。筑前左文字の極め。大磨上無銘。元禄元年(1688年)千五百貫の折紙。刃長二尺三寸六分。鋩子掃き掛ける。中心は目釘孔3個。
関ヶ原陣刀
太刀拵えの大小。大は備前長船春光、刃長二尺二寸。小は無銘で平安城則光極め刃長一尺六寸九分五厘。この陣刀を五男の興孝に譲り、その子孫である熊本市小飼の細川男爵家に伝来した。
さしもくさ
細川幽斎の愛刀。「かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを」(藤原実方朝臣)の歌より引いたもので、これほどの切れ味とは思いもよるまいとの意味。
光尚元服時拝領
嫡孫の細川光尚が元服して江戸城に登城した際に、三人が拝領している。

豊永賢斎老
尚々、此方よては不懸御目、御残多存候、肥後守に光と申御字を被下候、光忠ノ御腰物拝領、是又満足仕候、我々には正宗之御脇指、三斎には左文字之御わき指、三人共に大御酒をたへ、忝儀に候き、可御心安候、四月は以面可申候、以上
(細川家文書 二九七五 寛永十二年七月廿五日)

豊永賢斎とは伊丹重好のこと。細川光尚に光忠の刀、細川忠利に正宗の短刀、細川忠興に左文字短刀。


関連項目