兼定(刀工)

関兼定(せきのかねさだ)  

美濃、関に発展した刀工集団
美濃伝 関七流 奈良太郎系
孫六兼元と並び美濃物を発展させた。

Table of Contents

初代~3代  

初代  

  • 初代兼定は、三阿弥兼則の子で兼長に学ぶ。
  • 子の之定、孫の疋定と区別するために「親兼定」と呼ばれる。

二代:之定  

  • 2代兼定は「定」の字を「㝎」(ウ冠の下に「之」を書く)と独特の書体で切ることが多いことから、「之定」(のさだ)と通称される。文亀二(1502)年以降のもの(二代目)からノサダとなる。
  • 吉右衛門尉と称したとも伝える。
  • 二代目は、孫六兼元と並び「末関」の双璧をなし、永正8年(1511年)に「和泉守」を受領する。永正元年銘に和泉守藤原兼定と見える。なお、刀工が守を受領するのは珍しく、兼定が初めてと言われる(神田白龍子「銘盡」)。
    実際には、青江貞次が元弘3年(1333年)ごろに大隅権介、貞治2年(1363年)には大隅権守の受領名を拝領している。

    三和泉:和泉守を受領した、兼定、井上和泉守国貞、和泉守兼重の三工をいう。
  • 永正元年(1504)年には、兼㝎は「法華経普門品(観音経)」を絵入りで出版しており、これは現在大英博物館にしか現存しない。
  • 永正5年(1508年)の紀年銘の脇差には和泉守がなく、永正8年(15011年)の紀年銘の剣には和泉守兼定と入る。和泉守受領はこの頃とされる。
  • 切れ味も最上大業物とされ武家に愛好され、江戸期には「千両兼定」とも呼ばれた。有名なものでは、武田信虎、織田信澄、柴田勝家、細川忠興(三斎)、明智光秀などが所持したほか、池田勝入斎の「篠ノ雪」は高名である。

三代  

  • 3代兼定は銘の「定」字を「疋」と切ることから「疋定」(ひきさだ)と通称される。

和泉守兼定著名作  

歌仙兼定
銘「濃州関住兼定作」細川幽斎、細川護立。財団法人永青文庫所蔵
武田信虎所持
銘「兼定/武田左京大夫信■所持」(信虎)は重要美術品指定。
鳴神兼定
信玄から穴山梅雪、久松松平定勝。子孫の松平定信が鎮国神社に奉納。
九字兼定
銘「和泉守藤原兼定作」。永正10年(1513年)前後の作
人間無骨
十文字槍、銘「和泉守兼定」森武蔵守長可所持。森家伝来。
是非共是成
是非共是成/藤堂高虎帯之」藤堂高虎所持。高山神社。焼失
篠ノ雪
池田勝入斎、永井伝八郎(直勝)
立袈裟籠釣瓶
銘「濃州関住兼定作/金象嵌 立袈裟籠釣瓶 武州江戸於神田甲賀町出井 仁左衛門切之祐正(花押)」群馬県立歴史博物館蔵所蔵
籠釣瓶
銘「兼定作/金象嵌 号籠釣瓶 小須賀帯刀喜政所持」岡山津山松平藩十万石の家老の所持という
君が盃兼定
牛丸」福島正則から結城秀康
春畝(しゅんぼ)兼定
脇差。春畝は伊藤博文の号。伊藤はこれを仕込み杖にして常に携帯しており、ハルビン駅で暗殺された際にも所持していたという。
石斫丸
河田景与、京都府知事槇村正直 →「石切丸
銘「和泉守藤原兼定作/永正八年辛未十二月二十七日」南宮大社所蔵。※永正8年は1511年

会津兼定  

  • 4代にあたる兼定が芦名家に招かれ、以降会津の地会津に移り「会津兼定」となる。その後領主は蒲生家、上杉家、保科正之(保科家)と移るが引き続きお抱えとなる。
  • 作風は関伝を基調とするが、時に柾目肌の美しいものがある。切れ味は初代がもっとも良く「良業物」、二代はそれにつぎ「業物」となっている。

土方歳三  

  • 新撰組副長の土方歳三も和泉守兼定を使った。池田屋事件の後、近藤勇が送った手紙の中に次のように書かれている。

    土方氏も無事罷在候。殊に刀は和泉守兼定二尺八寸、脇差は一尺九寸五分堀川國廣。

関連する項目