本朝鍛冶考

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

本朝鍛冶考(ほんちょうかじこう)  

刀剣本
鎌田魚妙
寛政8年(1796年)刊

Table of Contents

概要  

  • 奥書

    寛政七年歳次卯秋七月
    鎌田三郎太夫著

    嘉永四年辛亥五月補刻
    大坂書林
     心斎橋通備後町 河内屋徳兵衛
     同所 近江屋平助

    寛政7年は1795年、嘉永4年は1851年。

目次  

  • 「デジコレ」リンクは直接そのページにリンクしています。
  1. 【巻之一】:畿内 古来鍛冶名籍并系圖諸説 デジコレ
  2. 【巻之二】:東海道 同名籍并系圖説 デジコレ
  3. 【巻之三】:東山道 同名籍并系圖説 デジコレ
  4. 【巻之四】:北陸道 同名籍并系圖説 デジコレ
  5. 【巻之五】:山陽道 同名籍并系圖 デジコレ
  6. 【巻之六】:山陰道并未訣 同 デジコレ
  7. 【巻之七】:南海道并未訣 同 デジコレ
  8. 【巻之八】:西海道并未訣 同 デジコレ
    1. 番鍛冶:デジコレ
    2. 注進物デジコレ
    3. 可然物デジコレ
    4. 新作物:デジコレ
  9. 【巻之九】:諸國鍛冶異説并備考 デジコレ
    1. 名劍作者記:デジコレ
  10. 【巻之十】:畿内 様俗称刃文附属名 デジコレ
    1. 大和:デジコレ
    2. 山城:デジコレ
      宗近/吉家/国永藤林国友/藤次郎久国国綱則国/国吉吉光了戒/信国長谷部
    3. 河内:デジコレ
    4. 和泉デジコレ
    5. 摂津デジコレ
  11. 【巻之十一】:東海道 同中心圖説 デジコレ
    1. 伊賀デジコレ、伊勢デジコレ、尾張/三河デジコレ、遠江デジコレ、駿河デジコレ
    2. 相模デジコレ
      国綱国宗/国光五郎正宗貞宗広光/秋広助真来国次
  12. 【巻之十二】:東山道 同中心圖説 デジコレ
    1. 近江:デジコレ
    2. 美濃:デジコレ
    3. 飛騨・信濃:デジコレ、野・下野:デジコレ、陸奥:デジコレ、出羽:デジコレ
  13. 【巻之十三】:北陸道 同中心圖説 デジコレ
    1. 越中:デジコレ
      郷義弘則重
  14. 【巻之十四上】:山陽道上 同中心圖説 デジコレ
  15. 【巻之十四下】:山陽道  同中心圖説 デジコレ
    正恒則宗国宗光忠/長光/景光兼光/長義
    伯耆安綱
  16. 【巻之十五】:山陰道 同中心圖説 デジコレ
  17. 【巻之十六】:南海道 同中心圖説 
  18. 【巻之十七】:西海道 同中心圖説
  19. 【巻之十八】:諸國鍛冶 同中心圖説 デジコレ

名劍作者記  

天国「小烏丸
平家小烏丸作人、大和國宇陀郡ノ鍛冶、同銘数代。小烏ハ文武天皇大宝以前ノ物ナルベシ無銘也
實次「髭切膝丸
源満仲ノ太刀作人、備中或筑前ノ人トモ云。或西土ノ人トモ云。按水戸光圀卿、平家物語ノ参考劍ノ巻其正ヲ得タルベシ
道眞「猫丸」
宇多天皇御宇、寛平昌泰。右大臣菅道真公(菅原道真)ノ作ト云。此作ノ太刀猫丸ト云名刀有俗説也
宗近「小狐丸
一条天皇御宇永延。三条古鍛冶。或小カチ(小鍛冶)トモ。少納言藤原通憲入道信西太刀小狐ト云名刀アリ
宗近は、一条天皇の御代、永延年間。三条古鍛冶あるいは小鍛冶ともいう。藤原信西の小狐を作った。
有成「石切丸
一条天皇御宇永延河内國鍛冶。後白川天皇石切ト云御太刀此作也
有成は一条天皇の御代、永延年間の河内の鍛冶。後白河院の石切という太刀を作った。
友安「獅子丸
鳥羽天皇御宇、天仁。或陸奥國我里馬同人重永トモ。後徳大寺左大臣藤實定公(徳大寺実定獅子丸ト号太刀作人
宗近「蝶丸」
三条小鍛冶、鎌倉権五郎平景政蝶丸ト号太刀
助平「懐剣」
一条天皇御宇、永延。備前國信房、七男或基平トモ銘ス。此作ニ丹後守藤原保昌懐剣ト号名刀有
包平「簾丸或小手丸トモ
同御宇、備前國信房六男、後鳥羽天皇御劍蒲穂丸或小手丸トモ号名刀有、頼朝公簾丸小手丸ト号
真守木枯抜丸
嵯峨天皇御宇、弘仁天長。伯耆國安綱子大原住。平家形部卿忠盛抜丸初号木枯抜丸ハ奥州ノ治ユ文壽作トモ云
真守は嵯峨天皇の御代、弘仁~天長年間の人。伯耆国の刀工安綱の子で大原住。平忠盛の「抜丸太刀は初め「木枯」と号す。あるいは抜丸は奥州鍛冶文壽の作ともいう。
吉家「鵜丸
一条天皇御宇永延。或三条天皇御宇長和。三条宗近子後白川天皇御劍鵜丸作人、此劍後江源佐々木家ニ傳ト云
国永鶴丸
後一条天皇御宇、寛仁。有國子四條住弥太郎ト号。北条貞時朝臣ノ鶴丸太刀作人
行平「利目丸」
後鳥羽天皇御宇。豊後國紀新太夫、先是三条天皇御宇長和。同國同銘有。利目丸作者ハ紀新太夫ト云。閑院家ニ有
光長「打丸」
村上天皇御宇、応和。或三条天皇長和又鳥羽天皇保安トモ。陸奥國舞草安房同人トモ又子行重同人トモ云
行重「鎧切」
同御宇、応和康保。或一条天皇正暦。安房後ノ銘トモ云。奥ノ秀衡、源義経ヘ此作ノ太刀を進ト云
諷誦「切居丸」
同御宇安房二男、或門人トモ云。鎌倉法華堂ヘ納メ後、切居丸在所不知。按フシユ風数ハ皆同人ナルベシ
助包「拔卉丸
一条天皇永延。備前國是助子左近将監。甲斐國某所持ノ太刀
菊御作「金丸」
後鳥羽天皇御作。或則宗造。菊ハ御作トモ云。佐々木道誉入道塩谷ヘ傳フト云
信房「摺丸」
村上天皇天暦天徳。備前國高平包平助平是助等ノハメ也。後鳥羽天皇御剣摺丸ノ作者或後ノ信房作トモ云
国友「乙丸」
後鳥羽天皇元暦。粟田口藤林左衛門尉。同御剣乙麻呂作者
国安「吹毛劍」
同御宇、元暦。粟田口久国弟、藤三郎。同天皇御剣吹毛ノ作者
助宗「菊丸」
同御宇。備前國福岡則宗子、号大一文字住修理亮。同天皇御剣菊丸ノ作者
宗吉「櫻丸」
同御宇。備前國。宗國子。福岡形部丞。或左近将監トモ。同天皇御剣櫻丸作者
友光「下食丸
文武天皇大宝。天国門人。本三位中将重衡卿下食ノ太刀ノ作者
国綱鬼丸
順徳天皇、建保承久。粟田口國家六男。後鎌倉山内住。藤六左近将監。北条時頼太刀鬼丸作者
則宗「咲栗」
近衛天皇仁平二年生。順徳天皇建保二年死。壽六十三歳。或三浦介義明太刀咲栗作者。按此三浦ハ義澄欤義明討死。則宗廿三□
助重「烏丸」
二条天皇永暦。系図未詳。古備前助友助平是介等ノ末ナルベシ。後鳥羽天皇御剣烏丸作者。或雁丸トモ記誤冩ナラン
兼平「袖切或籠手丸」
一条天皇永延。河内國泰兼平。或包平ニモ作ル歟。包平ト銘ル者ハ備前同人にて泰ト別人。内大臣平重盛公袖切太刀ノユ也
国宗「旗守」
四条天皇嘉複仁治。備前権守三男、号備前三郎。禅林寺家旗守作者
菅恒「三寅丸」
二条天皇万壽。山城國平安城住。系図未詳。三寅丸作人。按備前菅本子ト同人ナルベシ
信房「壺切」
村上天皇天暦康保。備前國高平等ノ父ニテ宇津宮家相伝壺切作者。按 春宮ノ壺切ハ同名異物ナルベシ (※皇太子相伝の壷切ノ剣とは同名異物という意味
真守「中丸」
嵯峨天皇弘仁。伯耆國大原住平相国清盛公太刀中丸作者。按忠盛卿ノ抜丸同物モ知ベカラズ
国行「面影
後宇多天皇弘安。山城國来太郎。山名家面影作者
雄安「血噇丸」
一条天皇長暦。或村上天皇御宇天徳。陸奥國安房子トモ云。八幡殿鬼丸ノユトモ血噇丸トモト号太刀有ト云。其来由未詳
鬼王丸「骨喰
三条天皇御宇長和寛仁。陸奥國森房子友長同人。骨喰ノ作者 (骨喰藤四郎ではなく、「骨食」を指す
吉光「蜘切薬研徹」
後宇多天皇、建治。粟田口国吉門人。結城入道太刀、金象嵌入。此作ニ小龍、小野、無銘親子庖丁カイキリ鯰尾アラミ

読みやすさを考慮し、濁点及び句読点を追加した。基本的にどの天皇の時代(御宇)か、さらに活躍年号の後に、刀工自身の生国と、誰の佩用であったかが記述されている。按は按ずるに。後白川天皇は後白河天皇のこと。
 例えば一番最後の吉光であれば、「蜘蛛切(蜘蛛切藤四郎)」や「薬研藤四郎」の作者として有名で、後宇多天皇の治世、建治年間(1275~1277)に活躍した刀工であり、粟田口国吉の門人とされる。結城入道が吉光作の太刀を所持し、金象嵌を入れた(結城越後入道道成であり、太刀ではなく短刀であるとされるが、詳細不明)。その他吉光作の著名刀には、「小龍(不明)」、「小野(不明)」、「無銘藤四郎」、「親子藤四郎」、「庖丁藤四郎」、「カイキリ(櫂切り)」、「鯰尾藤四郎」、「アラミ(新身藤四郎)」がある。という内容になる。