加賀前田家の江戸藩邸

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

加賀前田家の江戸藩邸  

  • 加賀藩前田家の江戸藩邸の成り立ちと贈答品のまとめ。
Table of Contents

概要  

  • 加賀藩前田家は、当初江戸城和田倉門外の辰口邸を本邸としていたが、後に本郷邸を本邸として使用するようになった。この地は現在東大本郷キャンパスとなっている。
  • 加賀藩では初代藩主の前田利長が慶長10年(1605年)に隠居しており、江戸藩邸については2代藩主前田利常の時代からとなる。

辰口邸  

江戸城和田倉門外
7500坪
慶長10年(1605年)~明暦3年(1657年)

  • 慶長10年(1605年):江戸城和田倉門外に屋敷地を拝領する。7500坪。
  • 元和3年(1617年):5月13日、秀忠の御成
御相伴衆
日野亞相入道唯心(初名広橋兼保、日野輝資)、水無瀬一斎(水無瀬親具)、藤堂高虎、酒井忠世、板倉重宗、永井尚政、青山幸成、菅沼吉官、酒井忠正、鳥居忠頼
贈答刀剣
守家御太刀、一文字御刀、平野藤四郎御脇指賜る。利常より守家の太刀貞宗の刀、(江戸新身藤四郎の脇指を献ず。
  • 寛永9年(1632年):12月27日に類焼で焼けたため、本郷邸に避難している。

    寛永九年十二月廿七日宵の間の事なるに、江戸にて松平新太郎殿屋敷より出火して、近所の大名屋敷悉く類焼す。利常公は神田の屋敷に被成御座、御出馬可有とて御供中も揃ひけれ共、早や鎮り申由聞えければ、先づめでたしとて、夜詰も過ぎて供衆小屋に歸り休息す。然る所に又焼出でたつ由注進に及び、俄に御出被成ければ、(略)筋違橋へ御座の處に、多羅尾六兵衛駆来り、御姫様達を御供仕罷候由申上ぐる。

    金沢藩江戸辰口の上屋敷、類焼の難に罹る

  • 寛永9年(1632年):同年将軍息女大姫と前田光高の婚約が決まる。

    内々より御内談ありて水戸中納言殿の姫君を、當將軍家光公の御養女に被成置、光高公へ采納の御祝儀も済ければ

  • 寛永10年(1633年):辰口邸を再建し、12月5日に大姫が入輿。

    金沢藩、江戸辰口の上屋敷の興造に着手す

贈答刀剣
この時、将軍家から前田利常へ「和歌山正宗」、前田光高には「太郎作正宗」および「信濃藤四郎」が贈られた。これに対して利常から、行平太刀、「五月雨江」、「八幡正宗」が、また光高からは一文字の太刀が将軍家に献上された。
  • 寛永19年(1642年)、辰口邸にて家臣の井内清兵衛が有澤太郎左衛門を斬るという事件が起こる。
  • 正保2年(1645年):4月5日前田光高急死。
  • 明暦3年(1657年):明暦の大火により焼失。辰口の屋敷地は幕府へ上地、5月14日に筋違邸藩邸地を拝領し、上屋敷となった。

    江戸に大火あり、辰口の金沢藩上屋敷類焼す

    金沢藩、江戸辰口に於ける上屋敷の替地を受く

本郷上屋敷  

江戸本郷
10万3822坪
元和2年(1616年)頃~

概要  

  • 現在の東京大学本郷キャンパスの場所にあった藩邸。拝領地は10万3822坪。
    本郷キャンパスの大半が元加賀藩邸であり、言問通りを挟んだ弥生キャンパス周辺が水戸藩中屋敷、北端の東京大学地震研究所のあたりが播磨安志藩小笠原信濃守の中屋敷であった。なお東側の東大医学部附属病院のあたりは、加賀藩の支藩である富山藩(松平大蔵太夫)と大聖寺藩(松平飛騨守)の上屋敷であった。
  • 加賀藩の本郷上屋敷は、安政3年(1856年)時点で8万8482坪。南北約540間(約980m)、東西約320間(約580m)。
    富山藩上屋敷は1万1088坪、大聖寺藩上屋敷は5762坪。これらは幕府からの拝領地ではなく、本家である加賀藩からの借用地である。加賀藩拝領地は10万3822坪で、この内1万6850坪を支藩に貸していたことになる。※1510坪の差分は町屋敷囲込地など。

経緯  

  • 【2代利常】
  • 元和2年(1616年)頃:大坂の陣の後、いずれかの時期に拝領。当初は下屋敷としている。
    • この地にはもと大久保忠隣の屋敷があり、その失脚後であるとされる。
  • 寛永3年(1626年)頃に御成の内意が告げられ、本格的に造成が始まる。

    寛永三年丙寅、始テ四界ニ木墻ヲ環ラシ、明年丁卯千勝後稱富山侍従是也(前田利次)宮松後稱大聖寺侍従(前田利治)ノニ公子、諸翁主、及ヒ壽福儒人面々ノ座所経營有テ、金府ヨリ北發、此邸内ヘ移ラセ、且小田原メワタ町ニ賃居セシ微臣ノ輩ヲ此邸内ニ外廊ヲ構ヘ、盡ク聚メ入置セラル

    日用人足數多江戸ヘ被召寄、同三年の秋より神田の下屋敷に御普請被仰付。加州の御下屋敷とて神田に先年より御拝領にて有けれ共、前は本郷の町迄さかい、後はしのばづの池迄さかい、草ばうゝたる小笹原に谷みねも有之て、ところゝに青人又は下々のものゝみ有て、屋敷之内まだらに茶園してぞ居たりける。

  • 寛永6年(1629年)4月26日将軍家光御成、4月29日大御所秀忠御成。

    加賀の御下屋敷に、小幡宮内惣奉行にて、御成御書院内々より御造営被成、此の年漸く出来す。家光公御疱瘡も御機嫌能く相隅み、翌年の夏中に御成と極りて、其の御用意の品々は、御分国は申すに不及、京・長崎・出羽・奥州まで御調物共被仰遣、相調ひければ、

御相伴衆
水戸頼房、藤堂高虎、立花宗茂
贈答刀剣(家光)

廿六日加賀中納言利常卿が上野の別墅にならせ給ふ。利常卿に二字國俊の御太刀。秋田正宗石井正宗)の御脇差。長子筑前守光高に眞長の御太刀貞宗の御脇差。

贈答刀剣(秀忠)
29日秀忠別邸に御成。筑紫正恒の御太刀池田貞宗の御脇指を賜い。利常より行平太刀、吉家の刀、戸川志津の脇指を献ず。
  • 寛永10年(1633年)2月13日隣接町屋敷を拝領する。※本郷かどうか不明

    徳川家光、前田利常の邸地に連続する町屋敷を与ふ

  • 寛永15年(1638年)御成

    寛永十五年春・夏の内に將軍家光公御成の儀、前年より被仰出、不時に御成可有由御内書有るに付きて、十四年より茨木小業部に御作事奉行被仰付(略)、御案内の次節駒込へ家光公御鷹野に出御ありて、二月十八日に本郷の裏門より御通り、御書院へならせられ、御膳など被召上、御亭共御見物、異国本朝の美酒佳肴遠来の御菓子等品々備へ置く。

  • 寛永16年(1639年)前田利常隠居。本郷邸を隠居所とした。6月10日に江戸を発ち、同21日に小松城二ノ丸仮屋へ入った。
  • 【3代光高】
  • 寛永16年(1639年)家督は前田光高が継いだ。
  • 寛永17年(1640年)家光御成。

    徳川家光、前田利常の下屋敷に臨み、光高・利次登営して之を謝す

贈答刀剣

寛永十七年三月廿八日利常下屋敷山里に御成。
家光様より利常拝領。
一、御腰物 正宗
同日於私宅進上。
一、御腰物 切刃貞宗 利常上之。

三月二十八日
一、松平肥前守利常が別墅に、將軍家渡御ありて、正宗の御腰物をたまふ。利常切刃貞宗の御脇指を献ず。

  • 前田家ではこの時に「五月雨江」を献上したとする。
  • 寛永18年(1641年)利常、3月中旬江戸へ発ち、4月28日登城参観。
  • 寛永18年(1641年)8月3日、家光の世子家綱誕生。8月9日、利常・光高七夜で登城。
  • 寛永18年(1641年)8月20日、金沢に東照宮を勧請するため、東照宮霊代が江戸を発つ。同年8月、利常が牛込穴八幡建立に際して人夫数百人を送る。
  • 寛永19年(1642年)4月9日光高江戸を発ち、家光の日光参拝に伴う。4月25日江戸着。
  • 寛永19年(1642年)5月3日、利常は家光に暇を乞いをし、江戸を発つ。
  • 寛永19年(1642年)利常の娘富姫が、叔母である東福門院の養女となって八条宮智忠親王と婚姻することが、将軍家により決められる。8月27日富姫江戸を発つ。
    真照院富姫
    諱は昌子。利常の四女で、母は珠姫(徳川秀忠と継室江の次女)。寛永19年(1642年)9月27日に八条宮智忠親王と婚姻した。
     智忠親王との間に子女は生まれず、結婚12年目の承応3年(1654年)、後水尾院の皇子・穏仁親王が猶子となった。寛文2年(1662年)智忠親王が病に倒れ、7月1日死去した。しかし、富姫は葬儀にも出られず病に伏していた。夫の後を追うように、8月22日死去。享年42。遺言により遺体は前田家に戻されることになり、墓所は野田山前田家墓所にある。
  • 寛永19年(1642年)10月、将軍家光は光高に狩りの暇を与える。光高相模東郡の狩場で狩りを行い、12月朔日江戸に戻り鶴5隻を献ず。
  • 寛永20年(1643年):春利常江戸参観。
  • 寛永20年(1643年)6月8日に家光、光高に就封の暇を与える。翌日挨拶に登城し、7月7日金沢着。10月産気づいたとの知らせが届き、10月22日金沢を発ち、7日の道中で28日に江戸着。11月16日出産(初名綱利、前田綱紀
  • 正保元年(1644年)2月12日、大姫、綱紀を携えて登城、お目見え。

    十二日大姫の御方犬千代丸を伴ひてまうのぼり給ふ。犬千代丸誕生の後始めてまう登りければ、愛染国俊の御刀たまはり、若君より包家の御刀賜はる。

  • 正保元年(1644年)4月26日金沢で大火。28日利常、就封の挨拶。
  • 正保2年(1645年)2月15日利常金沢を発つ。越中に1ヶ月逗留などして3月25日江戸に着き参観。
  • 正保2年(1645年)4月5日光高急死。
  • 【4代綱紀(利常後見)】
  • 正保2年(1645年)6月13日、家督は嫡男・犬千代(のち元服して綱利、綱紀と改名)が継いだが、幼少であったため利常が後見した。8月21日登城して就封の挨拶。

    廿一日故松平筑前守光高長子犬千代丸、襲封の謝恩に登営あり。清泰院御方、次子万菊丸引具しまう登らるれば、(略)犬千代丸・万菊丸ともに奥にまう登り、犬千代丸は黒木書院に召して御對面あり。久信の太刀(略)を献ず。次に祖父小松中納言利常卿も、(略)謝恩し、飛騨守利治も(略)。次に大納言殿黒木書院に出まし、犬千代丸より正恒太刀(略)献じ謝し奉る。御所より犬千代丸へ、新藤五國光の御脇指を奥にて賜はり、大納言殿より万菊丸へ丹州國光の御脇指を遣はさる。今日故筑前守光高が遺物、秋田正宗の刀、密庵の墨跡、肩衝此村を奉り、大納言殿へ戸川国次の脇指、面影といふ茶壺を献ず。

  • 正保3年(1646年)7月10日、利常襲封の暇を賜り、12日江戸を発つ。8月2日小松着。
  • 正保4年(1647年)2月利常、加賀江沼郡の山代温泉に浴す。3月19日小松を発って江戸に向かう。
  • 慶安元年(1648年)5月25日、利常襲封の挨拶、下旬に日光社参し、金沢へ。10月山代温泉。
  • 慶安2年(1649年)3月中旬、利常金沢を発ち江戸へ。4月28日参観。
  • 慶安2年(1649年)8月13日、万菊丸急死。
  • 慶安3年(1650年):3月29日類焼。この時に家康・秀忠・家光の三代の朱印入の領地判物も焼けたという。利常は大聖寺藩前田利治邸に仮住まいしている。

    小松黄門の別墅もこの災に罹ければ、阿部豊後守忠秋してとはしめ給ふ。四月三日小松黄門利常卿別墅さきに焼ければ、茶壺肩付、衾蒲團・蚊蟵、並に雪舟及土佐某の書屏風二双つかはさる。

  • 慶安3年(1650年)5月1日金沢城の石垣が地震により崩壊。4日利常登城して襲封の挨拶。5月19日江戸を発ち、東海道経由で28日小松着
  • 慶安4年(1651年):利常3月江戸着。4月20日将軍家光薨去。8月21日本郷邸が完成し、戻る。
  • 慶安5年(1652年):利常4月下旬小松へ発つ。堺に寄っている。
  • 承応2年(1653年):4月23日、利常江戸参観し家綱に謁す。
  • 承応3年(1654年)正月12日、犬千代(綱紀)11歳で正四位下・左近衛権少将・加賀守に叙任。登城し来国次の御腰物を拝領。将軍家の諱一字拝領し綱利と名乗る(後に前田綱紀と改名)。さらに本郷上屋敷にて太郎作などを利常より贈られる。

    神田の御屋敷へ入らせられ、(略)其の時分太郎作正宗の御腰物、愛染国俊の御脇指を、岡田将監披露にて御頂戴被成、富山侍従利次公より来國行御腰物、安芸侍従光晟公(浅野光晟。正室が利常三女満姫)より二字国俊、弾正大弼光廣公(浅野綱晟。満姫の子)より長谷部国重を進ぜらる。少将様より公方様へ長吉、中納言様(利常)へ一文字、利次公へ新藤五國廣、安芸守様へ長吉、弾正様へ二字国俊、何れも御脇指を進ぜらる。利常公より公方様へ備前秀光の御脇指に御樽肴添へて上げさせらる。

  • 承応3年(1654年)4月27日、利常襲封の挨拶。小松帰城。
  • 明暦元年(1655年)4月12日利常江戸参観の御礼。
  • 明暦2年(1656年)5月利常、襲封の挨拶。小松城へ。
  • 明暦2年(1656年)9月23日、清泰院大姫没。
  • 明暦3年(1657年)1月18日明暦の大火で辰口邸が焼けたため前田綱紀が避難している。
  • 明暦3年(1657年)3月21日小松を発ち、4月2日江戸着。
  • 明暦3年(1657年)7月9日牛込邸の替地を拝領する。

    金沢藩、江戸本郷に於ける旗本同心屋敷の地を受く

  • 万治元年(1658年)7月26日、綱紀は保科正之の娘・摩須(松嶺院)と結婚する。
    前田利常〔2代〕      松嶺院摩須(保科正之娘)
      ├────前田光高〔3代〕 │
    天徳院珠姫    ├────前田綱紀〔4代〕
           清泰院大姫    ├────前田吉徳〔5代〕
                  預玄院
    
    • 屋敷地2万歩拝領。※拝領の経緯は牛込邸参照
  • 【4代綱紀(利常没後)】
  • 万治元年(1658年)9月23日小松條に帰る。10月12日小松城にて利常没、享年66。10月23日、保科正之が後見となっている。
  • 万治元年(1658年)11月21日、綱紀初めて除服登営。12月28日家綱、綱紀に利常の遺領を継がしめる。
  • 万治元年(1658年)閏12月10日、綱紀登城し、利常の遺物を献上する。

    襲封を謝し、父黄門遺物朱判正宗のさしぞへ、漢瓢箪の茶壺、京極中納言定家卿眞蹟を献じ。

  • 万治元年(1658年)閏12月27日、綱利(綱紀)、正四位・左近衛権中将に転任。加賀守如元。
  • 万治3年(1660年)正月14日、本郷邸の表門、長屋類燃える。
  • 寛文元年(1661年)7月朔日、登城して就封の挨拶。7月8日江戸を発つ。
  • 寛文元年(1661年)7月19日、前田綱紀初めて金沢に入部する。9月18日小松城。20日金沢城に戻る。10月8日金沢を発ち、25日江戸着。

    十月八日綱利公金澤御發駕、同廿五日御着府。今年より公越前少将光通、富山侍従利次公と江戸御交代也。

  • 寛文元年(1661年)京都三条河原町に藩邸を設ける。呉服所三宅庄兵衛地主。油小路公邸は廃止。
  • 寛文2年(1662年)9月26日綱紀就封の挨拶。11月8日越中で鷹野。11月24日金沢城着。
  • 寛文6年(1666年)松嶺院摩須、18歳で没。綱紀はその後に継室を迎えることはしなかった。
  • 天和2年(1682年)12月28日類焼。前田綱紀は駒込邸に避難。
  • 天和3年(1683年)3月21日本郷邸を上屋敷と定める。

    自今江戸本郷邸を上屋敷、駒込邸を中屋敷、平尾邸を下屋敷と称せしむ

  • 貞享4年(1687年)殿間が完成、9月19日に前田綱紀が移徒。
  • 元禄3年(1690年)8月8日、勝丸誕生。※後の前田吉徳
  • 元禄4年(1691年)焼失。前田綱紀は駒込邸に避難。
  • 元禄6年(1693年)12月1日、綱紀、参議に補任。
  • 元禄15年(1702年)4月11日御成御殿完成、4月26日将軍綱吉御成。
御相伴衆
徳川綱豊(甲府宰相、後の将軍家宣)、水戸綱條、尾張吉道、井伊直道、柳沢吉保、土屋政直、藤堂高久、細川綱利。ほか酒井、本多、小笠原、稲葉、水野、阿部、保科、南部、津軽、仙石、金森、織田その他。
贈答刀剣
  • 元禄15年(1702年)2月14日、勝丸(吉徳)に松平姓が与えられ松平犬千代と名乗る。諱を利挙(としたか)、利興(としおき)と称する。
  • 元禄15年(1702年)6月9日に勝丸(吉徳)元服し、将軍綱吉の偏諱を授かって吉治に改名。正四位下左近衛権少将兼若狭守に叙任。
  • 元禄16年(1703年):11月29日、類焼。御成御殿も焼失。
  • 宝永4年(1707年):12月28日、綱紀、従三位昇叙。参議如元。
  • 宝永5年(1708年):11月18日将軍養女松姫(尾張藩3代藩主徳川綱誠の娘)が吉治(吉徳)に入輿。
贈答刀剣
この時に「乱光包」、「津田遠江長光」、一文字の太刀前田綱紀より将軍家に献上された。
  • 【5代吉徳】
  • 享保8年(1723年):5月6日綱紀家督を四男の吉治(前田吉徳)に譲って隠居。6月15日に綱紀、肥前守に遷任。吉治(吉徳)、加賀守に任ぜらる。左近衛権少将如元。8月18日、左近衛権中将に転任。加賀守如元。
  • 享保9年(1724年):5月9日に綱紀82歳で没
    前田吉徳〔5代〕──┬前田宗辰〔6代〕
              │(勝丸、浄珠院以与)
              │
              ├前田重熙〔7代〕
              │(亀次郎、心鏡院民)
              │
              ├前田利和
              │(勢之佐、真如院貞)
              │
              ├前田重靖〔8代〕
              │(嘉三郎、善良院縫)
              │
              ├前田治脩〔10代〕───前田利命
              │(時次郎、寿清院夏)
              │
              ├前田重教〔9代〕───┬前田斉敬
               (健次郎、実成院流瀬)└前田斉広〔11代〕──前田斉泰〔12代〕
    
  • 享保10年(1725年):4月25日に金沢金谷御殿で勝丸誕生。※後の6代藩主前田宗辰。初名利勝。
  • 享保14年(1729年)7月24日に江戸にて次男亀次郎誕生。※後の7代藩主前田重煕。初名利安。
  • 享保20年(1735年)11月8日、金沢で五男嘉三郎誕生。※後の8代藩主前田重靖。初名利見。
  • 元文元年(1736年)9月勝丸(宗辰)江戸に上る。
  • 元文2年(1737年)4月、勝丸(宗辰)、名を犬千代と改め、又左衛門と改め、諱を利勝とする。同年6月、正四位下左近衛権少将に任じられ、佐渡守と称し、将軍徳川吉宗より偏諱を賜って前田宗辰と改めた。
  • 元文5年(1740年)11月1日、吉治(吉徳)、参議に補任。11月16日前田吉徳と改める。
  • 寛保元年(1741年)10月23日、金沢で七男健次郎誕生。そのまま金沢で成長した。※後の9代藩主前田重教。初名利篤、のち重基。
  • 寛保3年(1743年)1月27日、次男亀次郎(重煕)、松平の名字を与えられ、松平亀次郎と称す。
  • 延享元年(1744年)4月、宗辰が会津藩主松平正容の娘・常姫(梅園院)と結婚。



この後、5代吉徳親政のひずみである加賀騒動に加えて、6代宗辰は22歳、7代重煕は25歳、8代重靖が19歳と相次いで早世したこともあり、加賀藩前田家は混迷の時代を迎える。

  • 【6代宗辰】
  • 延享2年(1745年)6月12日、吉徳56歳で死去。家督は嫡男の前田宗辰が継いだ。10月、宗辰は左近衛権中将となり、加賀守と称する。11月、宗辰の正室常姫が男子を出産するが、母子ともに死亡。
  • 【7代重煕】
  • 延享3年(1747年)12月8日、前田宗辰が22歳で死去。家督は次弟の利安(重煕)が継いだ。のち将軍家重より偏諱を賜って利安から重煕に改名。
    重煕は年明けに伝家の宝刀「大典太光世」を見るべく江戸藩邸に取り寄せるが、服喪中には見れないと言われたため「大伝太太刀小鍛冶薙刀記」を書かせたという。
  • 延享4年(1747年)、五男嘉三郎(重靖)が諱を利見(としちか)とする。
  • 延享5年(1748年)加賀騒動 ※7月12日に寛延へ改元
    加賀騒動(かがそうどう)
    江戸三大騒動のひとつ。6代藩主吉徳は、強固な藩主独裁を目指して御居間坊主であった大槻伝蔵を側近として重用。これにより藩内保守派との対立が激化する。延享2年(1745年)に吉徳が亡くなると、大槻伝蔵は蟄居を命じられ、さらに延享5年(1748年)には禄を没収され五箇山へと配流された。吉徳の三男利和(勢之佐)は、その母真如院と大槻伝蔵の不義の子であるとして小立野上野の屋敷に幽閉された。幽閉のまま、宝暦9年(1759年)25歳で没。※ただし昭和26年(1951年)、村上元三の小説を契機に加賀騒動の真相の再検討が行われた結果、吉徳の実子であるとされ、前田家一族と認められることとなった。
  • 寛延元年(1748年)9月12日、大槻伝蔵が越中五箇山の配所にて自害。
  • 寛延2年(1749年)3月、五男利見(重靖)、異母兄の利和(大槻伝蔵との不義の子であるとされた人物)と入れ替わる形で江戸に上り、藩主・重煕の仮養子となる。
  • 宝暦元年(1751年)11月に五男利見(重靖)、松平の名字を与えられる。同年12月、利見(重靖)は将軍家重に謁し、従五位下に叙されて上総介を称する。
  • 【8代重靖】
  • 宝暦3年(1753年)4月8日、前田重煕25歳で死去。5月18日、五男利見(重靖)が末期養子として家督を継いだ。将軍家重より偏諱を授かって前田重靖に改名。正四位下・左近衛権少将となり、加賀守を称する。
  • 宝暦3年(1753年)7月28日、重靖が初めての金沢帰国の許しを得る。8月16日出立、金沢に到着するものの9月29日に19歳で没。
  • 【9代重教】
  • 家督は異母弟の健次郎(利篤、重教)が継いだ。
  • 宝暦3年(1753年)、10月5日、加賀藩は藩主であった重靖の病死を公表し、七男健次郎(重教)は直ちに江戸へ発つ予定であったが麻疹にかかったために出立できず、問題となる。10月15日健次郎(重教)、諱を利篤とする。同月17日、松平の名字を与えられる。
  • 宝暦4年(1754年)2月、利篤(重教)は体調が回復したため江戸へ。3月11日将軍徳川家重に御目見し、末期養子として家督を相続する。4月正四位下、左近近衛少将に叙任、加賀守を称する。また将軍家重から偏諱を授かって前田重基(重教)に改名する。
  • 宝暦5年(1755年)12月、重基(重教)は左近衛権中将に昇進する。
  • 宝暦9年(1759年)4月10日、金沢に大火が起こり、金沢城をはじめ1万5百戸余りが焼失。
  • 明和2年(1765年)将軍世子家基の諱を憚って前田重教に改名した。
  • 【10代治脩】
  • 明和8年(1771年)、重教は家督を異母弟の前田治脩に譲って隠居。
  • 安永7年(1778年)9月13日、隠居していた9代重教の子、教千代が金沢で誕生 ※後の斉敬。10代治脩の養嗣子となるが襲封前に没
  • 天明2年(1782年)7月28日、隠居していた9代重教の子、亀万千(勝丸、犬千代)が誕生。 ※後の12代藩主斉広
  • 天明6年(1786年)6月12日、重教は46歳で死去した。
  • 寛政8年(1796年)、亀万千(斉広)は11月に江戸に出府し松平の名字を与えられる。12月に名(幼名)を亀万千から勝丸、さらに犬千代と改めた上で、通称を又左衛門、諱を利厚とする。
  • 寛政9年(1797年)、利厚(斉広)は将軍家斉より偏諱を授かり斉広に改名する。正四位下左近衛権少将、筑前守に任じられる。
  • 寛政11年(1799年)12月晦日、
  • 【11代斉広】
  • 享和2年(1802年)、治脩の隠居により斉広が家督を継いだ。加賀守を称し、同年6月に左近衛権中将に任じられる。
  • 文化8年(1811年)、勝千代が金沢城で生まれる。※後の12代藩主斉泰
  • 文化9年(1812年)3月、本阿弥重郎左衛門が江戸藩邸で前田家の蔵刀のお手入れをしている。
  • 文政5年(1822年)、勝千代(斉泰)は8月江戸に上り、名を勝丸、さらに犬千代と改めた上で、松平の名字を与えられ、又左衛門と称し諱を利侯とする。同年10月、正四位下・左近衛少将となり、若狭守を称し、また将軍徳川家斉から偏諱を賜って斉泰に改名した。
  • 【12代斉泰】
  • 文政5年(1822年)11月、父斉広の隠居により、斉泰が12歳で加賀藩主となる。左近衛中将に昇任し、加賀守を称する。
  • 安政3年(1856年)、本阿弥長根が江戸藩邸で前田家の蔵刀のお手入れをしている。

明治後  

  • 本郷上屋敷は、明治維新後に新政府に収公され官有地となった。
  • 明治9年(1876年)に東京医学校(東大医学部の前身)が移転、ついで翌明治10年(1877年)には医学校と東京開成学校(神田錦町に所在)を統合し、ここに法理文医4学部からなる(旧)東京大学が発足した。
  • その後も順次、神田から法・文・理学部がここに移転(1884 - 85年)、ついで法学部との合併により司法省法学校が、工芸学部との合併により工部大学校が本郷に移転し、明治21年(1888年)には法医工文理5分科大学(学部)の校舎からなる東京帝国大学の校地として整備された。
  • 明治22年(1889年)、東大の校地に隣接する本郷弥生町に、第一高等中学校が一ツ橋から移転、明治27年(1894年)には第一高等学校と改称した。
  • 昭和10年(1935年)駒場の農学部が向ヶ丘の一高と校地を交換する形で本郷に移転、さらに昭和16年(1941年)には現在の浅野キャンパスを校地として取得し、本郷地区キャンパスは現在の形になった。
  • 加賀藩前田家上屋敷の御守殿門が「赤門」として現存し、大名の江戸藩邸を示すものとして高名。旧国宝で、現在は重要文化財

駒場旧前田侯爵邸  

  • 明治政府による藩邸の収公後も、前田家はかつての広大な本郷上屋敷地のうち南西の一画を所有しており、前田家16代当主である侯爵前田利為が壮大な邸宅を構えていた。
  • 大正15年(1926年)、前田家から屋敷や庭園を含む所有地(現在の懐徳館・同庭園・総合研究博物館・東洋文化研究所などの敷地)を譲り受け、代わりに前田家は当時駒場に所在していた駒場農学校(農学部)の農場の一部を譲渡され同地に邸宅を移転した。
    目黒区駒場公園(重要文化財 旧前田侯爵邸)
    侯爵前田利為はこの駒場を本邸として利用。昭和4年(1929年)には洋館、昭和5年(1930年)には和館がそれぞれ竣工した。洋館は地上3階・地下1階建て、和館は2階建て純和風建築で、それぞれを渡り廊下で結んでいた。
     昭和17年(1942年)に前田利為が事故死すると邸宅は他人の手に渡り、一時期は中島飛行機の本社がおかれた。敗戦後は米軍に接収され、接収が解除される昭和32年(1957年)までの12年間は連合軍極東軍司令官の官邸などとして使用された。
     昭和31年(1956年)に和館及び一部の土地が国の所有となり、昭和38年(1963年)に公園を建設することが決定したことから洋館を東京都が買収。昭和39年(1964年)に国有地部分も東京都に譲渡され、邸地は公園として整備されて昭和42年(1967年)に東京都立駒場公園として開園した。昭和50年(1975年)に目黒区に移管、洋館は昭和42年(1967年)に東京都近代文学博物館として開館したが、平成14年(2002年)3月に閉館された。また、公園の開設された昭和42年(1967年)に、公園の一角に日本近代文学館が開設され、日本の近代文学に関する資料が閲覧できる。
     洋館は平成3年(1991年)に東京都指定有形文化財(建造物)に指定、さらに平成20年(2008年)に和館ほか5棟と土地が東京都指定有形文化財に追加指定され、指定名称が「旧前田侯爵家駒場本邸」に変更。2013年には、洋館、和館を含む建造物8棟と土地が「旧前田侯爵邸」の名称で国の重要文化財に指定された。

駒込邸・抱屋敷  

江戸駒込
20666歩
明暦3年(1657年)~

  • 中屋敷、のち抱屋敷。
  • 明暦3年(1657年)牛込邸の問題発覚後に替地として屋敷地4万歩拝領。中屋敷とする。8954歩、4万歩を借上げ、中屋敷とする。

    相殘る四萬歩は駒込に而御望之旨。

  • 天和2年(1682年)12月28日本郷邸類焼により、前田綱紀は駒込邸に避難。
    -天和3年(1683年)2万歩上地。※2万+9千+4万
  • 天和3年(1683年)3月21日駒込邸を中屋敷と定める。

    自今江戸本郷邸を上屋敷、駒込邸を中屋敷、平尾邸を下屋敷と称せしむ

  • 貞享元年(1684年)6月20日

    金沢藩駒込邸の一部を、幕府の屋敷奉行に交付す

  • 元禄8年(1695年)4万歩上地。替地6200歩拝領。

平尾下屋敷  

江戸平尾
21万7930歩
延宝7年(1679年)~

  • 下屋敷。
  • 延宝7年(1679年)6万歩拝領、14万605歩借上げ。
  • 天和3年(1683年)14万605歩拝領。下屋敷とする。
  • 天和3年(1683年)3月21日平尾邸を下屋敷と定める。

    自今江戸本郷邸を上屋敷、駒込邸を中屋敷、平尾邸を下屋敷と称せしむ

  • 明暦3年(1657年)この時点で21万7930歩。

牛込邸  

江戸牛込
6万坪
~明暦3年(1657年)

  • 6万坪。拝領時期不明。
    元は前田家にではなく、前田光高の正室清泰院大姫(実は水戸藩主徳川頼房の四女。将軍家光の養女として入輿)の拝領地であったため、これが婚家の前田家の拝領地となったという経緯があるとする。
  • 現在の東京都新宿区市谷加賀町1丁目付近とされ、それにちなんで「市谷加賀町」という町名になっている。
  • 寛永10年(1633年)12月5日以前に大姫に屋敷地拝領。

    寛永十年十二月五日に、將軍家光公の御姫君、光高公へ御嫁娶の御輿入とぞ聞えける。松平伊豆守・酒井讃岐守・阿部對馬守・酒井雅樂頭御供にて、御規式不レ輕事申に及ばず、千秋萬歳の御祝天下に聞え渡りて見えにけり。此時光高公は十八歳、姫君は七歳にて、いまだ御幼年の御事なれば、折々は入せられ、又或時は御登城にて、御城と加賀御屋敷の其間、上下男女馬やかごの往來は織絲筋より繁かりける。
    牛込に數千歩の御屋敷相渡り、長屋を建、姫君の御用人數百人居住す。加州より御廣式番其外役人數百人江戸へ被二召寄一、牛込の屋敷へ引越し、御前樣御用相勤む。御前樣御家老には塚原次左衞門を公儀より附置せられ、諸事御用等達二上聞一調上奉る。(中略)。御家の御威光天下に普く、光高公御登城の折節は、所々御番所下座致し奉レ敬事、將軍家の御成同事に見えさせ給ふ。目出度かりける次第也。

  • 明暦2年(1656年)9月23日、清泰院大姫没。
  • 明暦3年(1657年)7月9日、替地を拝領する。

上地騒動  

  • この屋敷地については幕府との間に齟齬があり、「藤田内蔵允書状控」によれば明暦2年(1656年)に清泰院大姫が亡くなった後、この牛込屋敷地が前田家に断り無く尾張徳川家に譲られ、突然前田家士が追い出されたことに対して、前田利常が老中松平信綱に異議を申し立てたとする。結局は牛込屋敷地は幕府に収納され、代わりとして本郷及び駒込で併せて6万坪が拝領地として与えられることとなった顛末を記している。
  • これは松梅語園にも次のように詳細に経緯が記されている。

    一、清泰院様に公儀より被進候御屋敷は、牛込の末高田に有之候。(光高)御逝去已後御屋敷に被居候御附衆も引取申、此方より被附置候御奉行・足軽等も急に引取候様にと之事に候由。其段利常公御聞被成、御不快に而、御老中へ兼松小右衛門被遣、清泰院殿御屋敷御追立被成候、如何之事に候哉と被仰遣候へば、尾張大納言殿御要望御拝領に付、能瀬治左衛門に申渡候、其義に而可有之旨申來候。彌御紀元惡敷、御用番之御老中へ御腰被成、清泰院殿屋敷、筑前守家來共大勢罷有候處、急に追立被成候に付、行當り難義いたし候。清泰院殿御拝領之地に候得ば、犬千代筑前屋敷之義に候。左候得ば手前へ御相談も可有御座義之所に、兼て不承候段難心得候。尾張御取立之由。然ば屋敷望次第取勝と奉存候。左候得ば此方にも了間御座候。此段承度参事候旨被仰候處、御老中行當、右之趣自分様へ不申入義、同役中無念之仕合に御座候。仰之通御尤至極に候、申談自是可申進間、左様御心得被下候様に御挨拶に而、御歸被成候所、松平美作守を以、同役中無念之義迷惑仕候、御家中被指置候替地、何方に而成共御望次第御拝領之様に可申談候間、早速御見立被成被仰上候由由來候。御返事には、委細被仰聞候通致承知候。取勝之様に被存候に付、左候はゞ存寄有之に付相伺申候。此上は替地替地被下に及不申候間、右之御屋敷指上申候旨被仰上候。然ば替地御拝領不被成候得ば、底意解不申候と御老中思召候哉、重而御望被成候様に再三申來候に付、左候ば所は何方に而も無構候間、御渡被成候様にと被仰遣候而、駒込之御屋敷御請取被成候。右之御屋敷は牛込穴八幡之邉也。尾張様にも外に而被進、右之御屋敷は其後小身衆大勢へ渡候。其邉を清泰屋敷と申候。

    左様に候はゞ近藤登之助殿向同心屋敷を、不殘本郷御屋敷に御添御望之由。此所二萬歩。相殘る四萬歩は駒込に而御望之旨。且又前田帯刀屋敷所持不仕候間、右御拝領之内に而三千坪被遣度旨是は牛込の御屋敷六萬歩餘有之に付、右二ヶ所に而六萬歩其餘歩也御願之所、其通に御拝領被遊候。

    つまり光高の死後、その正室であった清泰院大姫は牛込邸で暮らしていたが、その大姫が亡くなった後突然尾張衆が来て残っていた前田家士を追い立て始めたために、前田利常が老中に異議を申し立てた所、前田家に断り無く尾張家の拝領地となっていたことを知る。しかしこれは幕府の失態であったために、前田家では替地として駒込4万歩(及び本郷2万歩)を拝領地として得ることとなり、また尾張家でも別の替地を拝領したため、当地は小身衆へと下げ渡されたという。なお明暦三年7月9日條にも替地と同じ件についての松雲公夜話の話が載る。
  • これによって加賀藩屋敷地は次のようになった。

    〔江戸諸邸歩數〕
    一、江戸本郷御上屋敷歩數之覺
     十萬三千八百二十二歩
     内一萬千八十八歩 出雲守様
      五千七百六十二歩 備後守様
    一、駒込御中屋敷歩數
     二萬六百六十歩
    一、平尾御下屋敷歩數
     二十一萬七千九百三十歩
    一、深川御藏屋敷歩數
     二千六百六十歩
    四ヶ所御屋敷歩數
     都合三十二萬八千二百二十二歩
    (松雲公夜話)

場所について  

  • なお、この前田家牛込邸は現在の東京都新宿区市谷加賀町1丁目付近にあったことが定説となっており、そのために「市谷加賀町」という町名になったとされている。
  • しかし、上記引用にあるように牛込邸は末高田あたりであったとされ、さらに牛込穴八幡のあたりであるとも記されている。

    牛込の末高田に有之候。

    右之御屋敷は牛込穴八幡之邉也。(略)其邉を清泰屋敷と申候。

  • これによると前田家牛込邸は、現在比定されている市谷加賀町1丁目付近ではなく、西早稲田2丁目1−11南側付近ということになる。
    市谷加賀町1丁目は現在大日本印刷株式会社本社ビルがある一帯。旧江戸城外堀の市ヶ谷見附の外側にあたる。 一方、西早稲田2丁目1−11南側は、早稲田大学がある。
  • この南側一帯の戸山には、のち尾張徳川家の徳川光友が4万6千坪の土地を祖心尼(光友正室の千代姫の曾祖母)から土地を譲られて戸山下屋敷を建造しており、さらに寛文11年(1671年)にはさらに千代姫に拝領された8万5千坪の土地を加え、13万6千坪余りの広大な下屋敷を構成した。

牛込穴八幡(高田八幡)について  

  • 上記、前田家牛込邸がその近くにあったとする「牛込穴八幡」とは、現在も西早稲田の地にある穴八幡宮を指している。
  • 社伝によれば、康平5年(1062年)に源義家が奥州からの凱旋の帰途にこの地に兜と太刀を納め、八幡神を祀ったのが始まりという。
  • 寛永13年(1636年)に御持弓組頭であった松平直次がこの地に的場を築き、弓八幡として名高い石清水八幡宮を勧請した。大橋龍慶が方百間の地を寄進しており、この頃に境内の神木から瑞光が放たれたために後に山号(光松山)とした。
  • 寛永18年(1641年)に威盛院権大僧都良昌に開山させたところ、8月3日に南側の山裾に横穴が見つかり中から金銅製の阿弥陀如来像が現れたため「穴八幡宮」と称するようになった。同日に家光の世子家綱が誕生したこともあり、家光は穴八幡宮を幕府の祈願所・城北の総鎮護としている。加賀前田家が人夫数百人を出したこともあり、8月14日に遷宮式を執り行っている。

    寛永十八年8月武州牛込穴八幡社建立、利常公より人夫数百人御助成あり。且遷宮の時餅酒肴を多く送り給はりて賑之しむと云々。光松山放生寺と號す。

    牛込穴八幡社の別当寺として建立されたのが光松山放生寺。廃仏毀釈までは宝生寺住職が両山を納めたという。一陽来福 放生会の寺 高野山真言宗 放生寺

  • 正保5年(1648年)には8800坪余りの社領に壮麗な社殿が並び、江戸屈指の大社となったという。
  • 享保13年(1728年)、将軍吉宗は世子(後の9代将軍家重)の疱瘡快癒祈願のために、当院にて流鏑馬を奉納した。流鏑馬はその後も世嗣誕生の際や厄除け祈願として奉納され、穴八幡宮に伝わる「流鏑馬絵巻」には1738年(元文3年)に奉納された竹千代(後の10代将軍家治)誕生祝の流鏑馬が描かれている。

金沢の金谷御殿八幡宮  

  • 前田家ではこの穴八幡宮への信仰篤く、金沢の金谷御殿(現、尾山神社の地)にも勧請していた。
  • 明治4年(1871年)、前田斉泰は八幡宮を徳用の地に移している。明治7年(1874年)に鉾杉八幡神社、明治22年(1889年)に光松八幡神社と改称する。斉泰は、移す際に御神体、本殿、縁起などを譲り与えている。縁起は大橋龍慶が記したもので、末尾に「寛永十八年十二月式部卿法印龍慶誌之」と記す。現存しており、平成2年(1990年)5月29日に野々市町指定の文化財。
  • この利常の穴八幡への力の入れ方を見ると、到底無関係とは思えない。前田家の牛込藩邸地は、「牛込穴八幡之邉」にあった可能性が高い。


その他  

筋違邸
8843坪。拝領は綱紀の代。
明暦の大火後に、辰口邸に代わり上屋敷となる。

(明暦3年)五月十四日
一、松平加賀守上屋敷の替地に、東門跡那須衆三人の屋敷拝領。

天和2年(1682年)の大火で焼失。これにより本郷邸が上屋敷となり、筋違邸地は翌年春に上地した。
築地邸
1万160坪。幕末の拝領。
筋違橋邸
7640坪。幕末の拝領。
切通邸・抱屋敷
4480坪。
炮𤊒島邸・抱屋敷
23000坪。
深川邸・抱屋敷
32292坪。
永代島邸
抱屋敷、蔵屋敷。31700坪
深川米蔵屋敷
深川黒江町。2668坪
宝暦10年(1760年)2月6日焼ける。

江戸深川に於ける金沢藩の蔵屋敷、火災に罹る

黒多門邸
本郷邸の飛び地。
天和2年(1682年)に焼失。天和3年(1683年)から大聖寺藩邸