不動国行

Table of Contents

不動国行(ふどうくにゆき)  

太刀
銘 国行
刃長一尺九寸三分五厘

  • 来一門の実質的な開祖である来国行の作
  • 佩表は鎺元に櫃之中に剣巻き竜の浮き彫り、裏には櫃の中に岩上立不動明王の浮彫。その上には表裏とも棒樋に連れ樋。
  • 中心はうぶ、目釘孔は「国行」二字銘の右肩と、中心先に1個ずつ。
  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    不動國行 長一尺九寸五分 無代 御物
    表裏刀樋竝影樋、表樋の内に倶利伽羅、裏樋の内に龍不動あり。室町殿御物、後ち松永弾正所持、信長公へ進之、明智日向守手に入り、家來明智彌平次に給ふ。江州の城に籠る、落城の刻、火を掛け、諸道具を焼失す、此國行は天下の名物とて持せ城外へ出す、秀吉公の御手に入り秀頼公へ傳はる。こまき表の後御中直りの刻、家康公へ進せらる、家康公より西方郷を進へらす。

  • 詳註刀剣名物帳

    右の説明は少しく不備かと思ふ處もあり、事足らぬ點もある、この刀は足利家重代の道具であるは其記す處の如し、永禄八年に三好、松永等逆心して将軍義輝を弑した時この刀を松永か奪取て所持し、其後織田信長に降って初て岐阜へ赴く時、見参の印にこの刀を獻す、信長至極秘藏して安土の城内に藏したるを明智光秀本能寺の事ありし後、安土城へ赴き信長の集めたる天下の寶器を奪取て之を阪本の城へ移す、明智彌平次(左馬助)に賜ふとあるは誤りなり、山崎合戦の後ち彌平次安土城を焼て阪本へ移りし時、此國行の刀を初め種々の寶器を夜具に包みて寄手の先隊堀監物に渡し、光秀の妻子を殺して自らも自殺したるなり、監物は主人久太郎を経て之を秀吉に贈る、小牧山合戦の後和議成立したれば秀吉より富田左近将監を使者としてこの刀を家康に贈る、家康よりは西方郷を返禮として送りしなり。其より以後この刀は家康の許を離るゝ事なく徳川代々傳家の寶となつて現に大徳川家にあり、秀吉より秀頼へ傳るとあるは跡形もなき事なり。

    大正8年(1919年)の増補版では、返礼の刀剣が「西方郷」ではなく「甲斐郷」に変わっている。

由来  

  • 岩上立不動明王の浮彫があったため。
    なおこの彫物は来国行によるものではなく、構図などが似通っている「不動正宗」の彫物を入れた野間宗安によるものではないかとされる。

来歴  

足利将軍家以前  

  • 天文23年(1554年)に狩野介が相州康春に模造させている(下記参照)。足利将軍家の前に所蔵していた可能性がある。
    しかし伊豆狩野の狩野氏は、延徳3年(1491年)勢力を広げる北条早雲に敗れ明応7年(1498年)には開城し降っている。一族の中には後北条氏に仕えたものがおり、狩野泰光や狩野一庵宗円の名前が見える。両者は同一人物ともされ、天正18年(1590年)、秀吉の小田原攻めの際、八王子城で自害している。模造したのちすぐに京都の足利将軍家に献上すれば繋がらなくはないが、時代がかなり近く少し無理がある。何らかの縁で、将軍家所蔵の國行の写しを許されたものかと思われる。

足利将軍家・松永弾正  

  • 足利将軍家が所蔵していたものを、永禄8年(1565年)の永禄の変の際に松永弾正が分捕る。

信長  

  • 永禄11年(1568年)10月の信長上洛の折に、松永弾正は名物九十九髪茄子茶入」を献上し、恭順の意を示したために大和一国を安堵された。さらにその後、元亀4年(1573年)正月10日、岐阜にてこの「不動国行」と「薬研藤四郎」などを献上したと伝えられている。

    角て松永親子、元亀四年正月十日、岐阜へ参向し、御礼申、不動国行の刀、薬研藤四郎の脇指など進上申しけり。

  • 天正8年(1580年)2月、天王寺屋津田宗及らに自慢の刀剣を披露しているが、本刀は「御腰物分(太刀)」の部の一番目に登場している。天王寺屋会記
  • その後も織田信長の愛刀であったが、明智光秀が本能寺の変で信長を滅ぼした際、安土城に残されていた「不動国行」を明智左馬助が奪い取り坂本城に持ち帰った。
  • その後、秀吉軍により坂本城を包囲された際、左馬助が他の名物とともに天守から投げ下ろして堀秀政(名人久太郎)に託したという。

    左馬助は光秀安土の城より取来る不動国行の太刀、二字国俊の刀、薬研藤四郎の脇指、ならしばの肩衝、乙御前の釜、餌ふごの水さし、虚堂の墨跡等を唐織の夜衣に包、女の尺の帯にて結付、殿守の武者走へ持出

秀吉  

  • 天正10年(1582年)10月15日、大徳寺で行われた信長の葬儀では、秀吉自らこの「不動国行」を掲げて参列している。
  • 大徳寺への作善料目録

    大徳寺 家わけ文書 九四
    惣見院殿御作善料之事、
    一、壹万貫文
    一、御葬禮御太刀不動国行
    一、御馬葦毛
    一、御鞍梨地金具金覆輪御紋 桐鳳凰
    一、鎧梨地御紋桐鳳凰
       以上
         羽柴筑前守
      天正十年九月十三日  秀吉(花押)
       大徳寺

  • 慶長ごろの写本がある「諸国鍛冶寄

    名物太刀ハ不動国行。長サ一尺九寸九分也。彼小太刀ハキウラ。ハゞモトニ櫃有。不動一體アリ。ヒツノ上ニヒロキヒニ細キヒソヘタリ。ハキヲモテノコシニヒツクリカラ有。其ヨリ上大ヒ小ヒ有。ヲモテノ如シ。彼太刀ノハタラキ筆ニモツクシカタシ。

    (国行作で)名物太刀は不動国行。長さ1尺9寸9分。小太刀の佩き裏、鎺元に櫃あり。不動一体あり。櫃の上に広き樋に細き樋を添えたり。佩き表の腰に櫃・倶利伽羅あり。それより上に大樋小樋あり。表のごとし。この太刀の働き筆にも尽くしがたし。

家康  

  • 天正11年(1583年)4月、賤ヶ岳の合戦で柴田勝家を討滅した際に、秀吉に対し徳川家康より勝利を祝して名物茶入れ「初花肩衝」が贈られたのに対して、同年8月6日秀吉は筑前守津田左馬允(津田盛月)を使者としてこの「不動国行」と「白雲の大壺」を家康に贈っている。

    天正十一年五月石川數正を京に御使して。筑前守秀吉のもとへ初花といへる茶壼ををくらせ給ふ。秀吉よりも使もて不動國行の刀を進らす。

    徳川実紀では5月となっている。

徳川将軍家  

  • 寛永9年(1632年)正月23日、二代将軍徳川秀忠は臨終にあたりこの「不動国行」と「江雪正宗」、「三好宗三左文字義元左文字)」を世継の家光に譲っている。

    廿三日西城にて大御所御危篤にわたらせ給ふ。不動國行の御太刀江雪正宗の御太刀。三好宗三左文字の御刀を本城にゆづらせ給ふ。これ神祖關原。大坂の兩陣に帶し給ふ所なり。豐後藤四郎の御さしぞへ。奈良柴といふ茶入。捨子と名付し茶壺。圓悟の墨跡も同じく御讓與あり。

  • のち明暦3年(1657年)の明暦の大火で焼刃したが、筑前信国派の信国重包(越前康継三代とも)に再刃させたという。
  • 延宝8年(1680年)4代将軍家綱の葬儀の際には堀田備中守正俊が捧持して参列している。
  • 享保6年(1721年)、8代将軍吉宗はこの「不動国行」を筑前の信国重包に模造させている。

    松平筑前守繼高が領地の刀工信國。重包も府にめされ。御刀三口。差添二口を鍛ひて奉る。御差添は不動國行の刀を摸されしとなり。
    (有徳院殿御實記附録巻十二)

  • 吉宗から紀州徳川家に贈られるが、明治2年(1869年)7月には静岡に隠遁していた徳川宗家に返還された。
  • 大正2年(1913年)及び大正8年(1919年)刊の「詳註刀剣名物帳」にある押形一覧には、「天下一と稱すと名物帳にあり、徳川公爵家藏信長愛刀」と記されている。
  • 昭和12年(1937年)2月16日に重要美術品に認定。徳川家達公爵所持。

    太刀 銘国行(名物不動国行)(焼身) 公爵徳川家達
    (昭和12年文部省告示第50號)

  • しかしその後行方不明となっている。


エピソード  

  • 信長はこの刀を愛し、酔って上機嫌になると膝を叩きながら「不動国行、つくも髪、人には五郎左御座候」とよく歌ったという。
    1. 「不動国行」:本刀
    2. 「つくも髪」:名物茶器の「九十九髪茄子」茶入
    3. 「五郎左」:丹羽長秀(五郎左衛門尉)のこと
    • このエピソードは、不動行光のものであるとも言う。
  • 明智左馬助が安土城から名物を渡した際に、越前朝倉家より明智光秀が手に入れた「倶利伽羅郷」の刀もあったとされる。堀久太郎がこの「倶利伽羅郷」について問いただしたところ、「郷の刀は日向守(光秀)存生中常々命もろともと秘蔵致したる道具なれば、吾等腰にさし死出の山にて日向守へ相渡し申すべし」といい、そのまま天守に火を掛けて自殺した。焼落た後に城中を捜索したが、「倶利伽羅郷」の刀はとうとう見つからなかったという。



写し  

信国重包 

脇差
銘 筑州住信国源重包作 以不動国行写作之
刃長一尺九寸二分(57.6cm)

  • 享保6年(1721年)、吉宗がこの「不動国行」を筑前の信国重包に模造させたことが記録に残る。

相州康春作  

太刀
銘 相州住康春作 不動国行之写 天文廿三年二月日 狩野介所持
刃長一尺九寸

  • 天文23年(1554年)狩野介が相州康春に模造させている。
  • 相州康春は、天文年間(1532年~1555年)に相州小田原において活動した刀工で、在銘品が多く残る。末古刀の上作。
銘「相州住康春」 長2尺5寸7分、反り9分。目釘穴1個。平成18年(2006年)12月27日、小田原市指定文化財に指定。小田原城天守閣蔵。
  • 狩野氏は伊豆国田方郡狩野郷の旧族で、本家は狩野介を称した。