厳島神社


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

厳島神社(いつくしまじんじゃ)  

式内社
安芸国一宮
社格は官幣中社で現在は神社本庁の別表神社

  • 古くは「伊都岐島神社」とも記された。
  • 神紋は「三つ盛り二重亀甲に剣花菱」。
  • 1996年、世界文化遺産登録。
Table of Contents

概要  

  • 広島湾に浮かぶ厳島(宮島)の北東部、弥山(標高535m)北麓に鎮座する。厳島は一般に「安芸の宮島」とも呼ばれ、日本三景の1つに数えられている。
  • 厳島神社の主要な社殿は、厳島の北部、大野瀬戸に面した有浦(ありのうら)と呼ばれる湾の奥に建つ。建物の大部分は海域に建っており、満潮時には建物が海上に浮かんでいるように見える。
  • 平家からの信仰で有名で、平清盛により現在の海上に立つ大規模な社殿が整えられた。

創建  

  • 社伝では、推古天皇元年(593年)、当地方の有力豪族・佐伯鞍職が社殿造営の神託を受け、勅許を得て御笠浜に社殿を創建したことに始まるとされる。
  • 平安時代中期の「延喜式神名帳」に記載され、名神大社に列した。

    安芸国佐伯郡 伊都伎島神社(延喜式神名帳)

  • 厳島神社の鎮座する厳島は「神に斎く(いつく = 仕える)島」という語源もあるとされ、古代から島そのものが神として信仰されたと考えられている。厳島中央の弥山(標高535m)山頂には巨石が連なっており、山岳信仰の対象であったとされる。

平氏  

  • 平安時代末期、神主・佐伯景弘と当時の安芸守・平清盛の結びつきを契機に平家一族から崇敬を受けた。仁安3年(1168年)頃、平清盛が社殿を造営し現在と同程度の大規模な社殿が整えられた。
  • 平家一門の隆盛とともに厳島神社も栄えて平家の氏神となった。平家滅亡後も源氏をはじめとして時の権力者の崇敬を受けるが、建永2年(1207年)と貞応2年(1223年)の2度の火災で建物の全てを焼失している。そのため、現在残る社殿は仁治年間(1240~1243年)以降に造営されたものである。
  • 社殿は現在、本殿・拝殿・回廊など6棟が国宝に、14棟が重要文化財に指定されている。そのほか、平家の納めた平家納経を始めとした国宝重要文化財の工芸品を多数納めている。


文化財  

  • 古来信仰を集めた厳島神社には、数多くの国宝重要文化財が納められている。

国宝  

平家納経
法華経(開結共)30巻、阿弥陀経1巻、般若心経1巻、長寛二年平清盛願文1巻
金銀荘雲龍文銅製経箱 1具 
蔦蒔絵唐櫃 1合
太刀
銘「友成作」。「厳島の友成
梨子地桐文螺鈿腰刀
中身に友成作と銘がある(附 蒔絵箱)

重要文化財  

太刀
中身久国ト銘アリ(附 糸巻太刀拵)
短刀
銘長谷部国信(附 銀鮫柄蝋色刻鞘合口拵)
太刀
光忠(附 革柄蝋色鞘脇指拵)
太刀
銘備州長船住(一字不明)真(附 革包太刀拵) ※国真
太刀
表ニ備州長船住(一字不明)長作 裏ニ嘉元二二年十月日ノ銘アリ(社伝則長作)
太刀
銘一(附 糸巻太刀拵)
太刀
銘一(附 黒漆太刀拵)
無銘伝雲次(附 革柄蝋色鞘打刀拵)
太刀
銘備中国住(以下不明) 延文三年六月日
太刀
銘包次(附 黒漆半太刀拵)
太刀
銘清綱(附 野太刀拵)
太刀
銘文永二年三月清綱(附 革包太刀拵)
大太刀
銘備後国住人行吉作
銘談議所西蓮(附 打刀拵)
 
錦包籐巻太刀、錦包籐巻腰刀 刀身欠
革包太刀
中身貞和二年云々トアリ ※備中国青井助次助家作貞和二年(以下不明)
鍍金長覆輪太刀
 
鍍金兵庫鎖太刀
5口
木地塗螺鈿飾太刀
 
漆絵大小拵
(陣刀)(小柄前欠)。伝毛利輝元奉納。※拵の中身は、大(刀)が無銘 伝・兼光、小(脇指)が無銘 伝・青江吉次。広島県の文化財 - 漆絵大小拵(陣刀) - 広島県の文化財 | 広島県教育委員会


大聖院(だいしょういん)  

  • 宮島の大聖院は、厳島神社の南側奥にある真言宗御室派の大本山の寺院。山号は多喜山(滝山)。
  • 宮島で最古の歴史を持つ寺院であり、厳島神社の別当寺として祭祀を司り、社僧を統括してきた。明治維新後の神仏分離令により厳島神社が神式に改められるにあたって大聖院として分離された。
  • 大聖院は、中国三十三観音第十四番札所、山陽花の寺二十四か寺第一番札所や、広島新四国八十八ヶ所霊場第八十七番札所でもあり、紅葉の名所でもある。
  • 観音堂本尊の十一面観世音菩薩、勅願堂本尊の波切不動明王のほか、三鬼大権現、七福神、一願大師など数多くの仏像が安置されている。

平家納経  

絵画
平家納経
国宝
厳島神社所蔵

  • 一つ書
  1. 法華経(開結共)三十巻
    ・前半14品(迹門)、後半14品(本門)、開教「無量義経」、結経「観普賢経」
    ・分別功徳品に平盛国 法師功徳品に長寛二年平清盛 薬王品に平盛信 厳王品に長寛二年平重康の奥書がある
  2. 阿弥陀経一巻:平清盛の奥書がある
  3. 般若心経〈/(紺紙金字)〉一巻:仁安二年平清盛書写の奥書がある
  4. 長寛二年平清盛願文一巻
  5. 金銀荘雲龍文銅製経箱一具
  6. 蔦蒔絵唐櫃一合:慶長七年福島正則の寄進銘がある
  • 平家一門がその繁栄を願い、厳島神社に奉納した経典類をいう。
  • 『法華経』30巻(『無量義経』、『観普賢経』)、『阿弥陀経』1巻、『般若心経』1巻、平清盛自筆の願文1巻と、銅製経箱・唐櫃からなり、平安時代の装飾経の代表作で、当時の工芸を現代に伝える一級史料でもある。
  • 経典を筆写したのは、平清盛を始め、重盛・頼盛・教盛ら平家の一族。それぞれ一巻を分担し結縁する形で筆写した。長寛2年(1164年)に厳島神社に奉納されたが、各巻の奥書を参照すると、全体の完成には仁安2年(1167年)までかかったことがわかる。
  • 慶長7年(1602年)には福島正則が願主となり修理が行われている。さらに昭和34年(1959年)には『薬草喩品』の表紙及び見返しが、安田靫彦による彩絵に改められた。
  • 昭和29年(1954年)3月20日、全点が国宝に指定された。現在厳島神社が所蔵しており、複製が厳島神社宝物館で公開されている。

納経の経緯  

  • 神社である厳島神社に仏教の経典が納経されたのは、江戸時代以前の神仏習合による。
  • 江戸時代まで厳島神社の主祭神とされた伊都岐島大明神は本地堂に祀られており、清盛はこの本地仏である十一面観音菩薩を信仰していたことから、納経は十一面観音菩薩に納められた。納経の33巻という数字は、本地仏十一面観音菩薩の三十三応現身(三十三身)思想に基づくものである。
  • 仁治2年(1241年)の「伊都岐嶋社神官等申状案」が残されており、清盛の時代でも伊都岐嶋社と称していたことがわかる。厳島と名を変えたのは戦国時代で、毛利元就の庇護を受けた棚守氏が、吉田神道の吉田兼右を招き、主祭神を市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命としたという。

神仏分離  

  • 明治維新後の神仏分離令(神仏判然令)に伴って明治新政府の派遣した大参事により社伝が仏式であると判断されてしまうが、棚守氏の直訴により焼却は免れた。しかし本殿や大鳥居の彩色がすべて剥がし落とされて「白木造」に改められ、千木と鰹木が新設されるなどの「復古」が行われた。
  • この際に、本地仏である十一面観音菩薩は大聖院に移され、納経については厳島神社に残された。鳥居を含む社殿が再び鉛丹による朱色に塗られるのは、明治41年(1908年)以降の大修理の際だという。
    厳島神社の名物である大鳥居には、大鳥居の表と裏で別々の扁額が掲げられている。正面海側には「嚴嶋神社」となっており、裏側(神社側)には「伊都岐島神社」と書かれている。現在の扁額は明治8年(1875年)に再建されたもので、有栖川宮熾仁親王の染筆による(裏面に明治7年甲戌四月二品熾仁親王謹書と記されている)。江戸時代には、「嚴嶋大明神」「伊都岐島大明神」と記してあった。
    大鳥居|観光スポット|一般社団法人宮島観光協会
    集古十種. 扁額之部 - 国立国会図書館デジタルコレクション

複本  

絵画
彩箋墨書33巻
田中親美模
東京国立博物館所蔵

  • 保存状態の懸念から、大正9年(1920年)に田中親美による複本が5年の月日をかけて制作され、厳島神社に納められた。
  • その後、田中親美がさらにもう一点制作したものが、松永安左エ門氏により東博に寄贈され、現在も所蔵されている。

関連項目