不知代

  • 名物帳に登場する「不知代」や「無代」の説明
Table of Contents

不知代(だいしらず)  

代付けがわからない物

  • 非常に高価であり、もし代をつければどれくらいになるかわからないことを意味する
  • 決して「刀の代金がわからないために付けられていない」ということではない。


享保名物帳の「不知代」  

  • 藤四郎、正宗などに存在する

藤四郎吉光  

五郎入道正宗  

郷義弘  




無代(むだい)  

代価がいらないもの

  • とうぜんながら、刀の代金が無料という意味ではない。
  • 「不知代」同様に、代が付けられない物であることを示す。

享保名物帳の「無代」  


代付け