蘭奢待


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

 蘭奢待(らんじゃたい)

東大寺正倉院に収蔵されている香木
天下第一の名香
全長156.0cm、最大径43cm、重量11.6kg
正倉院御物
正倉院中倉 135

Table of Contents

 概要

  • 正倉院宝物目録での名は「黄熟香(おうじゅくこう)」であり、世に知られる「蘭奢待」という名は、その文字の中に"東・大・寺"の名を隠した雅名である。

      中倉階下  (イ)號箱
    (157)黄熟香 一材  中第135號
    かつて一部を截り取りて足利義政に賜はり、後又織田信長にも賜はれり、明治天皇奈良行幸の際、一部を截り取らしめたり、それぞれの箇處に箋を附して之を示す。此の香木を世に蘭奢待と稱す、「蘭」の門構の中、「奢」の冠、「待」の旁に「東」「大」「寺」三字を暗示すと云ふ。

    「蘭奢待」の命名者は聖武天皇ともされるが「東大寺献物帳」に記載がなく(帳外薬物)、蘭奢待自体はそれよりも後に正倉院へ納められたと見られている。一方の「全浅香(紅沈)」は国家珍宝帳に所載。蘭奢待は、建久4年(1193年)の「東大寺勅封蔵開検目録」に「朱塗韓櫃二十六合 一、合納黄熟香一切 長三尺許 口一尺許」と記載されるのが初出とされている。ただし尺が違いすぎるため、紅沈のことではないかと指摘される。

    正倉院所蔵の沈香で高名なものには、この蘭奢待のほかに「紅沈(こうじん)」(全浅香(ぜんせんこう))と呼ばれる香木がある。両者は「両種の御香」とも呼ばれている。

    蘭奢待
    目録名「黄熟香」
    長さ156.0cm、重さ11.6kg
    正倉院中倉 135 黄熟香 - 正倉院
    紅沈
    目録名「全浅香」
    長さ105.5cm、重さ16.65kg
    国家珍宝帳所載
    正倉院北倉 41 全浅香 - 正倉院
  • 宮内庁正倉院事務所の科学調査により「沈香」と香気成分の組成が同じであることが確認されている。
    原植物はジンチョウゲ科ジンコウ属沈香(学名: Aquilaria agallocha、英語:agarwood)。熱帯アジア原産の常緑高木。現在、沈香と伽羅を産するほぼすべての沈香属(ジンチョウゲ科のジンコウ属およびゴニスティルス属)全種はワシントン条約の希少品目第二種に指定されている。
    ワシントン条約規制対象種の調べ方 (METI/経済産業省)植物(PDF形式:348KB)※英名で検索
     原木の沈香自体は比重0.4だが、これに樹脂が付着することで比重が増し沈むようになることから「沈香」と呼ぶ。樹脂が少ないために浮沈の定まらないものを「桟香」、水に浮かぶものを「黄熟香」と呼ぶ。沈香は、香りの種類、産地などを手がかりとしていくつかの種類に分類され、最上のものを「伽羅(きゃら)」と呼ぶ。
    柴田承二「正倉院薬物第二次調査報告」(正倉院紀要 第20号) ※PDF
  • 一般に香木は一度熱を加えると香りは弱くなるが、この蘭奢待は「十返香(とかえりこう)」といい十回聞いても香りが失せないという。
  • 正親町天皇は「聖代の余薫」と歌ったという。また明治天皇は「古めきしずか」と表現されている。


 截り取り

  • 天下の名香である蘭奢待は、これまでに何度も截り取りが行われている。
  • 現物には3枚の付箋が貼られている。
    1. 「明治十年依勅切之」:明治天皇。尖っている左端
    2. 織田信長拝賜之為」:右2つのうち左側
    3. 「足利義政拝賜之為」:最右
  • 現在判明している截り取り箇所は38ヶ所あり、50回程度截り取られたのではないかとされている。
    米田該典 「全淺香、黄熟香の科学調査」(正倉院紀要 第22号) ※PDF
  • 記録などで判明している截り取った人物の一覧。

 藤原道長

  • 寛仁3年(1019年)正倉院を開けさせ宝物を見ている。

 足利義満

  • 室町幕府第3代将軍
  • 至徳2年(1385年)春日大社詣をした後に、正倉院に立ち寄り宝物を見ている。この時に蘭奢待の香りを楽しんだという。

 足利義教

  • 室町幕府第6代将軍
  • 正長2年(1429年)二寸截り取り。

 足利義政

  • 室町幕府第8代将軍
  • 寛正6年(1465年)9月24日、蘭奢待及び紅沈を一寸四方2ヶ所ずつ截り取り。
  • 1つは朝廷へ、1つは自分用として、さらに五分四方1つを東大寺別当のためにきったという。

    寛正六年九月廿四日、義政、(略)宝器を正倉院に観る

    蘭奢待少シ御切有之

 後土御門天皇

  • 延徳2年(1490年)、東大寺公恵をして截りとらせている。

    僧正東大寺公恵をして、蘭奢待を截らしむ、是日、公恵、之を上る、

    正月廿九日、壬午、天晴、(略)西室僧正蘭奢待一切、被進上禁裏、先日御所望之由予傳仰者也、
    (実隆公記)

    公恵は東大寺の院家西院の院主。正親町三条実雅の猶子で、実父は飛鳥井雅世。

    三条西実隆の長男公順は、父・実隆が兄の早世によって次男でありながら家督を継いだことを嘉例として、公順は廃されて次男公条が跡継ぎとなった。12歳の時、長男公順は出家して東大寺に入った。明応8年(1499年)に東大寺別当。文亀2年(1502年)に元興寺別当。この公順の師が西室僧正こと公恵で、公順も西室公瑜を称している。

 畠山義総

  • 能登畠山氏7代当主。一向一揆を鎮圧し戦国大名として能登畠山氏の全盛期をもたらした名君として知られる。
  • 享禄元年(1528年)閏9月21日に蘭奢待下賜の礼金を献上している。

    能登守護畠山義總、蘭奢待下賜の御禮金を獻ず、

  • 天文5年(1536年)6月に禁裏秘蔵の蘭奢待を拝領している。

    六月廿日、のとのしゅごびぶつ五色・御たるの代千疋しん上申。びぶつも御くばりどもあり。

    廿日、去年濃州(能州)守護悳胤出家名也、蘭奢待名香、所望之由、以甘露寺大納言申、雖爲祕藏給之、祝著之由申、

    「悳胤」は畠山義総の隠居号。

    史料綜覧(大日本史料総合DB)では「美濃守護土岐頼藝の請に依り、蘭奢待を賜ふ、」となっているが、これは「能州」を「濃州」としてしまった誤りとされる。


 織田信長

  • 天正2年(1574年)3月27日勅許を得た信長は、東大寺に使いを送り東大寺記録では一寸四方(信長公記では一寸八分)2ヶ所を截り取っている。
    この信長による截り取りは、当時の政治状況とも合わせて広く研究が行われており、多くの記録が確認されている。
  • なお信長は「紅沈」の截り取りも所望するが、こちらは前例がないとして断られている。またこの時、北倉に納められていた紅沈を自ら拝見し、蘭奢待同様に中倉に納めてはどうかと申し入れたという。

    廿八日、信長、大和多聞山城ニ到リ、奏シテ東大寺ノ蘭奢待ヲ賜フ、尋デ、帰洛ス

    三月十二日、御上洛、南都東大寺蘭奢待を御所望の旨、内裏へ御相聞のところ、三月廿六日、御勅使日野輝資殿、飛鳥井大納言殿、勅使として忝なくも御院宣なされ、則ち南都大衆頂拝致し御請申し、翌日三月廿七日、信長奈良の多聞に至りて御出で(略)三月廿八日、辰の刻御蔵開き候へ訖んぬ、彼の名香長さ六尺の長持に納まりこれあり、則ち多聞へ持参され、御成の間舞台において御目に懸け、本法に任せ一寸八分切り捕らる、御伴の御馬廻末代の物語に拝見仕るべきの旨御諚にて、奉拝の事且つは御威光且つは御憐愍、生前の思ひ出、忝き次第申すに足らず。(信長公記)

    其後又自信長以使者、紅沈ト云香在之由承、同有拝見度候由被申候間、北ノ倉ノ内ヲ尋所ニ、口一尺長サ四尺計香アリ、幷圍碁番ト、同寺ノ三人相付、多門山ヘ持参ス、従信長以使者被申様ハ、先例蘭奢待計被取出候、然者今度モ紅沈ヲバ不可給由被申、則被渡候間、請取如本奉納畢、暫後信長自身倉ノ内ヘ入、一見シテ被出畢、(略)紅沈モ天下無雙之名香タル間、端ナル倉ニハ不可被置、中ナル蘭奢待ト一處ニ可被入置、圍碁番ヲ如本北ノ倉ニ可被置、又後ニハ難知間、櫃ニ別々ニ香ノ銘ヲ書テ被入置、勅使日野殿自身御文箱ニ勅封ヲ入テ、御持参アリテ付給畢、

  • うち一片は正親町天皇に献上した。正親町天皇は一片と共にこの経緯を九条稙通に書き送っている。宸翰は昭和15年(1940年)5月3日付けで重要文化財指定(当時、九条道秀公爵所持)。現在は京都国立博物館所蔵。
    紙本墨書正親町天皇宸翰御消息〈蘭奢待云々/九条稙通宛〉 - 国指定文化財等データベース

    蘭奢待の香、ちかき程は秘せられ候、今度ふりよに勅封をひらかれ候て、聖代の餘薫をおこされ候、この一炷にて、老懐をのへられ候はゝ、可為祝着候、此よし、なを勸修寺大納言申候へく候、あなかしく、
       入道とのへ九条殿                  (花押)

    九条稙通は、左大臣・九条尚経の嫡男。母は三条西保子で、三条西実隆は外祖父にあたる。実隆より、「源氏物語三ヶ大事相伝切紙」及び「百人一首」を伝授されている。弘治元年(1555年)、従一位に叙せられるが、まもなく出家して行空、恵空を名乗る。十河一存正室となった一人娘がいたが、男子には恵まれず、二条家に嫁いだ実妹・経子の孫である兼孝を養子に迎え、家督を継がせている。公家社会にとどまらず細川幽斎、前田利益(穀蔵院飄戸斎。前田慶次)、里村紹巴、松永貞徳などとも交流があった。文禄3年(1594年)薨去、享年88。

    なお一般にこの宸翰の「今度ふりょ(不慮)に勅封をひらかれ候て」という表現から、強引に截り取りを行った信長に対して正親町天皇は不本意であったとの解釈がされてきたが、近年これは誤りではないかとの指摘がなされている。「不慮」とはこの場合、”思いがけず・意外なことに”という意味で使われているとされる。

  • 翌天正3年(1575年)5月には朝廷から毛利輝元に対して蘭奢待が贈られており、毛利家ではこれを同年8月25日厳島神社に奉納している。

    奉寄進 嚴島大明神
    右蘭奢待之事、有仔細従 禁中拝領畢、當家面目至候、雖然神秘希有之條、兩通共可致寶納也、仍寄進狀如件、
       天正参年八月廿五日
                                         右馬頭大江輝元

  • 勧修寺晴右が拝領したものは、子の勧修寺晴豊により京都の泉涌寺に納められた。

    蘭奢待、故一位(勸修寺晴右)拝領分、爲舎利焼香令奉納候訖、
        天正五年正月十四日              權中納言晴豊(花押)

  • また信長が村井貞勝に与えたものの一部を一宮城主関長安が拝領し尾張一宮(真清田神社)に納めている。

    關長安添簡縦二寸六分 横五寸七分
    信長五畿内迄自在砌、多門山御遊覧之時、南都大衆神仁合而爲馳走、云蘭奢待名香爲御神物切之給云々。則信長切之。其少分村井民部大輔貞勝被下、貞勝亦關小十郎右衛門尉長安分下。穢家依難安置、則當社明神奉献耳。
                         關小十郎右衛門尉
      天正二年甲戌五月吉日                     長安(花押)

    佐分榮清添簡縦三寸 横三寸八分
    此蘭奢待待當社御上葺之砌、大宮ニ内在之、各開之令拝見處、包紙添状計、而名香無之候。爲後日如此耳。
                         神主山三郎
      寛永八年カノトノ未潤十月吉日                   榮清(花押)

    真清田神社の由緒によれば、信長が村井貞勝に分け与え、さらに貞勝が家臣の一宮城主関長安(関成政とも。関長安の祖父・康正が真清田神社の神官であった)に与えたのち、天正2年(1574年)5月に関長安が真清田神社に奉納したものという(「関長安蘭奢待奉納状」)。この真清田神社蔵のものは寛永年間に調べた所、箱だけが残り泉涌寺には現存したというが、その後昭和までには当社に戻った。この関長安添簡によれば、截り取りは信長発案ではなく南都大衆・神人の馳走であったとする。

  • 津田宗及と千利休も茶会の折に信長より一包頂戴したという。

    同三月廿七日 南都に被成御成
    於多門山、蘭奢待御きりなされ候、堺衆モ御伴也、即御歸洛也、南都へ御動座之時、於宇治御茶被成御覧候
    森所ニテ御膳ヲ上申候
    本文注:勅使日野輝資、飛鳥井雅教二人東大寺ニ参向、信長ヨリ奉行トシテ柴田勝家、佐久間信盛、丹羽長秀、武井夕庵、松井友閑出張、義政ノ先例ニ従ヒテ一寸八分ヲ切取ル

    同四月三日畫 於相國寺御會 俄也
    (略)
    御会過テ、蘭奢侍一包拝領申候、御扇子すへさせられ、御あふぎとともに被下候、宗易・宗及両人ニ迄被下候、香炉両人所持仕候とて、易・及斗ニ東大寺拝領いたし候、其外堺衆ニハ何へも不被下候
    御あふぎハ、たてまぜの金と切はくと
    天王寺屋会記

    宗易(千利休)および宗及(津田宗及)の2名だけが名物香炉を所持していたために拝領したが、他の堺衆は何ももらえなかったと記す。宗易は「珠光香炉」、宗及は「不破香炉」。

    天正14年12月秀吉が御成になった茶会で、蘭奢待を焼くという記述がある。この時に使用されたのが、この信長から拝領したものか、それとも秀吉が別途截り取ったものかは不明。


 明治天皇

  • 明治10年(1877年)2月9日、奈良行幸の折に正倉院に立ち寄り、「黄熟香(蘭奢待)」を截り取ったうえで、親しく小片を火中に投じられたという。
  • なお明治天皇は正倉院御物の継承者であるため、蘭奢待の付箋には「明治十年依勅切之(明治10年、明治天皇の勅によりこれを切る)」と記される。

    正倉院御物の中に黄熟香あり所謂蘭奢待なり。往時足利義政織田信長にその一片(長さ各一寸八分)を賜ひしことあり。還幸後、久成に勅して之れを剪らしめたまふ。久成乃ち長さ二寸重さ二銭三分八厘の一片を上る。天皇、之れを割きて親ら炷きたまふ。薫烟芳芬として行宮に満つ。而して其の残餘は之れを東京に齎したまふ。

    この截香を行った「久成」とは町田久成のことである。久成は、明治5年(1872年)5月から10月にかけて行われた日本初の文化財調査とされる壬申検査を主導したほか、東京帝室博物館(後の東京国立博物館)の初代館長となる人物。薩摩藩家老小松帯刀の妻の近(千賀)が、町田久成の叔母にあたる。維新改革、廃仏毀釈の流れの中で多くの美術品が破壊、また海外に流出していくのを惜しみ、博物館創設事業に携わった。官費が不足する中で私財を用いて収集を続け博物館の所蔵品充実に尽力した。後に出家して三井寺光浄院の住職となり、僧正となる。
             町田久長  ┌町田実種(小松清緝)
               ├───┴町田久成
    島津久儔─小松清穆─┬汲     ├──町田秀麿
              ├清猷 ┌─壽美?
              └近━━│━小松清直
               ├──┘
        肝付兼善─小松帯刀清廉━小松清緝
               ├────小松清直──┬小松帯刀
               琴          └小松重春━━従志(西郷従道7男)
    
  • 明治天皇は、さらに明治12年(1879年)6月にも勅旨をもって蘭奢待を截り取りさせている。このときは稲生真履が使者。
    稲生眞履は宮内省官僚、東京帝室博物館の学芸委員。刀剣を始めとする古美術に精通していた。三女の季子は秋山真之の妻となっており、真之も稲生の薫陶を受けて刀剣鑑定を能くした。






 伝承上伝わる人物

  • 伝承により、截り取ったまたは与えられたと伝わる人物。
  • 文学作品や武辺咄集に載るもの。

 源頼政

  • 鵺退治の恩賞に蘭奢待を賜ったという。

 新田義貞

  • この蘭奢待を鎧に焚きしめていたという話が、人形浄瑠璃および歌舞伎の演目「仮名手本忠臣蔵」で登場する。

    冥加に余る君の仰。夫こそは私が。明暮手馴し御着の兜。義貞殿拜領にて。蘭奢待といふ名香を添て給はる。御取次は則かほよ。其時の勅答には。人は一代名は末代。すは討死せん時。此蘭奢待を思ふ儘。内兜にたきしめ着ならば。

    • さらに、この香りを焚きしめた鎧が話しの中心となる浄瑠璃「蘭奢待新田系図」も作られた。

 豊臣秀吉

  • 江戸時代の物語に截り取ったと記される。

    世俗の申傳へに天下を治る人一代に一度づゝ、南都東大寺の宝蔵をひらき、蘭奢待の香を一寸づゝ切取給ふといへり、これによって織田信長公、秀吉公も截取給へば、世に残りて「是ぞ蘭奢待なり」とて香の癖ある者十襲珍蔵せり、東照大権現も此例をおはせ給ひて、慶長七年壬寅六月十一日に禁中へ奏し、勅使をこひ、宝蔵をひらかせ給ふに大権現の心操、古禮を拝し、先規を祟め給へば、「聖武天皇の御違寶の蘭奢待を切取事は無下に放埒なり、先例といふとも切取べからず、宝蔵の道具ども、久しく打入て晒し改めざれば、上漏下湿の怖有、且また盗賊の侵し奪ふ事も有べし、假屋を作り、諸道具を移し、一々點儉し、帳面に合、敗壊する物あらば修補すべし」と奉行に仰付られけり
    (新武者物語)

 徳川家康

  • 上記「新武者物語」では、家康は正倉院を開けさせたが蘭奢待は截り取らなかったと記す。ただし「新武者物語」は江戸時代中期宝永6年(1709年)刊行の武辺咄集であり、記述内容の信頼性は十分ではないとされる。
  • 一方東大寺の旧記には、寛文3年(1663年)4月16日付で井上河内守及び加賀爪甲斐守宛に提出した書留に、慶長7年(1602年)6月11日に本多上野介と大久保石見守を使いとして名香を所望したと書かれているという。

    けふ東大寺の旧記冩をみるに、寛文三年四月十六日井上河内守加賀爪甲斐守に旧記を出せし書留をみるに、蘭奢待幷紅沈の名香を天正二年三月廿八日信長卿の御所望ありしことみゆ、これはよにもしる所にて、しかるに慶長七年六月十一日に 勅使烏丸辯(烏丸光広)参向にて御倉開封、奉行本多上野介大久保石見守允長者學光、名香御所望有増旧記に相見候、御倉之前ニ 勅使之御殿作事幷 勅使御馳走中坊飛騨守(奈良奉行中坊秀祐か)に被 仰付候事といふことみゆ、されは 東照宮も右之香を御所望ありしとみえし也

    慶長七年六月十一日に切しめ給ふ、勅使勸修寺殿、廣橋殿、柳原殿なり、奉行は本多上野介正純

    まず信長が所望した話を載せ、その後に慶長7年(1602年)の話を記す。この慶長7年が家康の指示によるものであろうとする。

  • 「武徳編年集成」では截らしめたとある。

    慶長七年六月十一日、神君奏聞ヲ遂ラル、勅使勸修寺右大辯光豊、廣橋右中辯總光、神君ヨリハ本多上野介、大久保石見守長安、南都東大寺ニ至テ、寶庫勅封ヲ兩辯是ヲ截テ戸ヲ開、黄熟香蘭奢待也ヲ截シム、香見柳原右少將業光也、中坊左近秀祐警護シ、幕下ノ歩卒十人監使タリ

  • 「一木三名香之伝」(香道叢書)でも次のように書かれている。

    右東大寺正念院勅封之庫ニ在リ、元亀三年廿八日織田信長公経奏聞任先例一寸八分宛切玉フ、其後慶長七年六月十一日 神祖モ先例ニ倣ヒテ之ヲ切タマフ

  • なお、この時に截り取ったものなのかは不明だが、東福門院和子(後水尾天皇の中宮。徳川秀忠の五女)所持という蘭奢待が尾張徳川家に伝来し、現在徳川美術館で所蔵されている。


 その他所蔵

 徳川美術館所蔵

香木
銘 蘭奢待
十種名香の内

 永青文庫所蔵

香木
蘭奢待
細川家伝来

 厳島神社所蔵

香木
蘭奢待

  • 天正2年(1574年)に織田信長が截り取った一片は、朝廷に献上され、さらに天正3年(1575年)5月毛利輝元へと下賜された。輝元が8月25日厳島神社に奉納したもの。




  • 名香にまつわる逸話。

 一木三銘香(いちぼくさんめいこう)

 翁草

  • 一本の伽羅(香木)に対して、3つの銘が付けられたという、神沢杜口が著した「翁草」の「細川家香木」に載る故事。
  • それによれば、ある時細川三斎こと細川忠興は、珍器を求めるために長崎に家来・興津弥五右衛門とその相役・横田清兵衛の2名を遣わしたという。ちょうど伽羅の大木が入っており、本木と末木の2つがあり、ここでいずれを買うべきかについて興津と相役横田が口論となってしまう。というのも、この時仙台藩伊達家の家来も珍器調達に長崎に来ており、同じ香木に目をつけたために競り合いになって高値になっていたためである。
  • 相役横田は、伊達家のこともあり値段も高くなってしまったため末木にしようというが、興津は譲らず、遂に横田を討ち果たして本木を購入する。興津は肥後に帰国し、三斎に事の次第を報告し切腹を願い出た。ところが三斎は、奉公のために討ったのであれば切腹すべき理由がないとして、相役横田の息子を呼び寄せ三斎の前で盃を酌み交わさせて意趣を残さないよう申し付けた。しかし三斎の死後、責任を感じていた興津は山城・船岡山の西麓で殉死をしてしまう。
  • 三斎はこの伽羅に初音僧正の古歌を引き「初音」と名付けたという。

    きく度に珍しければ時鳥いつも初音の心地こそすれ

  • 寛永3年(1626年))丙寅9月6日に、二条城に後水尾天皇の行幸があり、この時に肥後少将細川忠利に名香をご所望になられ、忠利が献上すると、天皇は「白菊」と名付けた。

    たぐいありと誰かはいはん末匂ふ秋より後の白菊の花

  • また伊達政宗は、藩士が末木を買って帰ってきたことを残念がるが、名香であったため政宗はこれに謡曲「兼平」の詞から「柴舟」と名付けている。

    世の中の憂きを身につむ柴舟やたかぬさきよりこがれ行くらん

  • つまり、元は一木であった香木のうち、本木は三斎が「初音」、献上後に後水尾天皇が「白菊」と名付けられた。また末木の方は仙台藩へと入り政宗が「柴舟」と名付けたという話になっている。

 伊達家

  • 伊達家での伝来では、寛永3年(1626年)9月に上洛した際に細川忠利から購入したのだとする。
  • 政宗は寛永3年(1626年)12月、この「柴舟」を伊達忠宗に贈っている。

    其元に而約束申候伽羅、遣申候、か様之ハ稀にて候、
    心よハく、むさと人に遣間敷候、
    名者柴舟と付申候、かね平之うたいに、
    うきを身に積柴舟のたかぬさきゟこかるらん、たかぬさきゟ匂と云心にて候、
    よびこゑハよくなく候へども、恐惶謹言、
      極月朔日 政宗(花押)
       松越前守殿
    (松平伊達越前守宛書状)

  • 政宗はこれ以外にも、伊達秀宗(宇和島藩初代)、五郎八姫を始めとして、近衛信尋、一乗院尊覚法親王、聖護院道晃法親王、西洞院時直、将軍家光などに贈っている。
五郎八姫
承応2年(1653年)に、五郎八姫が法身禅師の木像に納めたものが遺品として瑞巌寺に伝わっている。「法身像胎内納入資料 五郎八姫納入品」
伊達秀宗
秀宗に贈ったものは、宇和島伊達文化保存会所蔵。
家光
寛永12年(1635年)1月16日献上。

十六日仙臺中納言政宗卿より。柴舟といふ名香を獻りければ。御手書を賜はる。

一乗院尊覚法親王
寛永11年(1634年)8月6日。同年8月、近衛信尋に「むさし野」を贈ったのが話題になったのか、弟の尊覚法親王および道晃法親王に「柴舟」及び「太子屋」を贈っている。

六日、己丑。尊覚親王道晃親王へ名香各兩種、御書を以て進上せらる、御返書を賜ふ、

近衛信尋は後陽成天皇の第四皇子。母は中和門院(近衞前久の娘)で、同母兄弟に第三皇子・後水尾天皇、第七皇子・高松宮好仁親王、第九皇子・一条昭良、第十皇子・一乗院尊覚法親王がいる。第十一皇子・道晃法親王の母は後陽成天皇の妃・古市胤子(三位局)。
  • なお、加賀藩前田家も登場する逸話もある。それによれば、三斎が手に入れた一本の名香を3つに分割し、細川家伝来のものは「白菊」、伊達家伝来のものは「柴舟」、そして前田家伝来のものを「初音」と各家で命名したという。

 森鴎外

  • 鴎外はこれを興津弥五右衛門の遺書と言う形で著述し、乃木希典の遺言状を元にしてアレンジしている。
    「翁草」で”万治寛文の頃”・”三回忌”としている興津の殉死を、万治元年(1658年)の13回忌としたほか、肥後熊本への転封は寛永9年(1632年)であるため杵築城と修正するなどしている。

 一木四銘(いちぼくしめい)

  • この「一木三銘香」には異説が多く、混乱がある。

 「藤袴」

  • 上記一木三銘香の逸話に、さらに宮中で「藤袴」(あるいは蘭とも)という別銘を付けた話を加えたもの。

    ふじばかまならぬ匂いもなかりけり花はちぐさの色変われども

    ただし、「白菊」を伝後水尾天皇勅銘とする場合もある。

Amazonプライム会員無料体験