銘尽


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、画像引用元などと記載してブログやSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

観智院本銘尽(かんちいんほんめいづくし)  

観智院銘尽
以南洞院御秘蔵本令誂行蔵坊
幸順寫之事
應永卅年十二月廿一日□之
銘尽(めいづくし)

  • 鎌倉期に成立した「正和銘尽」の写しで、現存するわが国最古の刀剣書。
  • 東寺塔頭の一つ、観智院が旧蔵していたことから「観智院本銘尽」とも称される。

概要  

  • 本文中に、鎌倉時代の年号である「正和五年(1316)まではゝゝ年なり」の記載があり鎌倉末期ごろの成立とみられる。
  • 全45枚のうち、42枚目の裏に以下文言が書かれている。

    以南洞院御秘蔵本令誂行蔵坊幸順写之事 應永卅年十二月廿一日

  • 終わりの三枚は「五畿七道の国尽」(国名一覧)になっている。
  • 裏表紙には次のように記されている。

    京都東寺子院勧智院所伝
    刀剣鑑定之書
    応永三十年之古写 本書正和五年著作
    勧智院法印権僧正住寶所貺
    津田葛根蔵

  • 明治43年に買い上げられ、現在国立国会図書館所蔵




概要  

写本の構成概要  

  • そもそも写本であるために内容に齟齬があるが、写本の内容を元に類推すると概ね次のような構成であると考えられている。
    1. 序文
    2. 神代鍛冶
    3. 日本國鍛冶銘
    4. 神代より当代まで上手之事


写本の構成  

正和五年著作の部  

  • 2枚目に「古今諸国鍛冶之部」と出したもので、9枚まで続く。
  • 「古今諸国鍛冶之銘」と題した箇所では52人の刀工を掲げ、とりわけ粟田口藤四郎吉光や大和の中次郎国正など42人の刀工については、刀の中心形を上部に図示、その下に作名、国、系統、時代、作風の特徴を記している。
    • この中に、「正和五年まではゝゝ年なり」と書いた刀工が14工ある。

銘尽の部  

  • 「銘尽」9枚目の裏から始まる序文。漢文で三種の神器の御剣から天の叢雲の剣などを取り上げる。
  • 「神代鍛冶」と題して8工

    藤戸、天藤、
    国重、海中、
    天国、天雲、
    宗弘、長光

  • 「日本國鍛冶銘」と題して13枚続く。

    安綱、月山
    天国、行平
    神息
    近霧、定秀
    正恒
    安則、実次
    日乗、友成
    則常、助包
    宗近、吉家
    世安
    近依、則安
    有氏、光長
    信房
    宗吉、兼平
    助宗
    助成、助近
    瀧、一
    包林、一、一
    當次、し太郎
    為吉、國□
    国光、吉光
    國延、行國
    青井貞次、青井恒次
    恒光、次家
    永包、延房
    浪平、亮平
    亮包、亮経
    則宗、重弘
    重利、泉水
    一、□吉
    助重、真清
    但次、十

    安□、吉包
    吉房、吉満
    吉康、助久
    国友、国永
    助長、光近
    安次、小安
    東大寺、則弘
    介成、則恒
    国吉、成家
    有永、行仁
    戸打、□
    上一、吉真、助大上
    介成、近房、永正
    国次、基近、國弘
    國清、善次、景宗
    兼永、宗秀、貞守
    宗末、吉宗、助長
    守助、末行、助次
    助包、包助、真忠
    吉光吉光長光
    真信、定利、全王
    國介、包杖、玉
    勝三郎、行國、則武
    則景、吉景、吉國
    則光、吉家、忠真
    真之、為長、近次
    真吉、真貞、光吉
    重則、守久、□
    □近、蒲生、則助
    景依、成次、次忠
    俊次、久次、青井行次
    貞吉、元久、久元
    守光、吉秀、兼光
    景久、真景、則行
    真久、宗則、國守
    助國、助守、國忠
    守國、國貞、國真
    景政、重助、守行
    守清、貞國、高真
    高実、清包、久国
    久行、久信、光守?
    光包、守包、行秀
    清利、清包、助守
    守利、常伴、吉末
    長宗、宗真、真包
    真元、真助、末真
    吉真、真末、真有
    真重、真友、□國
    國助、安清、安利
    国重、信包、重包
    禅、長末、末吉
    吉末、吉久、正景
    景末、景長、景宗
    景、景次、景友
    宗景、近景、近友
    近末、末近、光包
    末正、則吉、正吉
    清長、俊恒、清定
    保弘、友包、友末
    友正、友定、友廣?
    友吉、友景、長元
    長秀、友秀、真依
    正宗、宗恒

  • うち27枚:國盛より後鳥羽院御宇被召抜鍛冶十二月結番次第ノ項終迄
  • うち42枚:神代より当代まで上手之事 吉光
  • 枚数にして19枚半、刀工は349工、他に菊御作や番鍛冶などが続く。

時代別の部  

  • 34枚~38枚まで、3期に分けて記述
    • 大宝年中:9工

      友光
      天国
      文壽
      藤戸
      神息
      真守
      實次 大銅 盛國

国別の部  

  • 21枚目から5枚、41枚目表から2枚
  • 備前国鍛冶次第不同:23枚表
  • 備中国鍛冶次第不同24枚裏
  • 筑紫鍛冶次第不同:25枚表
  • 陸奥国鍛冶次第不同:26枚裏より飛んで40枚表まで
  • 伯耆国鍛冶次第不同:30枚表
  • 散在国:40枚裏
  • 不知国鍛冶:40枚裏
  • 剣作鍛冶前後不同:41枚表
  • 21枚~23枚:青井(青江)系図、粟田口系図、千手院系図、来系図、相模鍛冶の五系統

断片的記載  

  • 系図
  • 巻首正宗以下の一組。1枚目首行に「正宗五郎入道」とあり、貞宗以下十四工を上げる

    正宗 五郎入道、貞宗 彦四郎、
    国盛、
    助盛 国盛の子、
    国宗、定利 越前國、国長、
      延寿太郎、
    国信、
    国吉、定俊、兼永、中次郎、了戒
    光包、長光、弟子

  • 備前備中鍛冶交名

    備前備中雑鍛冶三十六名
    助則、則包、安則、永包、吉家、宗忠、
    守恒、家安、介成、高包、包助、有成?
    実忠、重永、有行、延忠、友安、行真
    家忠、助久、景則、家俊、康貞、景吉
    貞光、守俊、景安、長光光忠、守家
    弘次、守重、元家、景光、則光、行実

  • 太刀刀作善悪日之事

    太刀刀作善□日之事
    吉日
    悪日

  • 古今諸国鍛冶之銘

    古今諸国鍛冶之銘

名物  

  • 源氏重代のひげきりの太刀膝切)、平家重代の膝丸の太刀、能登守教経の桜丸(古備前友成作)、九郎判官義経の薄緑(長円作)などが取り上げられている。
  • 他には、現在すでに伝承が失われている名刀の名も記載されている。

    抜丸、菊丸、蝶丸、とすい丸、五輪丸、おもなし丸、御作丸、おと丸、水細丸、鬼丸、桜丸、とびきり丸、細切丸、遠雁丸、御剣丸、三くち丸、鬼丸、あざ丸など

藤戸
白□□の□□□二百□□き□□□ニ□カリ一尺八寸□劍也
天藤
春日大師?□すく□也二尺八寸□劍
国重
宇佐明神□□六□タり
海中
龍王 二尺二寸劍也
天国
帝尺之劍 村雲御剣作
天雲
□□□を作
宗弘
□う雲鬼号錊 御安やは?の劍と号
長光
鬼楨□三□二尺御剣
髭切
伯耆鍛冶。上一諷誦「ひけきりお作」
田村将軍
伯耆鍛冶 安綱 田村将軍□□矢此劍作也(そはや
抜丸
伯耆鍛冶 貞守 安徳子 平家のぬけ丸作
真守
平家抜丸
国永
菊丸作
宗近
てう丸
諷誦
ひけきりを作?
定秀
とすい丸作 五輪丸作 佐々木重代
助包
備前□□丸作
助平
備前 保昌懐剣
神息
? 御作丸?
国友
粟田口 □□丸作
國安
粟田口 水細丸
国綱
□□□鬼丸作
国吉
□□御剣作
友成
□□□櫻丸作
則宗
備前□□□丸(とびきり?
正恒
足利□三郎 細切丸作
信房
備前遠雁丸作
国行
鎌倉八幡御剣作
高平
備前畠山□□作
□間源□次
三くち丸作
藤源次太夫
□□ ミどりお作
国宗
九郎判官うすミどりお作(薄緑
安綱
利仁御剣作上手也
天国
村雲劍作
藤戸
白□□の□□□劍作
天藤
□□□御剣作

写本  

伴信友の写本  

  • 国学者伴信友が文政12年(1829年)に写したもの。

    右剣工鑑定之書一巻応永卅年之古写本蓋正和之頃所撰也巻首缺逸且失題名所存四十五帋雖鑑定家所未曽見也云元所捜得於東寺中観智院古什物之筥底也津田葛根与院主住宝法印善文化中住宝出其書為什物員外之反故貊之葛根々々伝領珍之秘匿日久矣今于茲文政十二年乞借厥本偸閑雇眼鏡自親騰写文字素希異譌舛不尠悉随本不改弌字有剥爛蠧損頗若模九月五日功畢蔵以備攷古之一券 伴信友

明治41年  

  • 明治41年に松平頼平子爵が、上記津田葛根の子孫である津田清四という人物からこれを購入し、その後明治43年1月に帝国図書館に寄贈している。
    • 行方不明

便利堂の刊行本  

昭和十四年便利堂刊行
観智院銘尽写本を編集したもの
重要文化財

  • 奥書

    昭和十四年八月廿五日印刷
    昭和十四年九月十五日発行
    帝国図書館
    京都市中京区新町通竹屋町南
    印刷所 株式会社便利堂

  • 昭和十四年便利堂刊行の複製本が国立国会図書館に残る。
    便利堂は現在も存続している美術印刷・出版社。京都市中京区新町通竹屋町下ル弁財天町。