三好氏

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

三好氏(みよし し)  

Table of Contents

概要  

  • 本姓は源氏
  • 清和源氏(河内源氏)の名門小笠原氏(信濃源氏)の庶流とされ、鎌倉時代に阿波守護であった阿波小笠原氏の末裔を称する。

家紋  

  • 三好氏の家紋は「三階菱に五つ釘抜」とされる。これは小笠原氏の「三階菱」に、五つ釘抜を加えたものになっている。現在三好元長及び三好之長と伝わる肖像画では、いずれもこの三階菱に五つ釘抜が確認できる。※「京小笠原松皮菱釘抜」ともいう。

阿波守護の変遷  

  • 鎌倉時代の阿波国は当初佐々木氏が守護となるが、承久の乱で朝廷方について敗死すると小笠原長経の次男長房が阿波守護に任じられ、その後、鎌倉時代を通じて相伝した。三好氏はこの阿波に根付いた小笠原氏の庶流の一つで、阿波三好郡を本拠にしたことから三好氏を称する。
  • 南北朝期には足利一門であった細川定禅らが足利尊氏に従い、尊氏が九州落ちした際にはその命を受けて四国の国人衆を叫号して都に上り、足利政権樹立に貢献する。
  • 室町幕府開府とともに暦応4年(1341年)までに細川頼春が備後・阿波守護となった。観応の擾乱で室町幕府内部が混乱する中で、小笠原頼清は南朝方として蜂起、これを頼春の子である細川頼之が抑え、さらに同族細川清氏との戦いにおいても勝利を収めると、やがて小笠原諸氏を配下に収めて幕府管領に就任している。
  • その後、阿波守護職は甥の細川義之から養子となった満久へと継承され、代々相伝した。この阿波守護の家系は細川讃州家と称されて幕府相伴衆にも列し、惣領家である京兆家に次ぐ家格を誇った。

細川氏への臣従と台頭  

  • 三好氏は、南北朝の初期には南朝方として北朝方の阿波細川氏と対立した時期もあったが、のち南朝が不利になり細川氏が室町幕府内で勢力を拡大するとこれに臣従する。
  • 阿波細川氏(細川頼之の弟詮春の後衛。細川讃州家。下屋形、阿波屋形)の阿波守護家の被官となり阿波守護代を務めて勢力を伸ばした。
【三好家系図】
源義光………小笠原貞宗─小笠原政長─小笠原長興─三好義長─┐
                             │
┌────────────────────────────┘
│
└長之─┬之長─┬長秀─┬元長───────┬三好長慶─┰三好義興 ┌義兼
    │   │   │         │     ┗三好義継─┼義茂
    │   │   └康長─康俊─俊長 │           └長元
    │   │  (笑岩入道)     │【阿波三好家】
    │   │             ├三好義賢─┬三好長治
    │   │             │(実休) └三好正安(一存養子 存保)
    │   ├頼澄──政成       │
    │   ├芥川長光──孫十郎    │【安宅】
    │   │             ├安宅冬康─┬安宅信康
    │   └長則──長逸─┬長将   │     └安宅清康(河内守)
    │           └長勝   │
    │                 │【十河】
    │                 └十河一存┬┰十河重存(長慶養子 義続)
    │                      │┗十河存保
    │【勝時流】                 └─十河存之(存保家老)
    ├越後守長尚─┬新五郎
    │      ├勝長
    │      └政長─┬政康(下野守、釣竿斎)
    │      (宗三)└政勝(一任斎、為三入道)
    │
    └遠江守勝宗(一秀)


※三好氏系図については諸説あり。


三好一族の名物  

  • 三好四兄弟を始めとする一族は、それぞれ名物を所持していた。
  • また武将でありながら数寄者として知られ、堺の商人との親交もあった。

三好長慶  

従四位下筑前守
修理大夫
聚光院殿前匠作眠室進近大禅定門

三好実休(三好義賢)  

  • 三好四兄弟の次男
  • 戦国武将ながら数寄者で知られ、堺の商人ともたびたび茶会を開いている。「朱銘長義」を所蔵する妙國寺を開基。
  • 実休光忠」に名を残すほか、名物を蒐集したことで知られる。

    実休は稀代の物数寄者にて天下の珍物をあつむ、所謂正宗の剃刀、貞宗の小刀、定家爲家兩筆一番七首の和歌等、其外珍物員を不知となり
    (翁草)

安宅冬康  

十河一存  

三好宗三(三好政長 

号 半隠軒宗三

三好下野守(三好政康 

号 釣竿斎宗渭
三好三人衆

  • 刀剣鑑定を本阿弥光心とその子本阿弥光刹に学ぶ。
    • 細川玄旨(幽斎)、宮木入道、松永右衛門佐(久通)、篠原油雲斎、岩主慶友などが釣竿斎の刀剣鑑定の弟子とされる。
    • 刀剣書「三好下野入道聞書」。政康の口述を幽斎が筆記したとされる。

三好政勝(為三入道)  

  • 政長宗三の三男で、下野守政康の弟。天文5年(1536年)生れ。
  • 父の死後は兄の政康とともに行動し、三人衆や康長とともに反織田勢として動く。織田軍に敗れると阿波に退却し、兄政康の死後家督を継いだ。
  • 永禄13年(1570年)中島天満森に着陣、野田城・福島城の戦いに参戦するが、やがて信長に降伏。比叡山攻略戦には織田方で出陣している。摂津国豊島郡を宛行われるが、旧領である榎並と交換して旧領回復した。元亀3年(1572年)松永弾正と細川昭元(細川京兆家19代)の抗争では信長が庇護していた昭元を攻めており、その後しばらく記録から姿を消す。
  • 本能寺の変後は秀吉に仕えており、文禄元年(1592年)の朝鮮出兵では肥前名護屋城の本丸番衆の馬廻衆「三好為三」として登場するが、以降は息子ではないかとされる。
  • 秀吉の死後は徳川家康に仕え、関ヶ原では秀忠軍で上田城攻めに参加、のち1400石を加増され、河内三郡のうちで2020石を領す。慶長9年(1604年)因幡守。大坂の陣では鷹狩の許可や、茶器を拝領するなどしている。秀忠の御伽衆となり、寛永9年(1632年)に96歳で死去という。
    真田十勇士の「三好伊三入道」のモデルとされるが、以上の経歴で分かる通り、真田家とは特に関係がないどころか、上田城攻めに参加している。

三好山城守(三好康長、笑岩入道)  

  • 長慶の叔父で、阿波岩倉城、河内高屋城主。
  • 茶会記に登場
  • 信長に降り、その後は長宗我部攻めで功をあげる。秀吉に仕え、秀次(後の関白)を養子にする。
    秀次は秀吉の姉である瑞竜院日秀の長男として生まれる。始め宮部継潤の人質となった後養子となり、宮部次兵衛尉吉継と名乗る。のち三好康長の養子となり孫七郎信吉と改める。その後羽柴姓に復姓して秀次と改め、さらに秀吉の養子となる。

関連項目