敦賀正宗

敦賀正宗(つるがまさむね)  


無銘(名物 敦賀正宗)
刃長二尺三寸三分

  • 相州正宗作の刀。
  • 享保名物帳所載

    敦賀正宗 磨上長二尺三寸三分 代七千貫 松平薩摩守殿
    昔敦賀を領す大谷形部所持、是は関ヶ原時分なり、其以後は敦賀は家康公御領也

  • 本阿弥の七千貫の折紙付き。
  • 鎺から二寸ほど上から乱れは大きくなるが、先ではまた小振りになる。鋩子はすぐ、尖り心の小丸。
  • 中心大磨上、無銘。目釘孔2個

由来  

  • 越前敦賀城主であった大谷刑部少輔吉継が所持していたためこう呼ばれる。

来歴  

大谷吉継  

結城秀康  

  • 吉継の関ヶ原での死後、結城秀康が越前国北ノ庄67万石に加増移封され、ここで敦賀正宗を入手する。
    関ヶ原ののち、大谷吉継の居城敦賀城は家臣蜂屋将監によって東軍に引き渡され、結城秀康から受け取りの代官が派遣されている。この時に渡ったものと思われる。

松平光長  

  • その後秀康嫡孫の松平光長(越後国高田藩26万石)に受け継がれる。
    • 大村加卜がこれを拝見している。

      此押形ツルガ正宗ナリ、観世正宗ニ多ク不劣モノナリ、去ナガラ油ノヨリノ玉ナシ、是劣ナリ、然ドモニエハ観世正宗ヨリ多シ、是も越後光長公ノ家ニアリ、スリ上ゲ物ナリ

  • 光長嫡子の綱賢の死去に伴い「越後騒動」が起こり光長は改易、この時に敦賀正宗を手放している。

島津家  

  • 元禄15年(1702年)に薩摩藩の島津綱貴が買い上げ、以降薩摩島津家に伝来した。買い上げ時期は元禄10年とも。
  • 日本美術刀剣保存協会による第5回特別重要刀剣指定。
  • 昭和3年5月、公爵島津家の蔵品として売立され、3,600円で落札された後、行方がわからない。
    この時に落札された兼光(光徳花押)が1,780円、琉球兼光が618円、名物茶器では「松屋肩衝茶入」(現、根津美術館所蔵)が129,000円、「柳藤四郎茶入」が70,600円などとなっている。