天下五剣

天下五剣(てんかごけん / てんがごけん)  

概要  

名前指定種類サイズ
鬼丸(おにまる)御物太刀國綱刃長78.2cm・反り3.2cm
三日月宗近(みかづきむねちか)国宝太刀三条刃長80cm・反り2.7cm
童子切(どうじぎり)国宝太刀安綱刃長79.9cm・反り2.7cm
大典太(おおてんた)国宝太刀光世作刃長65.75cm・反り2.7cm
数珠丸(じゅずまる)重文太刀恒次刃長81.1cm・反り3.0cm

由来  

  • 室町時代にはすでに天下五剣として選ばれていたが、選定者は不明であり、刀剣書の類にも「天下五剣」との記載はない。恐らく由緒や伝来を加味したものが広く一般に膾炙したものであると考えられる。

国宝重要文化財指定  

選定理由  

  • なぜこの五口が天下五剣と呼ばれるに至ったのかについて具体的に記した書物は見つかっていない。
  • 由来名刀と呼ばれるものは、単純に姿かたちや斬れ味だけではなく、その刀を所持した人物であったり、または刀に付随する伝承が重視される。天下五剣は室町期には成立していたとされ、いずれの刀もその当時までに喧伝されるにふさわしい伝承を持っていたことが選定理由として大きいといわれている。
  • その為、たとえば室町末期以降に名前が売れ出し江戸期には「名物三作」とまで評価された藤四郎吉光、五郎正宗郷義弘は選定されていない。
    このことと、五剣がすべて太刀である点も合わせて、五剣の選定時期がそれより前と分かる。
  • 時代とともに必要とされる刀は変遷し、その需要の変化とともに価値も変わったが、戦国期以前に評価の固まっていた天下五剣の評価は下がることがなく、むしろ名刀に求められるものを姿、伝承、伝来ともに満たすという意味で名刀の中の名刀であり続けたといえる。