三条派

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

三条派(さんじょうは)  

宗近─┬─吉家[寛弘]
   │
   ├─有国[寛弘]─兼永[長元]─┬─国永[天喜]
   │               ├─兼次[永承]
   ├─宗則            └─兼安[永承]
   │        ┌─眞國[延久]
   ├─眞利[長久]─┤
   │        └─宗永
   ├─宗利───宗忠         助宗[平治]
   │                 宗親
   └─近村[長久]          守家

※諸説あり。[]は推定活動年間
※古刀期の刀工の相互関係については、紀年銘などからの類推が多くほとんどわかっていない。

代表的な刀工  

三条宗近  

三条吉家  

  • 宗近の子、あるいは孫。宗近の隠し銘ともいう。

三条近村  

三条在国  

三条吉則  

太刀
銘「三条吉則作」長二尺五寸二分。鎬造り、庵棟、。鋩子小丸。遊就館所蔵

五条派  

  • 三条宗近の門人と伝わる兼永が京の五条に住した事によりこの名がある。
  • 兼永、国永、兼次、兼安などの刀工がいると伝わる。

五条兼永  

太刀
無銘傳兼永。二尺二寸八分、反り一寸五厘。鎬造、庵棟。鋩子乱れこむ。濱田新七郎氏蔵
太刀
無銘傳兼永。二尺四寸八分五厘、反り八分三厘。鎬造、庵棟。鋩子乱れこむ。鳥居寛治氏蔵

五条国永  

  • 宗近の門人三条在国の次男で、兼永の弟という[古今銘尽]。
    • 三条兼永の子とも
  • 通称孫太郎、太秦と称す初め兄兼永とともに五条に住したという。
  • 能阿弥本銘尽によれば、「彼国永ハ保元ノ乱時 村上ノ太郎長持是ヲハク」とあり、長暦年間よりは後の活躍と見られている。
  • 注進物に選定される
  • 銘:国字のクニガマエの中が×に一となる。”と”の形になったものを珍重する
  • 著名作に鶴丸国永、竜胆丸、陵丸、菊丸
    • 詳細は「国永」の項参照

平安城派(後三条派)  

  • 平安城または三條と切る一派。※平安城とは平安京の異称。
  • 如手引抄では「平安城三條住人一流」として載る。

光長  

  • 事実上の祖とされる。
  • 銘に元亨元年(1321年)、正中元年(1324年)。
  • 京の一条以南の猪熊に住し、猪熊入道と称したという。

吉則  

  • 一派を代表する刀工
  • 銘は、三條吉則作、京都三條住吉則、平安城住吉則

長吉  

  • 一派を代表する刀工
  • 如手引抄では「長吉、國長は菅原と打也」としているが別人とされる。
  • 初代長吉
    • 銘は平安城長吉、三條長吉
  • 二代長吉
    • 平安城三條長吉、平安城長吉
  • 三代長吉
    • 平安城長吉、平安城住長吉作
  • 四代長吉
    • 最も高名で、槍に名作を残す。文明ごろ。
  • 五代長吉
    • 銘に平安城長吉三州住
    • 三河、伊勢に駐槌したため、村正の弟子となった、あるいは村正に伝えたとされる。三河平安城。
    • 祇園祭の長刀鉾に使われている長刀のうち、二代目は三条長吉の作であり、「平安城住三条長吉作/大永二年六月三日」と銘が入る。年代からすると、五代長吉の可能性があるが、詳細は不明。「長刀鉾の長刀」の項参照。

國長  

  • 菅原長吉の子という。
  • 銘は京都住人菅原國長

友長  

  • 國長の弟という。
  • 銘は菅原友長

吉長  

  • 銘は平安城住吉長、三條吉長、三條布施吉長

長光  

則光  

  • 平安城則光