海老名宗近

海老名宗近(えびなむねちか)  

短刀
銘 宗近(号 海老名宗近)
(※徳川美術館所蔵)

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    海老名宗近 在銘長一尺一寸二分 無代 大坂御物

    • 海老名宗近の目貫や笄には桐紋が入っており、これは金工家後藤家によるものであったという。

由来  

  • 海老名の由来は不明。古来刀剣書では、地名または人名からの由来を示唆する。
  • それによれば、海老名は相模国の地名からという。また海老名氏にちなむともいわれる。

    義朝幕下に海老名源の秀定、義詮公(足利)の御時に海老名信濃守、松永弾正与力に海老名氏の者あり

来歴  

  • もと東山御物(足利義政の佩刀)であった。
    「海老名宗近」の名は、すでに室町時代中期以降の書物にいくつか記載されている。「長禄二年以来申次記」(室町時代中期成立、長禄2年=1458年)、「三好筑前守義長朝臣亭御成記」(永禄4年=1561年)、「慈照院殿年中行事」(慈照院殿とは足利義政のこと)などに見ることができる。
  • 慈照院殿年中行事には「正月元日の御剣」と書かれている。
  • その後の経緯は不明だが、三好長慶が所持し、長男三好義興が永禄4年(1561年)3月30日に将軍足利義輝を自邸に招いた際に献上している。

    永禄四辛酉歳三月晦日、三好筑前守(三好義興)就被申御成、進物事
    一、七献 御太刀安綱、 御腰物宗近、号海老名小鍛冶

    全リストは「名物」の項を参照。

  • のち信長が入手し、孫の三法師織田秀信が所持していた。
  • 後に秀吉に伝わり、尾張徳川家に伝来したとされる。
    • しかし現在徳川美術館所蔵の小鍛冶(御物こかぢ)は、長さが異なっており造りも異なっている。目釘孔や彫り物でも別物とされ、元々「太閤御物刀絵図」で「御物こかち、九寸八分、ヤ」と書かれていたものであるとされる。このため、海老名宗近は大坂落城の折に焼けて失われたとされる。

海老名小鍛冶写し  

  • 康継により、写しが作られている。

    短刀
    海老名小鍛治写し
    銘 なんばんかね 三条こかち迫
    裏 越前国康継 本多飛騨守所持内






その他の海老名  

海老名南阿弥(えびな なあみ)  

  • 同朋衆として足利義満に仕えた謡作曲者。「海老名(えびな)の南阿弥陀仏」、南阿弥。
  • 観阿弥(かんあみ)を義満にひきあわせ、能が発展する機会をつくった。「東国下(とうごくくだり)」「地獄」の曲舞(くせまい)を作曲したことで知られる。永徳一年(1381年)没。
  • 遁世(とんせい)した関東武士の海老名六郎左衛門ともいわれる。また伊勢国阿漕が浦の海老名六左衛門という鰯売りともいう。

相模国海老名  

  • 相模の国分寺跡は、現在の海老名駅の500m東の台地上にある。
  • 国分寺造営は天平十三年(741年)の聖武天皇の詔によるものだが、当時相模国の国府は現在の平塚市にあったとされる。通常国分寺は国府の近くに建てられたが、相模国では当初から国府と離れたところに建てられたということであり、理由として諸説がある。※国府が海老名にあったとする説もある。

海老名五郎左衛門  

  • 山城国山科に海老名五郎左衛門と言う門徒がいた。吉崎から退去した蓮如が、本願寺再興を志した時に、土地を寄進することを進言。これにより山科本願寺が創建されることとなった。

相生市(播磨海老名氏)  

  • 兵庫県相生市は、鎌倉時代に相模海老名から地頭として矢野庄に着任した海老名一族が「相模生まれ」から相生と名づけたという。
  • また家督争いの結果、長治元年(1104年)に海老名家季が播磨国矢野庄に移住したとも伝わる。海老名家季は大島城(大嶋城)を築いたという。家季孫の盛重は、歓喜光院領矢野庄の役人となり、大島付近を相模の「相」を取り相生と名づけたという。
  • 南北朝期には赤松氏に属し各地を転戦、新田義貞方に大島城を焼かれたという。戦国時代には小豪族として赤松氏に属し、太閤検地の後、海老名氏は百姓身分になったという。