道誉一文字

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

道誉一文字(どうよいちもんじ)  

太刀
銘 一(名物 道誉一文字)
刃長80cm、反り3.8cm
御物
山里御文庫 御剣庫蔵(宮内庁管理)

  • 享保名物帳所載

    道誉一文字 長二尺六寸四分 代金 松平伊予守殿
    昔佐々木道誉老所持 貞享究

  • 差表中程に四寸ほど、鎺元一寸ほどの染みがある。
  • 中心うぶ、目釘孔2個。鎺元近くに「一」と在銘。

由来  

  • 佐々木道誉が所持していたことにちなむ。

来歴  

佐々木道誉  

  • 元は婆沙羅大名として高名な佐々木道誉所持。
    佐々木四郎高氏。道誉は法名。永仁4年(1296年)生まれ、文中2年(1373年)没。佐々木信綱の玄孫。

朽木家  

  • 天文(1532-1555年)のころ江州朽木谷にあった。
  • 享禄元年(1528年)、将軍足利義晴が京都の乱を避け3年ほど朽木稙綱のもとで滞留しており、その後も申次衆として将軍家から厚遇されている。この頃に渡ったとみられる。

越前松平家  

  • 越前福井城主の松平忠直の所持。
  • 子の松平光長に伝わる。

有栖川宮家  

  • 光長は越後騒動で流罪になったため、当時の二ノ宮(後西天皇次男)で後の有栖川宮幸仁親王の蔵刀となった。
  • 貞享元年(1684年)同家から本阿弥家にきて百枚の折紙が付いた。

尾張徳川家  

  • その後の来歴は不明だが、尾張徳川家から備前池田家、南部家と渡った。
  • これは元禄11年(1698年)、尾張邸に将軍が御成の際に献上刀とするために、南部家に「亀甲貞宗」の譲渡を申し込み、返礼として尾張家から「道誉一文字」と「綾小路行光」の短刀を贈ったものである。
    鞘書に「道誉一文字御刀 尾張中納言綱誠卿より被進」と記載があるが、佐藤氏はこれは池田家から尾張家への贈答の返却であるという。ただし、「亀甲貞宗」の逸話では尾張家と南部家が直接やりとりを行ったとされ、その時の返礼としてあわせて「綾小路行光」の短刀も贈っている。

南部家  

一、道誉一文字 御太刀 二尺六寸四分
白鞘 貞享元年 代金百枚折紙 尾張中納言綱誠公被進 本阿弥公義へ書上候也

  • 享保名物帳では「松平伊予守(岡山池田侯爵家)」所持となっているが、この時期は南部家にあったとみられる。享保13年(1728年)の「内史略」ではすでに同家所蔵となっている。
    ※一般にこの「松平伊予守」とは岡山藩2代藩主池田綱政を指しているとみられている。正徳4年(1714年)死去。3代藩主継政は大炊頭。また享保ごろの南部利幹は信濃守、大膳亮。さらに享保ごろの「松平伊予守」とは越前福井藩8代藩主松平吉邦を指すが、可能性は低い。

皇室御物  

  • 昭和3年(1928年)10月、東北地方への巡行の際に南部利淳から皇室に献上された。
    明治天皇の東北地方行幸の節、南部利淳から献上され御物となったともいうが、明治天皇の東北巡行は明治9年(1876年)と明治14年(1881年)の2回とされるため誤りと思われる。
     南部利淳は、南部家43代当主で、第15代盛岡藩主南部利恭の次男。明治17年(1884年)生れで、明治38年(1905年)に日露戦争で戦死した兄利祥の跡を継ぎ、43代当主となった。昭和3年(1928年)に長男南部利貞を18歳の若さで失ったため、昭和4年(1929年)に一條實輝公爵の三男實英(利英と改名)を長女瑞子の婿養子として迎えている。翌昭和5年(1930年)1月1日急逝。養嗣子の南部利英が44代当主となった。

    南部家は、幕末の当主南部利恭が明治17年(1884年)の華族令公布に際して7月7日付で伯爵が授けられた。その後大正3年(1914年)に侯爵への陞爵(しょうしゃく)を請願するも不許可となる。さらに昭和3年(1928年)9月5日、10月25日に同じく請願するがいずれも不許可に終わっている。献上はこの時期に行われたものとみられる。