こぶ屋藤四郎


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

 こぶ屋藤四郎(こぶやとうしろう)

短刀
銘 吉光
名物 こぶや籐四郎
8寸2分半
今日庵所蔵

  • 表裏刀樋。
  • 拵えは利休依頼により本阿弥光徳が作成したもので利休拵えと呼ばれる。赤銅の目貫は本阿弥家から譲り受けたもの。
Table of Contents

 由来

  • 加州金沢の商人、こぶ屋が所持していたことにちなむ。

 来歴

 商人こぶ屋

  • 元は金沢の商人こぶ屋が所持していたという。

 秀吉→千利休

  • のち千利休所持。
  • 天正19年(1591年)、利休は秀吉の逆鱗に触れ、堺での蟄居を命じられる。
  • 前田利家や利休七哲のうち古田織部細川忠興ら大名である弟子たちが奔走したが、助命は適わず、京都に呼び戻された利休は聚楽屋敷内で切腹を命じられる。享年70。
  • 切腹の際に使用したのがこの「こぶ屋藤四郎」である。
  • 利休の死後、本阿弥光甫が研ぎをした際に、手紙を付けて千宗室に返したという。

    一筆啓上候、弥御堅固の由珍重に存上候。藤四郎の御脇差拵申上とき申上候、ことのほか見事に○○○、此拵は祖父光徳に利休居士御たのみの様子愚父光瑳色々語申候、覚申○○○ことくに拵申候、下緒も利休このみのことくに申付候、目貫は手前に所持申候間いたし申候。御小刀は私細工に○○仕り○○存候へども延引いたし候間先高道也老へ相渡申候。安房守殿○真斉老にいかやうにも可有之候間御やり可被成候、近代の家の小刀など中々此拵に相応仕候間○○○○申間敷候、ときは平の藤四郎同然に御座候。恐惶謹言
       五月十五日     本阿弥光甫
     千宗室様
       尚々御脇差とき直も見事に罷成と一入可被御秘蔵

    判読できない部分が多いので意味が通らない箇所が多いが、拵えについては利休が特に本阿弥光徳(光甫の祖父)に頼んで作らせたもので、いろいろな話を父・光瑳が語っていたと述べている。また下げ緒も利休好みで、目貫については本阿弥家にあったものを付けたという。

  • 現存




 今日庵(裏千家)所蔵

  • 現在、今日庵(裏千家)所蔵という。
  • ※以下「刀長」に混乱があるが、載せておきます。
  • 一度外に出ていたこぶ屋藤四郎が千家に戻ったのは昭和12年(1937年)5月16日だという。「茶道月報」昭和12年7月號掲載の井口海仙氏の「竹陰抄」に書かれている。

     利休が割腹した刀は、藤四郎吉光の小脇差だつたと云ふ事である。
     この刀は、利休が豊公より拝領した刀と傳へられ、代々今日庵に傳つてきたのだが、明治初年外へ出てしまつた。
     玄々齋時代には、まだチャンとあつた様で、「今日庵年中行事」の一月元旦利休堂の飾り付中には、
     一、床 藤四郎吉光作の小脇差に刀懸巻物共御墨附莊る事
    とあり、同朝の式中には、
     一、お點前濟んで吉光寶劒拝戴の事。
    とあるから、今日庵にとつては、一番の家寶だつたのだらう。
     この吉光の小脇差には、又次の様な話が「武徳編年集成」に載せられている。
    (※骨喰藤四郎が大友義統より秀吉に献上された逸話略)
    此の骨喰吉光と、今日庵に傳つてきた吉光とが、同じ脇差であつたかどうかは、私にはわからない。
    (略)
     
    この原稿を書き上げたのは四月の上旬頃で、實は前號即ち六月號に掲載するともりでゐたのだが、都合で他のものを書いて、此の原稿は保留しておいたのだが、それがかへつてよかつた。
    何故なら、行衛がわからないと書いた今日庵傳來の吉光の小脇差が、偶然にも、今日、今日庵に寄贈されてきたからである。
     
    小脇差を寄贈して下さつたのは、松山市の素封家で現貴族院議員仲田傳之𨱛氏で、五月十六日朝、突然今日庵を訪問され、家にこんな刀があるが、家元に重要な品なら、寄贈してもいゝと語られたので、淡々齋も傳來品目録や記録には、チャンと出でゐるが、皆目行衛が知れなかつたものだけに、大變な喜びで、ぜひにと懇望されたので、それはと、同日午後別項會記の如く、利休堂に於てその寄贈式が擧げられ、仲田氏により居士の像前に、何十年ぶりかで、由緒ある小脇差が供へられたのである。
     
    さて吉光の小脇差は、本阿彌家の鑑定が直書された白鞘造りで、錦の袋に包まれ、本阿彌家の極書と共に桐箱に収められてゐる。
     その箱の蓋には、
      洛東粟田口藤四郎吉光在銘
       小脇差 長七寸三分 本阿彌副箱あり
           傳來   精中宗室
    と、玄々齋が甲書してゐる。尚本阿彌家の極書は、吉光たる事正眞、刄文見事、重寶とされるべし、と云つた事が書かれてゐる。
    刀身は、極く細身で、一點の曇、いさゝかの刄こぼれもない。
    此の小脇差には、黄金造の見事な造りがあつた筈でそれがために、「本阿彌副鞘あり」と玄々斎が書附してゐられるので、先きに白鞘造りと書いたのは、その副鞘の事らしく、したがつて、造りと、傳來の文書の軸物と、刀掛の三點が缺けてゐるが、これは、又玅斎時代に、今日庵から持ち出されて、仲田氏の先代が入手される迄に、諸處を轉々として賣り歩かれてゐたらしいから、その間に散逸してしまつたのだらう。
     
    とにかく、此の原稿に、すばらしい、くゝりが出來た事を私は喜んでゐる。(十二年五月十六日夜)

    この著者「井口海仙」とは、13代千宗室の3男として生まれた人物。名は三郎、号は宗含。機関誌「茶道月報」を主宰。戦後は淡交社社長として茶道書の出版、執筆に活躍した。なぜ井口氏が「武徳編年集成」の骨喰藤四郎の逸話を引用したのかは不明だが、秀吉の内意を伝えるために松井友閑と千利休が派遣されたことをなにか勘違いされているのか、あるいはこの「こぶ屋藤四郎」と大友氏から献上された骨喰藤四郎とを結びつける話が千家に伝わっていたのかも知れない。
     玄々齋こと精中宗室とは、裏千家11代家元。号は精中、玄々斎(げんげんさい)。三河国奥殿藩4代藩主(大給)松平乗友の五男として生まれ、のち10代柏叟宗室(認得斎)の養子となった。文政9年(1826年)に認得斎が没すると、その長女萬地と結婚して11代家元となった。
     又玅斎こと直叟玄室(ゆうみょうさい)は裏千家12代家元。京角倉家・角倉玄祐の子として生まれ、のち10代玄々齋の婿養子となった。

    仲田傳之𨱛(でんのじょう)氏とは、実業家で貴族院議員でもあった人物で、名は包利。父は仲田傳之𨱛包直氏。昭和7年(1932年)から昭和14年(1939年)まで貴族院議員。昭和16年(1941年)没。
    その長男が伊予合同銀行副頭取の仲田包寛氏。昭和38年(1963年)没。

  • なお、寄贈式の様子も同号に載っている。

    傳來の短刀還へる
     
    今日庵傳來品の一つ、豊公より利休拝領の吉光の短刀は、別項「竹陰抄」に書かれた如く、傳來品中でも特に重要な品であつたが、明治初年に他の傳來品等と共に市場に出で、その後行衛さへも判明しなかつたが、計らずも松山市仲田傳之𨱛氏より今日庵へ寄贈されることとなり、五月十六日その受納式が、利休堂に於て擧げられた。

  • このように、明治初年まで今日庵に伝わり儀式にも使われていた伝来の宝刀であった「こぶ屋藤四郎」だが、明治初年12代又玅斎の代に他の伝来品と共に売り出され、一時は行方もわからなくなっていた。
  • しかし昭和12年(1937年)5月16日に松山市の貴族院議員・仲田傳之𨱛(包利)氏より寄贈の申し出があり、同日に受納式が行われた。14代千宗室(無限斎碩叟宗室。淡々斎)の代に戻ってきたことになる。

    五月十六日朝、突然今日庵を訪問され

  • 問題は刀長で、上記井口海仙の「竹陰抄」では「長七寸三分」と書かれている。しかし「刀剣史料」四十九号(昭和三十八年一月一日発行)の表紙にも「こぶ屋藤四郎」の写真が登場しており、そこには「長さ八寸三分半」となっているが、同号の本文中、向井敏彦氏による「武将武人の愛刀熱――(一)」では「こぶ屋藤四郎 長さ八寸二分半」となっている。「竹陰抄」が"八寸"を"七寸"と誤記したのだと考えれば矛盾はほぼ無くなる。
  • ただし、井口海仙氏も利休が割腹した刀について書いており、その刀が寄贈された旨も書いており、これが「こぶ屋藤四郎」と伝えられていることは事実である。
  • 伝来についてもう一度整理すると、以下のようになる。
  1. 金沢の商人こぶ屋
  2. 秀吉
  3. 千利休(切腹に使用)
  4. 本阿弥光甫が研ぎをした際に、手紙を付けて千宗室に返した
  5. その後明治まで裏千家に伝わる
  6. 10代玄々齋の箱の裏書き
  7. 明治初年、11代又玅斎の時に流出
  8. 諸處を轉々
  9. 素封家・仲田傳之𨱛包直氏入手(包利氏の父)
  10. 貴族院議員・仲田傳之𨱛包利氏に伝わる
  11. 昭和12年(1937年)裏千家に寄贈される
  12. 現在も裏千家所蔵


  • 裏千家前家元、15代目である千玄室(鵬雲斎)氏も、「NHKアカデミア」で次のように出征の前夜に父から見せられた旨の話を語っている。

    利休が切腹した脇差し、粟田口吉光(あわたぐちよしみつ)という脇差しが私の家にあります。私は初めて出征する前の晩に、父から、三方に乗せられた利休の切腹した脇差しを見せてもらいました。父は一言も言いませんでした。私はそれを恭しくいただいて「私は切腹できるかいな」と。二度と家に帰って来られない。もう出たら戦死ですよ。死を覚悟で出て行かないといけない。父、母、兄弟、友人たち、皆に別れを告げて出ました。
    NHKアカデミア 第30回 <茶道 裏千家 前家元 千玄室>② - NHKアカデミア - NHK

    ※2024年4月の記事による。裏千家15代目千玄室(鵬雲斎、汎叟宗室。ほううんさい)氏は、14代目家元無限斎碩叟宗室(淡々斎)の長男。なお15代が学徒出陣したのは昭和18年(1943年)で、上記受納式より6年後ということになる。
     父である裏千家14代千宗室は、通常淡々斎と呼ばれるが、これは結婚を機に大伯父・九鬼隆一男爵から命名されたものであり、その後、大徳寺で得度した際に管長・円山伝衣老師に授けられた「無限斎」が正式な号となる。
     同様に15代家元は、生まれた際に祖父で13代家元である円能斎が命名した幼名が政興、若宗匠となって宗興となり、家元を継承して千宗室となり、代を譲った後の現在は隠居名の千玄室を名乗る。大徳寺管長である後藤瑞巌老師により得度して「鵬雲斎玄秀宗興居士」の号を得ている。

  • 上では茶室咄々斎に呼ばれた経緯は詳しくないが、2023年4月の産経新聞「話の肖像画」では次のように語っている。

     その前日のこと。夕食後、父に茶室「咄々斎(とつとつさい)」に呼ばれました。6歳のときに稽古始めをしたお茶室です。
     父と向かい合って座りますと、一振りの刀を置いて拝見するようにといわれました。それは利休居士自刃の刀として伝わる脇差し(左腰に差すよう作った短い刀)の「粟田口吉光(あわたぐちよしみつ)」でした。わが家にとって非常に大切なもので、長男の跡取り息子である私も、このとき初めて拝したのです。ただただ圧倒されて見つめていました。
     なぜ出征を前に刀を拝見するようにいわれたのか。このときの私は、父の思いにまで考えが至りませんでした。必ず生きて帰り、利休居士からの茶の湯を受け継いでいかなくてはならないということを伝えたかったのかもしれません。一方の母も、口に出すことはありませんでしたが、入隊が決まってからはたいへん気落ちした様子でした。


Amazonプライム会員無料体験