織田有楽斎

織田有楽斎(おだうらくさい)  

安土桃山時代から江戸時代初期の大名・茶人
織田信長の弟
従四位下、侍従
号 有楽斎如庵

生涯  

  • 織田信秀の十一男。信長の弟にあたる。
  • 天正2年(1574年)尾張国知多郡を与えられ、信長の長男織田信忠の旗下に組み入れられている。
  • 天正9年(1581年)の京都御馬揃えでは信忠・信雄・信包・信孝・津田信澄の後に続いている。

本能寺の変  

  • 本能寺の変の際は、信忠とともに二条御所にあったが、有楽斎は城を脱出し、近江安土を経て岐阜へ逃れた。
  • その後は甥の織田信雄に仕え、検地奉行などを務める。小牧・長久手の戦いでは信雄方として徳川家康に助力している。
  • 戦後家康と羽柴秀吉の講和に際して折衝役を務めている。また、佐々成政と秀吉の間を斡旋したともいう。天正16年(1588年)、豊臣姓を下賜されている。
  • 天正18年(1590年)の信雄改易後は、秀吉の御伽衆として摂津国島下郡味舌2,000石を領した。この頃、剃髪して有楽斎と称す。姪の淀殿とは庇護者として深い関係にあり、鶴松出産の際も立ち会っている。

関ヶ原  

  • 家康と前田利家が対立した際には徳川邸に駆けつけ警護している。関ヶ原の戦いでは東軍に属し、長男長孝とともに総勢450の兵を率いて参戦する。
  • また長男長孝が戸田重政、内記親子の首を取ると有楽斎も石田家臣の蒲生頼郷を討ち取るなどの戦功を挙げている。
  • 戦後、有楽斎は大和国内で3万2,000石、長男長孝は美濃野村藩に1万石を与えられた。
  • その後も豊臣家に出仕を続け、淀殿を補佐した。大坂冬の陣の際にも大坂城にあり、大野治長らとともに穏健派として豊臣家を支える中心的な役割を担った。
  • 大坂夏の陣を前にして再戦の機運が高まる中、家康・秀忠に対し「誰も自分の下知を聞かず、もはや城内にいても無意味」と許可を得て豊臣家から離れた。

隠棲  

  • 大坂退去後は京都に隠棲、茶道に専念し趣味に生きた。
  • 元和7年(1621年)12月13日京都で死去。享年76。

子孫  

  • 庶長子の長孝は、東軍として参加して戦功を挙げ、野村藩1万石を与えられて大名に取り立てられている。この長孝の次男が前田家重臣である加賀八家の村井長次の養子となり、3代当主となっている。
  • 嫡子の頼長は関ヶ原の戦い後も父とともに豊臣秀頼に仕えた。また、父の創始した茶道有楽流を継いだ。
  • 四男長政と五男尚長は元和元年(1615年)に父が隠棲した際に、有楽斎が大和国内に領する3万石を分割して1万石ずつを与えられた。四男長政が戒重藩(後の芝村藩)、五男尚長が柳本藩の藩祖であり、いずれも1万石の外様大名として明治まで続いた。

茶人  

  • 千利休に茶道を学び、利休十哲の一人にも数えられる。
  • 後には自ら茶道有楽流を創始した。また、京都建仁寺の正伝院を再興し、ここに立てた茶室如庵は現在、国宝に指定されている。

逸話  

本能寺脱出  

  • 本能寺の変の際に、信忠に自害を勧めたのは有楽斎だとする説がある。「義残後覚」「明良洪範」などの後世の書では、有楽斎の逃亡劇は「織田の源五は人ではないよ お腹召せ召せ 召させておいて われは安土へ逃げるは源五 むつき二日に大水出て おた(織田)の原なる名を流す」と京の民衆たちに皮肉られたという。
  • なお長益の他にも前田玄以、水野忠重、山内康豊、鎌田新介(信忠の介錯役)が二条御所から脱出している。

由来  

  • ツバキの一品種「太郎冠者」は別名「有楽」ともいうが、この名は長益(有楽斎)がこの品種を愛したことによる。学名もCamellia urakuである。
  • 東京都千代田区の有楽町(ゆうらくちょう)という町名は、長益の号「有楽斎」に由来し、茶人としても名をはせた有楽斎は関ヶ原の戦いのあと、徳川方に属し、数寄屋橋御門の周辺に屋敷を拝領し、その屋敷跡が有楽原と呼ばれていたことから、明治時代に「有楽町」と名付けられたとの説が流布している。
    しかしこれは、「有楽斎」の「有楽」と有楽町の「有楽」(ゆうらく)の文字が同一なことから生まれた俗説であり、有楽町は明治初期に有楽町、永楽町の二つの町名が新たに命名されたもので織田有楽斎とは関係ないとする説がある。
  • 数寄屋橋も有楽斎が拝領した土地に数寄屋を多く建てたことからの町名とも言われる。
  • かつて大阪に有楽斎が居住したといわれる場所に有楽町(うらくちょう)が存在した。現在の大阪市西成区天下茶屋3丁目の一部と岸里東1丁目の一部で、天下茶屋駅と聖天坂駅の中間に位置する区域は、有楽町が正式な住居表示上の町名であった。


関連項目