燭台切光忠

燭台切光忠(しょくだいきりみつただ)  


光忠
二尺二寸三厘
徳川ミュージアム所蔵(焼身)

  • 備前の刀工光忠(備前長船派)の作
  • 関東大震災で罹災し、長らく「現存しない」とされてきた。
  • 罹災美術品目録所載

    備前光忠刀號燭臺 無銘
    長二尺二寸三厘 鎺元九分九厘 横手下七分三厘 厚二分二厘 反五分
    傳云、仙台候政宗近侍之臣有罪、隠于褐銅燈架之陰、政宗之斬之、燈架倶落、故名之燭臺斫、燭臺乃燈架之俗称也
    義公賞臨于政宗第、正宗持此刀語其由、終乃置之座右、公将歸請是刀、政宗愛之不興、公乃強持之去云

  • しかし2015年4月末、焼身の状態で保管されていることが判明した。一般展示はされていない。

    燭台切光忠は残念ながら関東大震災で被災し焼刀となってしまいました。今も焼刀の状態で博物館に保管されています。
    徳川ミュージアムのブログ

    2015年5月17日に行われたミュージアムの説明によれば、火にまかれて焼けたのではなく、蔵の扉を開けた際のバックドラフト現象により二次災害として蒸し焼き状態になったもの。そのため全体が黒く焼けてはいるが形は元のまま。また金の鎺(刀身を鞘に固定するための金具)が融け、なかご近くに付着している。ただ蔵自体は無事だったため、保管刀の設置場所で残存刀の特定ができたという。戦時中、鉄不足の際に刀の取り上げがあったが、家宝のため供出を拒否したという。

由来  

  • 伊達政宗の小姓某に少々の不行跡の事があり、政宗より懲戒を与えられるも少しも懲りたところがなかったため、差していた光忠の刀で抜打ちにこの小姓を斬った。
  • 小姓は二つになって倒れたが、切先がその先にあった燭台を真ん中より切り落としたために以後「燭台切光忠」と号したという。

来歴  

  • 光忠作の刀を特に愛用した信長が所持し、その後秀吉へ伝わった。
  • 秀吉晩年の慶長元年10月、伏見城を築いていた頃の話。
    秀頼が生まれたため隠居城として最初に築いた指月伏見城が文禄5年(1596年)閏7月13日の慶長伏見地震により倒壊。その後、木幡山に築城しなおした木幡山伏見城築城の際の話と思われる。木幡山伏見城は1597年(慶長2年)に完成するが、その1年後の1598年(慶長3年)に、秀吉は伏見城内で没した。
  • 秀吉が度々伏見に登っていた頃、伊達政宗が淀川に浮かべる御座船を一艘造り献上し、その際に秀吉から拝領したのがこの光忠であるという。
  • 政宗は翌日には早速その刀を佩用し御前に出ているが、この時に秀吉が下賜したものの惜しかったのか、ふざけて捕り物をしたことが記録に残る。

    其翌日太閤普請場へ出て工事を見て居らるゝ処へ政宗昨日拝領の光忠の刀を指してお目見に出た処、太閤之を見て「昨日政宗に刀を盗れたり、小姓共あの刀を取返し候へ」と大聲に言るゝと小姓四五人バラゝと駆来るを見て、政宗笑飛し突のけて半町許り逃るを太閤「盗人であるが許すぞゝ早く参れ」と又呼はったので、政宗又御前へ出候云々
    (政宗記)同系統本である成実記、伊達日記にも同様の記述がある

    「半町許り」は約50mほどの距離。

  • 伊達家ではこれを秘蔵したが、ある時水戸徳川家の頼房から懇望され進上したという。
  • その後水戸徳川家に伝わった。
  • 一説には、3代将軍家光が水戸頼房に対し、「陸奥守(政宗)が光忠を差して参ったなら所望せよ、あの光忠は珍しい道具である」と話をしていたという。その後家光媒酌の場で頼房が政宗に「光忠を吾等に嫁入らせ候へ」と戯れにいったところ、政宗大いに笑って「秘蔵の子なれど上様の媒人ではいやとも言れまじ」といってそのまま進上したともいう。
  • 8代藩主徳川斉脩が編纂した「武庫刀纂」には、伊達家から水戸頼房がかなり強引に持ち去ったという逸話と、焼ける前の押形が収録されている。

    傳云、仙台候政宗近侍之臣有罪、隠于褐銅燈架之陰、政宗之斬之、燈架倶落、故名之燭臺斫、燭臺乃燈架之俗称也
    義公賞臨于政宗第、正宗持此刀語其由、終乃置之座右、公将歸請是刀、政宗愛之不興、公乃強持之去云

    「武庫刀纂」は徳川ミュージアム所蔵

  • 水戸徳川侯爵家に伝わったが、大正12年の関東大震災にて焼ける。


異説  

  • 長については、二尺二寸八分、二尺三寸など諸説ある。
  • 「燭台切」の伝来についてはっきりしているのは、経緯はどうであれ伊達家から水戸家に移ったものだけである。水戸家以前に押形など詳細な記録がないため、それ以外はすべて類推の域を超えない。
  • もし仮にそうであるとすると「伊達政宗が小姓ともども燭台を切った光忠が、その後水戸家に伝来した。」という実に無味乾燥な伝来となる。またなぜ水戸頼房がそこまでしてこの光忠に固執したのかという理由も不明になる。


タグ