新身

新身(あらみ)  

  • 新刀または刀身が健全なこと
  • なお新刀期とは、慶長元年~宝暦13年(1596~1763年)に作刀されたものを指す。

新刀の始まり  

  • 享保6年の神田白龍子の「新刃銘尽」、享保14年の「続新刃銘尽」が出された当時、慶長元年に作刀された新刀のことを新刃(あらみ)と呼ぶことが流行した。
  • しかし一般的な刀のことを新刀とも呼んでいる

    人の刀剣を見るに其欛鞘は聚工力を極めて以て金漆絲革の美を闘わす、其刄は庸常の新刀のみ、皆古人の深く愧づる処也

  • この当時、本阿弥家の代附は慶長までの作刀に対してのみ行っており、慶長以降の作刀に対しては代附を行っていない。
  • この本阿弥家の代附の有無がすなわち古刀新刀の違いであり、当時は代附の付かない新刀には経済的価値はなかったと思われる。

新刀の一般化  

  • その後に「新刀弁疑」や「新刀一覧」などの書物が発行され、その中で「慶長以来」のものを新刀というようになり、明治頃には「新刀」という呼び名が一般化したといわれている。

関連項目