石黒久呂

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

石黒久呂(いしぐろくろ)  

日本の刀剣商

生涯  

  • 石川県金沢市十軒町で生まれ、刀剣商として「石黒商店」を構えた。次弟の久治郎が金沢で古美術商を営んでいた。
  • 月の半分は東京で商いを行い、昭和10年(1935年)頃には全国屈指の刀剣商となる。
  • 得意先として、中島喜代一、篠原三千郎、斉藤茂一郎などの大蒐集家を抱えていた。
  • 昭和26年(1951年)癌で病没。

童子切の話  

  • 石黒は中島喜代一の依頼を受けて松平家所蔵の名物童子切安綱」を懇望するが戦前は売ってもらえなかった。しかし戦後になって松平子爵が十万円で売ってもいいということになり、石黒は大慌てで中島のところに行くが、中島は当時A級戦犯容疑を受けておりどうしても買うことができなかったという。
  • 困った石黒は、本間順治を頼ることとなり、本間より玉利三之助を紹介してもらってようやく十万円を工面したという逸話が残っている。詳細は「童子切安綱」の項を参照のこと。

扱った刀剣  

  • 代表的なものでは次のような刀剣に名を残している。
稲葉江
津山藩松平家伝来
石田正宗
津山藩松平家伝来
童子切安綱
津山藩松平家伝来
寺沢貞宗
紀州徳川家伝来
  • 中島喜代一氏をはじめとして、多くの愛刀家からの依頼を受けて刀剣を取り扱った。

所持刀剣  

  • 次の二口だけは、生涯誰にも譲らなかったという。
寺沢貞宗
紀州徳川家伝来
太刀
来国行

関連項目