八幡正宗


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

 八幡正宗(はちまんまさむね)

短刀
銘 南無八幡/正宗
刃長八寸七分

  • 相州正宗短刀
  • 中心うぶ、目釘孔1個。
  • 差表に「南無八幡」「正宗」と入る。

 由来

  • 「八幡より出る」とあり、近江国八幡、あるいは山城八幡のいずれかから出たものとされる。

 来歴

  • 埋忠押形によれば、もとは信長所持でのち家康に贈っている。

    信長よりしやうくん様江御上被成候

    この「将軍様」とは家康を指すとされるが、普通に考えれば被下候になるはずであり、足利将軍ではないかという指摘がされている。

  • いつごろか家康に伝わっており、家康は加賀前田家に与えたと見える。
  • のち寛永10年(1633年)12月、家光の養女阿智姫(清泰院、徳川頼房の四女)が前田光高に輿入れした際に、光高の父前田利常が、豊後行平太刀、「五月雨江」とともに献上している。
  • 明暦の大火で焼けるが、現存する。
  • 戦後、大垣城主戸田家の家臣で伊藤某氏より売りに出されたとされる。現在は「南無八幡」の「南」は完全に消え、「無」は残るが「八幡」は叩き潰されているという。

    先年、大垣城主戸田家(十万石)の家臣で、伊藤某という指南役の家から出てまいりました。
     作風を述べますと、刃長八寸五分(二五・六センチ)内反り、平造り、三つ棟。炒めよくつみ新藤五を見るようで、地沸えよくつき、鋩子は尋常小丸に返る。ハバキ上は再刃のため二重刃になり、元の焼き刃が残っております。再刃ながら地刃ともに見事であります。


Amazon Music Unlimited 30日間無料体験