注進物

注進物(ちゅうしんもの)  

鎌倉幕府が全国から注進させた刀工名簿

  • 全国の業物を報告させ、それを正和2年(1313年)正月11日に刀工別にまとめたもの。

    諸国に物の(すぐ)れて切れたること、証多く聞き及ぶを尋ね探りて、先代のとき記し定め置かれしものあり、同作注進繁多となり、又注進物の内、同銘多し、能々(よくよく)分別あるべし、諸国銘別これを記す

刀工  

山城
三条小鍛冶宗近、三条在国、粟田口吉国、了戒、五条国永綾小路定利、新御所作、十二神久国、菊作
大和
千手院行信、手掻平三郎包永、国重(相模新藤五郎)、大和長光、長円(豊後のち大和)
播磨
角国(播磨安頼子)、播磨時行
備前
備前三郎国宗、備前長原権守信房、信正、備前長船光忠、助近(備前または波平)、古備前助包、古備前吉包、守家、盛助、助行、備前福岡長則、宗正、助依、基近、介成、末光、永包、貞綱、高包、高綱、備前長船真守、政宗(三郎国宗子)、助久(助延子)、成宗、友綱(大和当麻友清子)、正恒、助村、備前長船長光、真光(備前貞真子)、真長光忠弟)、実成(友成父)、古備前友成、真高、重吉(国安または重吉初銘)、元恒、久則、吉真(貞真子)、一文字(則宗子)、是助(助包父)
備中
恒次
周防
清真(筑紫二王三郎清綱父)
筑後
善行(吉行)、利延(筑後三池)
薩摩
行仁(薩摩住法師)

その他  

  • 無銘が一振りあったが、粟田口物か大和物か鑑定がわかれたため、除外されている。
  • 真壁家にあった備前景光も切れるという評判であったが、当時としては現代刀であったため除外された。