南泉一文字

南泉一文字(なんせんいちもんじ)  


無銘
名物 南泉一文字
大磨上
重要文化財
徳川美術館所蔵

  • 享保名物帳所載

    南泉一文字 磨上無銘長二尺三分 尾張殿
    昔此刀にて猫を切たる事あり、径山寺南泉の事に依て名けたる由、秀頼公の御物なり、慶安十六年三月廿八日二條城へ渡御の節秀忠公へ上る又拝領。

  • 詳註刀剣名物帳

    南泉の事は傳燈録にも在り、慶安十六年とあるは誤りなり、慶長十六年三月秀頼公二條城へ赴き家康公に対面す此時南泉一文字と則重を贈ると徳川御実記にあり是なるべし、其のち尾張義直へ贈りしものか今も侯爵家に在り。

  • 鋩子は乱れ込んで焼き詰め風となる。中心は大磨上、無銘。目釘孔3個。

由来  

  • 号の由来は足利将軍家が所蔵していたころの話で、あるとき研にだしたときに、立てかけてあった刀に猫が触れてしまい真っ二つに斬れたという。

    相伝う、室町家軍府に在る日、工に命じて之を礪がしむ。之を壁に掛くるの際、一猫児あり、跳って刃に触れ、断たれて両段となる

  • このことと、中国の「碧巌録」第63則にみえる禅僧、南泉普願の故事「南泉斬猫」を結び付け、名付けられたという。

来歴  

足利将軍家  

  • 足利将軍家以来の名刀で、後に豊臣秀吉が所持。

秀吉  

  • 太閤刀絵図

    御物 ないせん 長さ二尺三分 一もんし

    • 無銘、南泉一文字

家康  

  • 慶長16年(1611年)、豊臣秀頼が京都二条城で徳川家康と会見した際に、家康に贈っている。

    御盃返し進らせらるゝとて。一文字の刀(南泉)。左文字の脇差を捧げらる

尾張家  

  • その後家康の遺品として尾張徳川家初代義直に贈られた。

    なんせん 一文字 秀頼より
    駿府御分物帳

  • のち将軍家に献上するが、また尾張義直に贈っている。
  • 義直が平岩弥五助に試させたところ、あまりに切れすぎ地面まで斬れ通ったため、弥五助は刀が折れたと早合点し「折れました」と叫んでしまったほどであったという。
  • 尾張家2代藩主の光友、3代綱誠、16代義宣らがこれを差し料とした。

    一 御指料 南泉一文字御少刀拵 和ニ作鞘しとゝめ斗
    (慶安四年卯三月 御腰物帳)

  • 9代宗睦は家臣に命じて「南泉一文字記」を書かせている。
  • 延亨3年(1746年)には、城下の研師竹屋九郎右衛門に研がせている。その後は研ぎ継ぎだけで今日に至る。


南泉斬猫(なんせんざんみょう)  

  • 禅の公案のひとつ

    南泉一日、東西の両堂、猫児を争う。
    南泉見て遂に提起して云く、道(い)い得ば即ち斬らじ。
    衆、対(こたえ)なし。泉、猫児を斬って両段となす。

  • 唐の昔、径山寺で東西両堂の雲水僧たちが一匹の猫をとりあっていた(猫の子の仏性の有無について争った)
  • それを見ていた南泉和尚が、猫の子をとりあげ「会得したところを明らかにせよ」といい、禅問答を迫った。
  • 雲水僧たちが答えられなかったため、南泉和尚は猫を一刀両断したという。