三種の神器

三種の神器(さんしゅのじんぎ)  

皇位継承の印で、八咫鏡草薙剣八尺瓊勾玉をさす
みくさのかむだから、さんしゅのしんき

Table of Contents

概要  

  • 日本神話において、天孫降臨の時に瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)天照大神(アマテラスオオミカミ)から授けられたという鏡・玉・剣のこと。
八咫鏡(やたのかがみ)
天照大神が天の岩戸に隠れた岩戸隠れの際、石凝姥命が作ったという鏡。
八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
大きな玉で作った勾玉。岩戸隠れの際に玉祖命が作り、八咫鏡とともに榊の木に掛けられた。
草那芸之大刀(くさなぎのたち)
草薙剣(くさなぎのつるぎ)のこと。須佐之男命が出雲簸川上で倒したヤマタノオロチの尾から出てきた剣。

神器  

是に、群臣、大きに喜びて、即日に、天皇の璽付(みしるし)を捧げて、再拝みてうえる

大伴金村大連、乃ち跪きて天子の(みかがみ)(みはかし)璽符(みしるし)を上りてまつる

群臣、奏して、(みはかし)(みかがみ)を武小広国押す盾尊に上りて、即天皇之位さしむ

大臣及び郡卿、共に天皇の璽印(みしるし)を以て、田村皇子に奉る

天豊財重日足姫天皇、璽綬(みしるし)を授けたまひて、位を禅りたまふ

物部麿朝臣大盾を樹て、神祇伯(じんぎのかみ)中臣大嶋朝臣天神の寿詞(よごと)を読み、(おわ)りて忌部宿禰色夫知神璽の剣鏡を皇后に奉上り、皇后天皇の位に即く
(持統天皇四年(690年)正月条)

最期の持統天皇四年(690年)正月条によれば持統天皇即位時に臣下の忌部氏が剣と鏡の二種を献上したとする。

平家都落ち  

  • 寿永2年(1183年)7月平家都落ちの際に持ちだされる。
  • 元暦2年(1185年)の壇ノ浦の戦いで安徳帝と共に赤間関に沈んだが、鏡と勾玉は無事だったという。この時、後鳥羽天皇は三種の神器が無いまま後白河法皇の院宣を根拠に即位している。
  • 正平一統の後に南朝が一時京都を奪還して北朝の三上皇を拉致する際に神器も接収したため、北朝の天皇のうち後半の後光厳天皇・後円融天皇・後小松天皇の3天皇は後鳥羽天皇の先例にならい神器無しで即位している。
  • 南朝保有の神器は、1392年(元中9年/明徳3年)に足利義満の斡旋による南北朝合一の際に、南朝の後亀山天皇から北朝の後小松天皇に渡った。
  • 室町時代の1443年(嘉吉3年)に、南朝の遺臣が御所へ乱入し神器を奪う「禁闕の変」が起こり、剣と勾玉が後南朝に持ち去られたが、剣は翌日に早くも発見され、玉はその後1458年(長禄2年)に奪還された。
  • 明治時代には、南北両朝の皇統の正統性をめぐる「南北朝正閏論」と呼ばれる論争が起こるが、最終的には明治天皇が、三種の神器保有を根拠に南朝を正統と決定する。

剣璽の間(けんじのま)  

  • 御所の天皇の寝室の隣に土壁に囲まれた塗り籠めの「剣璽の間」があり、そこに神剣(天叢雲剣の形代)と神璽(八尺瓊勾玉)が安置されている。
  • 神鏡(八咫鏡の形代)は宮中三殿の賢所に神体として唐櫃に納められて安置されている。

剣璽動座  

  • 戦前は天皇が一泊以上の旅行のため皇居(宮城)を離れる時に、侍従が神剣と勾玉を捧げ持ち随行した(剣璽動座)が、第二次世界大戦後は警備上の都合で取りやめられた。天皇の即位後の神宮参拝、式年遷宮後の参拝の際には携行されている。

現代の神器  

  • 今上天皇は、昭和64年(1989年)1月7日に宮殿松の間での「剣璽等承継の儀」にて神器を継承した。
  • 国事行為たる儀式として、剣・璽及び国璽・御璽を侍従長が新天皇の前にある机に置く短い儀式が皇位継承後まもなく10時01分より宮殿の正殿松の間で行われ、テレビ中継された。