浅井一文字


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

 浅井一文字(あざいいちもんじ)

太刀
銘一
二尺一寸六分

  • 享保名物帳所載

    浅井一文字 在銘長二尺一寸六分 代千五百貫 松平美濃守殿
    江州浅井備前守長政殿所持、其後如何なる伝なるや尾張大納言殿御若年の時御所持、元和三年丁巳年四月四日守家三枚の御太刀筑前守殿に下さると御帳にある由光室覚書に在り、其刻一所に拝領歟、松姫君様御入輿以後右刀千貫にて松平美濃守殿へ宰相殿より被遣、其後来り代上る

    • いつごろからか分からないが、尾張義直が若年の時より所持しており、元和3年(1617年)に前田利常が(将軍秀忠から)守家三枚を拝領した時に本刀も一緒に伝わったと本阿弥家の記録にあり、その後、松姫(尾張3代綱誠の娘、綱吉養女)が前田吉徳に嫁いだ宝永5年(1708年)以降に前田家より美濃守殿(柳沢家)へ千貫で伝わったという。
  • 本阿弥家伝名物帳」では加賀守殿(前田家)、芍薬亭本名物帳では美濃守殿(柳沢家)となっており、この間に柳沢家に譲渡されたと見られる。
Table of Contents

 由来

  • 北近江の戦国大名浅井(あざい)長政所持にちなむ。

 来歴

 信長

  • 織田信長が所持か。
  • 永禄11年頃、浅井家との同盟が成り、お市の方が輿入れしている。その際に、信長から一文字を、また長政からは石割兼光を贈ったという。

    永正十一年七月二十八日に信長卿より浅井備前守方へ使節を以申させ給ふは、(略)備前守には一文字宗吉の御太刀并に鎗百本、しちら百端、具足一領、御馬一疋を引給ふ。父久政には黄金五十枚、御太刀一振を給はる。(略)其時長政は家重代の備前兼光太刀、名を石わりといふ一腰、近江綿二百把、同じく国の名物布百疋、月毛の馬一匹、定家卿の藤川にて被レ遊し近江名所つくしの歌書二册進上して御禮申上る。
    (浅井三代記)

    • 信長より:一文字宗吉→長政、御太刀一振→久政
    • 信長へ:備前兼光太刀「石わり」
    • ※この時の一文字が浅井一文字かどうかは不明。

 浅野長政→茶々

  • 天正元年(1573年)8月に浅井長政が自害すると、一文字の刀は形見として長女茶々(淀殿)に伝わる。

 尾張徳川家

  • 慶長20年(1615年)の大坂の役で行方不明となるが、後に尾張徳川家に伝わる。
    徳川義直は慶長6年(1601年)生まれ。大坂冬の陣には14歳で初陣しており、翌年の大坂夏の陣の際には15歳。

 将軍家

  • 元和3年(1617年)4月、尾張義直が将軍秀忠に献上している。
    将軍家腰物帳には「丁巳四月四日、尾張宰相殿江御成ノ時進上」とあるが、御成ではなく拝謁の際に献上している。そもそもこの時には「江戸邸成らず、故に本多美濃守(忠政)邸を以て仮宿とす」と書かれている。鼠穴屋敷地を拝領するのは同年9月。

 前田利常

  • 同年5月、秀忠から前田利常に下賜。本阿弥光室の覚書にも記されているという。

    十三日松平筑前守利常の邸に渡御あり。(略)廣間へ成せられて利常へ守家の御太刀。一文字の御刀。平野藤四郎の脇差。(此御脇差は中納言利長さきに献ぜし所なり。)

    太刀守家、刀貞宗、脇差新身藤四郎(略)利常是ヲ献ス

  • 寛文8年(1668年)に代千貫の折紙

 柳沢吉保

  • 宝永5年(1708年)以降に柳沢吉保に譲っている。柳沢家の時に代千五百貫になる。

 山県有朋

  • 廃藩置県後、明治4年(1871年)10月に柳沢家から売りに出されたものを、山縣有朋が譲り受ける。
    • 明治5年(1872年)10月赤井梶蔵が拝領し、その後旧臣の土倉某が三百円で入手していたものを、日清戦争の戦勝記念として本阿弥光甫筆の巻物を添えて山縣に贈ったという。
  • なお今村長賀は「剣話録」で、西郷従道が入手して砥ぎ直しさせ、その後山縣が入手したのだとする。

    是は過る(明治)十三年八月に西郷侯が之を取寄せられ、其節本阿彌平十郎に磨直させ、其節度々見た事がある。本阿彌光甫自筆の傅來の巻物が添へてあつた。是は唯今公爵山縣家に傅つて居る。

  • つまり明治13年(1880年)8月に西郷が取寄せ、本阿弥平十郎に砥がせた。その際に今村長賀も拝見しており、本阿弥光甫自筆の伝来をしるした巻物が付属したという。巻物まで拝見したと言っているのでさすがに嘘ではなく、あるとすれば年月の記憶違いだろうと思われる。
    なお西郷隆盛は明治10年(1877年)没で、正三位だったが爵位はない。死後に官位褫奪され無位になるも、明治22年(1889年)大日本帝国憲法発布時に大赦され正三位を追贈された。
     弟の西郷従道は侯爵。華族令で勲功のあったものが授爵したのが明治17年(1884年)なので、今村のいう「西郷侯」とは西郷従道を指している。なお西郷従道は明治35年(1902年)没。ちなみに山縣有朋は大正11年(1922年)まで生きた。
  • これらを強引に矛盾なくつなぐとすれば次のようになる。
  1. 江戸期に柳沢吉保が入手
  2. 明治5年(1872年)10月:赤井梶蔵が拝領
  3. 明治13年(1880年)8月:西郷従道が取寄せ
  4. のち土倉某が三百円で入手 ※これが西郷のあとと考えれば矛盾はない
  5. 明治28年(1895年)5月:日清戦争の講和成立
  6. この頃:(土倉某が?)戦勝記念として山縣に贈った

 焼失

  • 山県有朋の死後には養子の山縣伊三郎氏が所持したが、大正12年(1923年)の関東大震災で消失。焼け跡から残骸も見つからなかったという。
    この時の記録では「長二尺六寸五分」となっているが誤記と思われる。

Amazonプライム会員無料体験