鉋切長光

鉋切長光(かんなぎりながみつ)  

太刀
長光
名物 鉋切長光
刃長63.9cm、反り2.3cm
重要美術品
徳川博物館所蔵

  • 備前長船派長光
  • 享保名物帳所載

    鉋切長光 在銘長一尺九寸五分 代金二十五枚 御物
    昔し蒲生氏郷所持、佐々木へ被遣、秀吉公へ上る相国様へ進せらる天正の頃なり、其後秀忠公へ進せられ何れの時拝領か、森内記殿家に在り延宝の初上る
    鉋切りと申す仔細は大昔江州堅田に又五郎と云者あり、此刀を所持す、ある時化生の者、日比出入致候大工となり来る、伊吹山へ同道にて行き、山中にて気色變るに付切掛ける、彼者鉋にて受るを鉋共に切ると云

由来  

  • 享保名物帳によれば、江州堅田の佐々木六角判官高頼の郎党堅田又五郎という武士が、この長光を所持していた。
  • 又五郎が、出入りの大工と共に江州伊吹山へ出掛けたとき(伊吹山の麓で大工と道連れになったとも)、伊吹山山中で大工が突然恐ろしい形相に変わり、堅田又五郎に襲いかかってきたという。
  • 堅田又五郎がこの小太刀で斬りかかると、大工は鉋(かんな)で受けるが鉋もろとも真っ二つになって姿を消してしまったという。それ以後この小太刀を「鉋切」と号されるようになったという。

来歴  

佐々木(六角)氏  

  • この小太刀は、その後佐々木氏が召し上げ、永正(1504)のころ佐々木氏綱が所持している。そこから六角義賢(承禎)に伝わっている。
  • ある時義賢が重い病にかかりそれは大工の祟りだというので、誰かが堅田又五郎の身代わりとなって死んだうえで「長光」を寺に奉納するということになり、一族の鯰江美濃守定実が身代わりとして生きながら愛知郡愛東村の百済寺(ひゃくさいじ)内の竜花院に埋葬されたという。
    百済寺は、金剛輪寺、西明寺とともに「湖東三山」の1つとして知られる。現滋賀県愛知郡愛東町。

信長  

  • 永禄11年(1568年)信長は六角義賢を降伏させた後にこの「鉋切長光」も召し上げたと見える。
    六角義賢親子は観音寺城落城後に支城の鯰江城に篭もる。この際に支援を行ったのが百済寺であり、信長の焼き討ちを受けている。この時に入手した可能性がある。また上記の話しを聞いた信長が直接買い求めたともいう。

丹羽長秀  

  • 天正7年(1579年)には、信長から丹羽長秀に対して、周光茶碗を召し上げ、その代物として鉋切の腰物を与えたという。

    先年丹羽五郎左衛門拝領の周光茶碗召し上げられ、その御かわりと御定候、鉋切の御腰物下さる。作長光、一段出来物、系図これある刀なり。
    (信長公記 巻十二波多野成敗)

    周光茶碗は元は安土城普請の褒美として与えたもの。

蒲生・将軍家  

  • その後、「鉋切長光」は蒲生氏郷に渡った。
  • 氏郷の死後、寛永元年(1624年)4月14日、3代将軍家光が蒲生邸に臨んだ時に、孫の蒲生忠郷より徳川家光に献上され、以後将軍家の蔵刀となった。

    献物は行平太刀貞宗の脇差。長光刀(銘銫切といふ)

津山藩森家・将軍家  

  • 寛永3年(1626年)11月将軍秀忠が前田利常の娘を養女にして津山藩森忠広に輿入れした際に、婿引出として「鉋切長光」と「当麻国行」の脇差を与えている。
    森忠広の父は森忠政。忠政は鬼武蔵長可や森蘭丸などの末弟。
  • 森忠広が早世して弟の内記長継が津山藩主を継ぎ、延宝2年(1674年)に致仕の挨拶の折に将軍に献上している。
  • 延宝6年(1678年)9月本阿弥家で二十五枚の折紙をつけ、延宝8年(1680年)11月には将軍綱吉から嗣子徳松に(築山御前遺愛品の朱短刀銘光包とともに)下賜されたが、三年後に徳松が夭折したため、再び将軍家に戻っている。

水戸家  

  • 大正12年の関東大震災の時、東京にあった水戸徳川家の蔵刀が消失してしまったため、徳川本家から火事見舞いとして、この長光が水戸徳川家へ贈られた。
  • 以来水戸徳川家に伝来し、昭和24年4月13日に重要美術品に認定され、現在に至る。


鉋丸(かんなまる)  

太刀
来国行

  • 「金丸」とも
  • 由緒不明