朱判正宗

朱判正宗(しゅはんまさむね)  

脇差
名物 朱判正宗
一尺二分

  • 享保名物帳所載

    朱判正宗 朱銘長一尺二分 代金五百枚 紀伊殿
    表裏樋、反り有り、忠表「元和二」下に「正宗」、表に光徳朱判と有之、紀伊中将殿御入輿の刻拝領

  • 金五百枚の折紙つき
  • 平造り、表裏に刀樋。鋩子尖る、中心うぶ、目釘孔2個。

由来  

  • 朱判にちなむ。
    朱判とは、朱漆で鑑定銘を入れたものをいう。本阿弥家では()中心(なかご)無銘のものに限って入れる決まりとする。光徳、光室、光温、光常、光忠らの朱銘入の刀剣は、在銘品と同様に扱われることがある。

来歴  

  • 元和2年(1616年)に本阿弥光徳が朱銘を入れている。「元和二 正宗」、裏に「光徳(花押)」
  • 万治元年(1658年)閏12月10日、前田綱紀が襲封の御礼に、祖父利常の遺物としてこの正宗を献上する。

    前田綱紀 加賀守 利常の孫 致仕肥前守 松雲院 寛永二十年生る、正保二年八月廿一日襲封を謝するの時、新藤五国光の御脇差を賜ふ、此日父(光高)が遺物秋田正宗の刀、密庵の墨跡、この村肩衝の茶入を献ず、万治元年閏十二月十日、祖父(利常)が遺物朱判正宗の脇指、漢瓢箪の茶入、定家筆の伊勢物語を献ず
    (寛政重修諸家譜)

    秋田正宗とは「石井正宗」のこと。漢瓢箪の茶入とは「上杉瓢箪」のこと。

  • 貞享2年(1685年)3月6日、5代将軍綱吉の娘鶴姫が紀州徳川家綱教に輿入れした挨拶で登城した際に、この正宗郷義弘の刀を拝領した。

    ○六日紀伊邸に阿部豐後守正武御使し。(略)。御盃下さるゝ時。綱教卿へ御引出物とて。義弘の御刀。朱判正宗の御脇差たまひ。光貞卿に當麻の御刀。武藏正宗の御脇差たまふ。