初花肩衝

初花肩衝(はつはなかたつき)  

唐物肩衝茶入
銘 初花
大名物
重要文化財
徳川記念財団所蔵

  • 大正名器鑑所載

    初花肩衝 漢作 大名物
    侯爵 徳川家達氏蔵

Table of Contents

法量  

  • 高さ8.8cm

由来  

  • 形状及び釉色が優美かつ婉麗であり、春先に他の花に先駆けて一番に咲く花を思わせることから、足利義政が名付けたという。

    此茶入を初花と名けたるは足利義政なりと言ひ傳ふ、蓋し其形状釉色優美妍麗にして天下の春に魁する初番に名花の如しとの謂なるべし。

来歴  

  • 来歴概略
    足利義政─鳥居引拙─大文字屋疋田宗観─織田信長─織田信忠┐
                                │
    ┌───────────────────────────┘
    │
    └松平親宅─徳川家康─豊臣秀吉─宇喜多秀家─徳川家康──┐
                                │
    ┌───────────────────────────┘
    │
    └松平忠直─松平備前守─綱吉─柳営御物─徳川記念財団
  • 日本に伝来する以前は楊貴妃の油壺であったともいう。

東山御物  

  • 足利義政が所有し、初花と名付ける。

大文字屋  

  • 戦国時代には鳥居引拙、のち上京立売の大文字屋疋田宗観の所持となっている。

    右大文字屋宗観は珠光の弟子松本宗護弟子にて、利休の時分は宗観の子宗味に候。

    鳥居引拙は屋号天王寺屋。村田珠光の弟子で、「楢柴肩衝」、「蕪無しの花入れ」などを所持した。引拙所有の茶器は「引拙名物」と呼ばれ、三十種類あったとされる。それらの多くが後に秀吉所有となった。

  • のち名物狩りで初花肩衝を献上する。大文字屋宗観は「疋田筒」と呼ばれる茶碗も所持していたが、こちらは隠し通し献上しなかったという。「疋田筒(大文字屋筒)」は、利休所持の「曳木の鞘」および「浪速筒」と並び天下三筒と呼ばれる。

    此大文字屋筒は、宗観、初花肩衝と同様に所持致居り、初花は信長へ上り候へ共、此筒は所持致居候事。

信長  

  • 永禄12年(1569年)織田信長名物狩りを行い、真っ先にこの初花を召し上げたとされる。

    永禄十二年己巳二月二十七日
    然而信長金銀米銭御不足無之間、此上者唐物天下の名物可被召置之由御諚候て、先づ
    一上京大文字屋所持の 初花
    一祐乗坊の      富士茄子
    一法王寺の      竹杓子
    一池上如慶が     蕪無し
    一佐野        鷹の繪
    一江村        もゝそこ
     〆

  • 結果信長の所有となる

    初花 内大臣信長公(東山御物内別帳)
    初花肩衝 信長公御所持(天正名物記)

信忠  

  • 天正5年(1577年)に家督を信忠に譲った際に、茶道具を譲っているが、その中にこの初花肩衝が入っている。

    天正五年丁丑十月二十八日、岐阜中将信忠卿、安土に至て御出。信長公より御名物御道具被参候
    一初花     一松花
    一雁の繪    一竹子花入
    一くさり    一藤なみの御釜
    一道三茶碗   一内赤盆

本能寺の変  

  • 天正10年(1582年)の本能寺の変の際にも信忠は、この「初花肩衝」を携帯していたとされる。
  • 変の後、三河国長沢の代官松平親宅(松平念誓)が見つけ出し、天正11年(1583年)4月にこれを家康に献上。この功により諸役免除を許されている。
  • 天正11年(1583年)5月、家康は賤ヶ岳の合戦の戦勝祝いとしてこの初花肩衝を石川数正を使いとして秀吉に贈っている。

    初花 元越後家、松平備前守所持、今御城にあり。初花御茶入、備前守上る、卽日金四万兩被下と御勘定御帳面に有之、代金四萬兩。
    天正十一癸未五月二十一日、以石川伯耆守一正、柴田退治を賀し、初花の壺を贈らる。此壺は参州長澤浪客松平清蔵入道念誓が、此度神宮へ献ずる所なり。念誓最初は清太夫とも云へり、松平兵庫頭勝宗が庶子たりと云へども、故ありて民間住居、同十二甲申年三月、長澤の松平念誓に尋簡を賜ふ、是は去年初花壺(茶入也)を献ずる故なり。此節の詞に、茶入を壺と称し、壺を葉茶壺と云へり。
    太閤秀吉遺物、備前中納言秀家所持。(名物記)

秀吉  

  • 天正11年(1583年)7月には披露している。

    天正十一年七月二日晝 筑州様於大坂御城初而御會
                 宗易 宗及
    初花御肩衝 御茶を入られ候四方盆に
    初花前より小形に見え候、形りも前より下ほそに覺候、能もなき心也、土能く候、藥前より藥うすにかわき心に覺候、口のつくり肩の衝きやうなど、言語道断也、肩の衝きやうなで肩にまるみあり。一段面白候。

  • 秀吉の歿後、宇喜多秀家に形見分けされるが、関ヶ原の戦いのあと家康に献上される。

家康  

  • 大坂の役ののち、家康はこれを松平忠直に与えている。

    朝臣(越前少将忠直朝臣)御本陣に参謁せられしかば、朝臣の手を取らせ給ひ、今日の一番功名ありてこそ、げに我が孫なれとて、いたく御賞誉あり、(略)当座の御引出物として、初花の御茶入をたまはり云々(徳川実紀附録)

    なお松平忠直(または弟の松平忠昌)が「大坂の役の功は我一人の功にあらず、茶入も私すべきものではない」として粉々に砕いてしまったという伝説がある。しかしこれは越前福井藩松平家に「初花」という別物の茶壺が伝わっており、それに大疵があるために後世の人が創った話であるとされる。この「初花肩衝」と混同されている「初花茶壺」は現存し、福井市立郷土歴史博物館所蔵。

  • 忠直の後が不明だが、元禄11年(1698年)12月6日に上総大多喜城主であった松平正久(大河内松平宗家3代。松平備前守)より綱吉に献上され、4万両が与えられている。

    元禄十一年十二月六日松平備前守上(上御道具記)

    初花御茶入、備前守上る、卽日金四万兩被下と御勘定御帳面に有之、代金四萬兩。(名物記)

    なぜ越後高田藩に伝わっていた「初花」が大河内松平家に伝わったのかはよくわかっていない。大河内松平家の初代松平正綱は、家康の側近として重用され、一時的にお梶の方(英勝院)を下賜されていた人物。すぐに家康のもとに戻され、家康最後の子である五女市姫を生んでいる。市姫は伊達忠宗と婚約するが4歳で夭折したため、その代わりに忠宗に嫁いだのが孝勝院振姫(池田輝政の娘)である。

    一説に、松平忠直から子の光長に伝わり、光長が越後騒動で改易されると「初花肩衝」は姪にあたる女二の宮(光長妹・亀姫次女)が預かったという。のち光長に戻るが、元禄11年(1698年)に養嗣子である松平長矩(松平宣富、越後守)が津山藩主になると同年12月その御礼として幕府に献上されたとする。
    しかし上記文献、「大正名器鑑」、文化財指定の説明では「松平備前守」から綱吉への献上となっている。

  • その後は柳営御物として代々将軍家に伝わり、徳川宗家18代の徳川恒孝が創設した徳川記念財団の所蔵となる。
  • 昭和34年(1959年)12月18日重要文化財指定。