五月雨江

五月雨江(さみだれごう)  


無銘 郷義弘
名物 五月雨郷
重要文化財
徳川美術館所蔵

  • 享保名物帳所載

    五月雨江 磨上長二尺三寸四分 代二百五十枚 御物
    五月雨の頃極るに付異名とするなり、元と光瑳取出し大方宇津の目利なり、初肉丸く見分難し、光瑳肉すき取り研直し光室此作に極る、筑前守長政御求め秀忠公へ上る、御城御廣間に於て御拭の節御老中方御列座なり、此刀にばかり毎度露の掛りたる様に見ゆる五月雨とは能く名付たりと仰られ候由、是は加州に有之光甫鞘の内へ油を引おかれ候故なり、家光公より尾張中納言へ聟引出に遣はされ、其頃五千貫の代付なり中将殿御結婚の時分、中納言殿より遣はされ元禄十年御遺物として上る

    • 鞘書きには二尺三寸七分。大磨上無銘。

由来  

  • 由来は、五月雨の季節に「郷義弘」と極められたからとも、また五月雨の季節にこの刀が打たれまるで霧のように美しいことからともいう。
  • 実は、本阿彌某が手入れのために刀身に油を塗り過ぎ油染みを起こしたため、何時見ても霞がかった刀に見えたという。

    是は加州に有之光甫鞘の内へ油を引おかれ候故なり

来歴  

  • 本阿弥光啄がどこからか掘り出し、本阿弥光瑳が研ぎ直し、刃肉が多くついていたために採ってしまい、本阿弥光室郷義弘に極めたという

    元光瑳取出し大方宇津の目利也、初め肉丸く見分け難し、光瑳肉すき取研直し光瑳此作に極る

    「宇津の目利」は「宇多の目利」ともいう。越中宇多物のこと。

  • 黒田長政がこの刀を買い求めた。
  • 長政死後、元和9年(1623年)に遺物として秀忠に献上
  • 大広間にて老中方列席の前で御覧の際、秀忠公は「この刀は毎度霧のかかったように見える。五月雨とはよく名づけたものだ」といったという。
  • 寛永6年(1629年)正月、前田利常が筑前守から肥前守に、またあわせて長子犬千代(光高)が元服して従四位下に叙任された際に、光高が拝領している。

    よて中納言利常卿に来国次の御脇差、筑前守光高に正宗の御脇差を給はり、利常卿より吉光の脇差並銀三百枚、光高より信光の太刀、銀千枚献ず、大御所より利常卿に則国の御脇差、光高に五月雨郷の御脇差をたまはり、利恒卿貞宗の脇差並銀三百枚、光高吉次の太刀、銀五百枚献ず

  • 寛永10年(1633年)12月、徳川頼房の四女大姫が将軍家光養女として加賀藩主前田光高に嫁いだ際に、前田利常が献上している。

    利常卿へ正宗の御脇ざし賜はり、返盃して又五月雨郷の刀、正宗の脇差を献ず

    この時、将軍家から前田利常へ「和歌山正宗」、前田光高には「太郎作正宗」および「信濃藤四郎」が贈られた。これに対して利常から、行平太刀、「五月雨江」、「八幡正宗」が、また光高からは一文字の太刀が将軍家に献上された。

    なお前田家記録では、その後寛永17年3月28日に家光が前田家御成の際に献上したとする。

  • 寛永16年(1639年)9月、徳川家光の娘千代姫が徳川光友に輿入れする際に、引き出物として徳川秀忠から尾張2代藩主徳川光友に下賜され、尾張徳川家に伝来した。

    (寛永十六年九月)廿八日干代姫御方西城の奧へ まうのぼりたまふ。右兵衞督光友朝臣もまうのぼられ。 白木書院にて御對面あり。 眞守の太刀。 時服五十。 卷物五十。 銀千枚獻ぜらる。大納言義直卿も定利の太刀。 時服五十。 綿五百把。 金百枚さゝげらる。 御盃つかはされ。 光友朝臣へ五月雨郷の御刀。 吉光の御脇差を引出物し給ひ。 義直卿へ 貞宗の御刀。 大森吉光の御脇差をつかはさる。

  • この時同時に「上野貞宗」および「後藤藤四郎」も拝領している。
  • このころ五千貫の代付け。享保ごろには二百五十枚に格上げされた。
  • 徳川光友の子、徳川綱誠(3代藩主)が、寛文7年(1667年)9月に広幡忠幸の娘新君と結婚したのを祝して光友が与えている。
  • 徳川綱誠が死去すると、元禄12年(1699年)7月25日に遺物として綱吉に献上。
  • この時に附けられていた後藤宗乗作の三所物も残っている(個人蔵)。

    元禄十二年卯七月二十五日
     五月雨江御刀之       尾張中納言殿
       御三所物赤銅三ツ桐 宗乗作   遺物

  • 「五月雨江」はそれ以来将軍家に伝来する。
  • 昭和19年(1944年)3月徳川宗家第17代当主である徳川家正から、徳川美術館に寄贈。礼金として五万円が贈られた。
  • 現在、徳川美術館所蔵