頼光四天王


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

 頼光四天王(らいこうしてんのう)

源頼光が率いたとされる4人の家臣のこと。

Table of Contents
  • 平安時代末の成立と見られている「今昔物語集」で登場している。

       頼光郎等共紫野見物語第二
    今昔、摂津ノ守源ノ頼光ノ朝臣ノ郎等ニテ有ケル平ノ貞道・平ノ季武・□ノ公時ト云フ三人ノ兵有ケリ、皆、見目ヲ鑭々ク、手聞キ魂太ク思量有テ、愚ナル事尤カリケリ、然レハ東ニテモ度々吉キ事共ヲシテ、人ニ被恐タル兵共也ケレハ、摂津ノ守モ此レ等止事无キ者ニシテ、後前ニ立テソ仕ヒケル、
    (今昔物語集 巻28本朝世俗)

    他にも、巻25本朝世俗「依頼信言平貞道切人頭語る第十」、巻27本朝霊鬼「頼光灯籠平季武値産女語第三十三」、巻29本朝惡行「袴垂於關山虚死殺人語第十九」などに登場する。

  • 建暦2年(1212年)~建保3年(1215年)成立の「古事談」には次のように載る。

    頼光朝臣(六孫王満仲男也)遣四天王等打清監之時(清原元輔男)(大宰少監清原致信)、清少納言同宿ニテアリケルカ、依似法師欲殺之間、爲尼之由云エントテ、忽出開云々、

    清原致信は、清原元輔の子で、「枕草子」で知られる清少納言の兄。
     ただし、史実では清原致信は頼光ではなく、頼光の実兄である源頼親(大和源氏祖)に殺害されているので、これ自体は作り話である。源頼光は治安元年(1021年)に死んでいるが、その死後、坂上田村麻呂・藤原利仁・藤原保昌とともに中世の伝説的な武人4人組の1人と紹介されるようになり、やがて源頼光の率いていた郎党のイメージが増幅され四天王として形成されたと見られている。

 渡辺綱

  • 渡辺舎人綱。
  • 羅生門の鬼と戻橋の鬼を退治、「髭切」(鬼切)所持
  • 嵯峨源氏源宛の子で、摂津源氏の源満仲の娘婿である仁明源氏の源敦の養子となり、摂津渡辺に住す。
  • 養父源敦が源満仲の郎党に推し、満仲の死後は源頼光に仕える。

 坂田公時

  • 坂田靭鞍負公時。
  • 酒田足柄山の金太郎、波切所持
  • 母は足柄山の山姥であったという。
  • 足柄山の金太郎の力を試すために最後に戦った人物。勝負はつかなかった。

 碓井貞光

  • 碓井荒二郎貞光。
  • 一説に平貞道といい、父は平良文(村岡五郎)であるという。

    頼光朝臣の郎等に、平貞道と云ふ武士有りけり

  • この碓井貞光の子に平忠通があり、これが三浦氏・鎌倉氏らの先祖になったという。
  • 石切所持
  • 身の丈七尺の大男で、戸隠神社のお告げにより源頼光に仕える。
  • 足柄山の金太郎の力を試すために卜部季武の次に戦った人物

 卜部季武

  • 卜部六郎季武。
  • 平季武。
  • 父は卜部兵庫季国、母は三島の卜部尼公。父は源満仲に仕え、源頼光とその母を救った。その功績で卜部季武は頼光に仕えることとなる。
  • 平家重代の名刀「痣丸」所持。備前吉岡の守恒作という
  • 足柄山の金太郎の力を試すために最初に戦った人物

Amazon Music Unlimited 30日間無料体験