師匠坊肩衝


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

 師匠坊肩衝(ししょうぼうかたつき)

唐物肩衝茶入
銘 師匠坊
大名物
出光美術館所蔵

  • 「師匠坊肩衝」、「四聖坊肩衝」
Table of Contents

 由来

  • 東大寺の四聖坊所蔵にちなむことから、正しくは「四聖坊肩衝」だが現在では「師匠坊肩衝の名で知られる。

    奈良東大寺内四聖坊の什物なりしを以て此名あり。四聖坊は元正倉院境内に在り東大寺建立の聖武天皇、良辨僧正、行基菩薩、菩提僊那の四聖像を安置せし寺院なれば、四聖と云ふが正しけれども、古來師匠若くは師聖と書きて通用せり。

    四聖坊(ししょうぼう)は東大寺の一坊で、聖武天皇、開基良辨(良弁僧正)、勧進行基、導師菩提仙那(僊那。渡来僧ボーディセーナ、婆羅門僧正とも。東大寺大仏殿の開眼供養法会で導師を務めた)の御影を祀っていた。「師匠坊」あるいは「師聖坊」とも書く。天文~桃山期の宗助および英助は、茶を能くし名画・名物の収集で知られた(四聖坊什物、四聖坊名物)。

 来歴

 東大寺四聖坊

  • かつては四聖坊の所蔵であった。

    志しやう坊 奈良東大寺師聖坊にあり

    永禄四年庚申年十月、四聖坊栄助茶湯初に
        円順 壽𤪙 宗林 紹佐 松與七 久政
    一、床 牧渓 瓜の繪
    一、肩衝袋白地金襴
    一、夕陽 天目

  • 様々な茶会記に載り、天正の頃までは四聖坊にあったと思われる。
  1. 永禄3年(1560年):松屋
  2. 永禄4年(1561年):松屋
  3. 天正4年(1576年):宗及
  4. 天正13年(1585年):宗久
  5. 天正15年(1587年):宗湛
  • なお慶長4年(1599年)には小早川秀秋の所有となっていたのか、使用歴がある。

    慶長四年後三月九日晝 伏見にて
     筑前中納言様御會   宗湛 一人
     四畳敷ゐろり床に肩衝(四聖坊)袋に入れ四方盆にすゑて云々
    肩衝は四聖坊より参候也、藥は浅くしてはげ高に懸る肩と口付との間に筋一つあり、帯はなし、口付の筋もなし肩張るなり、土赤めなり、底絲切なり

    小早川秀秋は、天正17年(1589年)に元服し、豊臣秀勝の所領であった丹波亀山10万石を与えられ、文禄3年(1594年)に小早川隆景と養子縁組し小早川秀俊となっている。文禄4年(1595年)に秀次事件に連座する形で丹波亀山城を没収されるが、同年中に隆景が隠居したため、その所領である筑前30万7千石を相続して筑前国主となった。慶長の役後に越前北ノ庄15万石へ転封するが、秀吉の死後の慶長4年(1599年)2月、再び筑前筑後59万石へと復帰している。関ヶ原の戦い後に宇喜多秀家領であった備前・美作・備中東半の岡山55万石へと移された。

 家康

  • 家康の所有となる。

 山内一豊

  • 慶長8年(1603年)に山内一豊へこの肩衝を与えている。

    慶長八年三月廿五日、從四位下に叙し、土佐守にあらたむ、この年師聖坊の茶入をたまふ

  • 慶長10年(1605年)、山内忠義が跡を継いだ際に、遺物として献上。

    慶長十年十一月十三日遺領を繼、父が遺物師聖坊の茶入を獻ず

 藤堂高虎

  • 元和2年(1616年)、家康の遺命により藤堂高虎に下賜。

    元和ニ年二月、東照宮不豫、高虎駿河に参り、晝夜病床に侍す、此時の仰に、若し國家に大事あらんには、一の先手には高虎ニの先手には井伊直孝と定め云々。今は名殘と思しめさるゝなりとて、御盃を賜ふ、此時高虎が手を取らせられ、こまごまと仰あり薨御の後、豫め御遺命ありしにより、師聖坊の茶入をたまふ

  • 元和9年(1623年)、高虎は「遅桜肩衝」などと共に披露している。

    元和五年九月二十三日晝
      藤堂和泉守様 關才次の所にて
              客 中坊左近様 二人
       床に
        遲櫻肩衝 佐伯肩衝 四聖坊肩衝
       上に
        瀬戸肩衝
       右四つ飾にて御茶被下候

 家光

  • 元和7年(1621年)10月、子の藤堂高次はこれを将軍家光に献上した。

    元和七年十月、大猷院殿に父の遺物師聖坊肩衝、貞宗の脇差輝東洋の懸幅を獻ず

 酒井忠勝

  • 寛永12年(1635年)8月に酒井忠勝の辰口邸に臨んだ際に下賜。

    酒井忠勝號空印寛文十二年八月二十ニ日、將軍忠勝が居邸に渡御あり、四聖坊の茶入、貞宗の御刀を拝賜す

 家綱

  • 酒井家より幕府に献上したのか、家綱の代に度々使用されている。
  1. 寛文10年(1670年)
  2. 延宝2年(1674年)
  3. 延宝5年(1677年)

 紀州徳川家

  • 延宝7年(1679年)3月に、家綱はこれを紀州徳川家2代光貞に下賜。

    延宝七年三月二十八日
    御黑書院西湖之間にて、紀伊中納言殿へ御料理被進之、酒井雅樂頭御老中御挨拶以後、於表御圍御花手前被爲遊、御前御圍にて師匠坊御茶入拝見之節、則御茶入御茶共に被進之、御頂戴被成候

  • 元禄11年(1698年)4月、光貞隠居の際に献上。

 加賀前田家

  • 元禄15年(1702年)4月、綱吉が前田綱紀邸に臨んだ際に下賜。

    元禄十五年四月二十六日、將軍綱吉、前田綱紀が邸に渡御ありて經書を講じさせたまひ、男吉徳及一族御前に候し、家臣等も之を拝聴す。此日國宗の御太刀正宗の御刀、吉光の御脇差、及師匠坊の御茶入、(略)を恩賜せらる

    けふの賜物、綱紀に備前國宗の御太刀・銀三千枚・時服百・繻珍百卷・天鵞絨五十卷、御盃のとき島津正宗の御刀・吉光の御さしぞへ、内々より師匠坊肩衝の茶入、又左衞門(前田吉徳)に備前長光の御太刀・令五十枚・時服五十、御盃のとき貞宗の御刀、(略)
    献物は、綱紀より備前長光太刀・鞍馬一疋・金三百疋・時服百・緞子五十卷 いろ繻子五十卷・猩々緋三十間・綿五百把、御さかづきのとき郷の刀(村雲江)、新藤五國光のさしぞへ、内々より茶壺[きつや 肩衝]・徐熈の畫幅・箱肴、又左衞門より助長の太刀・銀三百枚・羽二重百疋、御さかづきのとき左文字のかたな、

  • 以後代々加賀藩前田家に伝来した。
  • 大正8年(1919年)、高橋義雄が前田邸で実見している。

Amazon Music Unlimited 30日間無料体験