篠ノ雪

Table of Contents

永井家蔵「篠ノ雪(ささのゆき)」  

兼定
二尺三寸三分

  • 「笹の雪」
  • 二代兼定(之定)作
  • 笹雪、片桐與三郎の切り付け銘があったとも伝わる。
    • 池田輝政は、これとは別に「笹露(ささのつゆ)」という似た名前の刀にも逸話を残す。そちらでは八田豊後の所持。
      刃長諸説:二尺二寸三分、二尺二寸五分、二尺三寸三分、二尺三寸六分、など。

      銘諸説:表「兼定」(之定)裏「片切与三郎」、永井家伝では表「兼定 笹ノ雪」裏「片切与三郎」、阿部家伝では表「兼定 笹ノ雪」裏「片切与三郎」とあったといい、”笹”と”篠”で揺れている。

      作異説:永井家の江戸留守居役小川平太夫は、兼定ではなく孫六兼元と鑑定していた。

由来  

  • 切っ先に触れると、まるで笹の葉に積もった雪が落ちるかのように斬れるという切れ味にちなむ。
  • ある時池田勝入斎が多数の刀の試し切りを行わせた際に、不死身の死囚がありいかなる名刀でも斬れなかった。しかし片桐与三郎が名乗りを上げたので斬らせてみると、ものの見事に斬れ、土壇まで払ったという。そこで青竹を切ってこさせて重ねて斬らせてみるが、青竹ごと切れたという。
  • そこで池田勝入斎は「篠ノ雪(笹の雪)」と呼ばせ、所望して遂に自分の所有にしたという。

来歴  

池田家  

  • 元々は池田勝入斎家来の片切与三郎の愛刀であったが、その切れ味に惚れ込んだ池田勝入斎が召し上げた。
  • その後池田勝入斎が長らく愛用したが、小牧長久手の戦いにおいて池田勝入斎が中入れを行った際、永井伝八郎(直勝)に討たれ、「篠ノ雪」も分捕られてしまう。
    • この際に逸話あり。安藤直次の項に後述。

永井家  

  • この大功により、伝八郎は家康から三河に戦国の知行を与えられ、さらに「篠ノ雪」も与えられたという。

    刀ハ二尺三寸、其銘和泉守兼貞、篠ノ露ト云名刀、脇指ハ一尺五寸、其銘大道、鑓ハ十文字、長サ八寸、横手六寸、其銘兼太郎ト云々

    大将を討捕事無比類働と御感、勝入帯剣之篠雪と號する刀被下之、永井家に傳之

    十二年四月九日長湫の合戦に直勝廿ニ歳、敵の大将池田紀伊入道勝入が首をとつて、見参に入る。即ち其賞を行はる、北畠殿大に感じ玉ひて、入道が佩きす太刀給ひぬ徳川殿千石を給ひぬ、入道が佩きす太刀は篠の雪といふ

  • その後池田光政(勝入斎の孫)に贈るが、数日後光政から厚意を謝して返送されたという。
  • のち永井直勝の嗣子尚政は、四男の伊予守直石を分家させ知行七千石とともにこの篠ノ雪を伝えた。
  • 直石には不器量な娘がおり、旗本の阿部大学(志摩守正明)が「篠ノ雪とともに娘御を頂きたい」と申し入れてきたために贈ったという。直石の養子である修理直品が刀の由来を尋ねており、そのころには永井家にはなかったことになる。

永井・阿部  

  • 文政のころの林培斎も安部正信家蔵としており、幕末まで同家に伝わったとされる。
  • ところが、享保のころ吉宗の上覧に供した際には永井家から提出したという。享保18年(1733年)6月19日、御用番の松平左近将監が永井家の留守居役に「篠ノ雪」がまだあるなら上覧に備えよと命じたため、永井直亮は当時大坂御定番であったため、代わりに家臣の小川平太夫が持参し、7月15日に提出。将軍一覧の上で27日に小川を通じ返している。
  • 寛保元年(1741年)および寛延4年(1751年)にも直亮の嗣子信濃守直国の許にあったため、一族が拝見している。しかし安永8年(1779年)11月には永井の分家である永井靭負の所蔵となっている。
  • 明治38年(1905年)の上野博覧会には、本家の永井侯爵家から出品されており、このことから永井・阿部の両家に「篠ノ雪」があったことになる。


永井直勝  

  • 永井伝八郎は元は家康の長男である信康の寵臣。
  • 信康が自刃すると、一時隠棲するが、小牧長久手の前には家康に仕えていた。
  • 伝八郎は後に二千石を加増され三千石となり、さらに小田原の戦いでも加増され、五千石となる。
    後に、池田恒興の次男池田輝政が家康の次女の督姫を娶った際、輝政の求めに応じて、長久手の戦いで恒興を討ち取った際の事を語ったという。このとき、輝政が直勝の知行を聞くと5,000石であった。輝政は父を討ち取った功績の価値が5,000石しかないのかと嘆息したという逸話が有名。
  • 朝鮮にも出陣し、豊臣姓と従五位に叙せられ、右近大夫となる。
  • その後も加増が続き、上野小幡藩主、常陸笠間藩主と移り、下総古河藩初代藩主の際には7万2,000石を与えられた。
  • 作家の永井荷風や三島由紀夫が子孫にあたる。直勝と大河内秀綱次女の由利姫との間に生まれた正直が荷風の12代前の祖先であり、その他にも能楽師野村万作、小説家の高見順と娘の高見恭子なども子孫にあたる。
  • また直勝と阿部正勝の娘との間に生まれた尚政が三島の11代前の祖先にあたる。


安藤直次  

  • 小牧長久手の戦いで池田勝入斎を討ち取った際に万千代違いがあったという逸話が有名である。
  • それによると、井伊万千代(直政)と衆道の間柄であったという安藤直次が、戦前に家康に呼ばれ、「戦の経験があまりない万千代に手柄を立てさせてやってくれ」と直々に頼まれたという。
  • 安藤直次は見事大将首である池田勝入斎に槍を付け、「万千代!万千代!」と後詰している井伊万千代を呼んだが井伊万千代は離れており、それとは別の方角から別の武者が池田勝入斎の首を掻き切ったという。
  • これが永井伝八郎であり、永井伝八郎の幼名も万千代であったという。安藤直次は(井伊万千代ではなく)永井伝八郎と衆道の間柄であったために功を譲ったとも伝わる。

生涯  

  • 安藤直次は幼少期から家康の近習として仕えた。
  • 小牧長久手の戦いでは池田勝入斎や森長可を討ち取る活躍をし、家康から弓を拝領している。
  • 慶長15年(1610年)、家康の命により徳川頼宣(長福丸)付の家老に任じられる。その後も大御所家康の側近として駿河政権に参画する。
  • 元和3年(1617年)遠江掛川城主。その後元和5年(1619年)7月19日に頼宣が紀伊和歌山城に移ると、紀州藩附家老として紀伊田辺藩3万8,000石の初代藩主となった。

大坂夏の陣  

  • 附家老として年少の頼宣に代わって軍を率いて参戦する。
  • 陣中で嫡子の重能が戦死してしまい、軍が乱れてしまったという。その時家臣が重能の遺体を収容しようとするが、「(息子の遺体を)犬にでも喰わせろ!」と言って見向きもせず、軍の建て直しを成功させる。しかし直次は戦後に重能の死を深く悲しんだという。

主君への諫言  

  • ある時紀伊頼宣がささいなことで怒り、刀の鞘で家来を殴りつけたという。その話を聞いた直次は駆けつけるなり、主君頼宣の両膝をものすごい力でつかみその非を諭した。あまりの力強さに頼宣の膝には痣が残ったという。
  • 頼宣は、後年になってもこの時できた膝の痣を家来に見せ、「この痣がなければ、今ごろ紀州藩はなくなっていただろう。」と安藤直次の忠義を懐かしんだという。




田中吉信「笹の雪」  

笹の雪
三尺八寸

  • 筑後梁川城主田中兵部大輔吉政の次男、田中主膳正吉信の差料。
  • 自ら「笹の雪 払へば落る此刀 持ち主田中主膳なりけり」と詠み、これで頻り(しきり)に手討ちにしていたという。
  • 剣術の師某を手討ちにした時、誤って時分の膝を傷つけ、それが破傷風になり、19歳で早死した。

島田義助作「笹雪」  

笹雪
銘「於江戸源義助南蛮鉄」裏「笹雪 延宝二」

  • 駿州島田義助の作

兼定作「四ツ胴落とし笹雪」  

銘表「かねさた 笹雪」裏「四ツ胴截断」

  • ”笹雪”だけが銀象嵌で、ほかは金象嵌。

越中守正俊作「ささのゆき」  

ささのゆき
越中守正俊作

  • 越中守正俊在銘。「ささのゆき」も正俊が切ったもの。

備中山城大掾国重作「笹ノ雪」  

笹ノ雪

  • 備中山城大掾国重作の脇差
  • 金象嵌「笹ノ雪