三の丸尚蔵館

三の丸尚蔵館(さんのまるしょうぞうかん)  

宮内庁所管の博物館
皇居東御苑内

概要  

  • 1989年(昭和64年)昭和天皇が崩御されると、皇室財産の整理が行われた。
    皇室財産は課税対象で、昭和天皇崩御の際には香淳皇后が配偶者控除を受け、長男の今上天皇が全額を支払われている。

国庫寄贈品  

  • この時に「皇室御物」と呼ばれた古美術品は、一部の御由緒物を除いた美術品類約3,180件(約6,000点)が平成元年(1989年)6月、皇室より国に寄贈された。
  • これらの国有財産となった美術品類を、適切な環境で保存研究し一般に公開する目的をもって、皇居東御苑内に平成4年(1992年)9月に「三の丸尚蔵館」が建設され同年11月3日に開館した。
  • 計画当初は保存研究を主目的とした「収蔵庫」として建設を計画し、収蔵品の公開については博物館・美術館への貸出等を行って展示することを検討していたが、皇室の意向により三の丸尚蔵館内に展示室を設けることになった。

御由緒物  

  • 三種の神器」を始め、歴代天皇の肖像・宸筆、皇室の儀式に用いる屏風や刀剣類など、皇室にゆかりの深い品は皇室経済法第7条により、「御由緒物」として引き続き皇室の私有財産とみなされた。

    第七条  皇位とともに伝わるべき由緒ある物は、皇位とともに、皇嗣が、これを受ける。(皇室経済法)

収蔵品  

  • 現在約9,800点の美術品類を収蔵
  • 昭和天皇崩御後の皇室美術品類約3,180件(約6,000点)。
  • 平成8年(1996年)10月、故秩父宮妃のご遺贈品。
  • 平成13年(2001年)4月、香淳皇后のご遺品。
  • 平成17年(2005年)10月、故高松宮妃のご遺贈品。
  • 平成26年(2014年)3月、三笠宮家のご寄贈品。

刀剣類  

若狭正宗
[旧皇室御物] 刀 無銘 正宗
京極正宗
[旧皇室御物] 短刀 銘 正宗
浮田志津
[旧皇室御物] 短刀 無銘 志津
長船光忠
太刀 銘 備前国長船光忠。1933年岩崎小弥太から献上。
正家
太刀 銘 正家
行光
短刀 銘 行光