甲斐国江

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

甲斐国江(かいくにごう)  


磨上無銘
二尺一寸二分

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    甲斐江 長二尺一寸二分 無代 御物
    不知由緒、鎬角にほそき樋ありこぼれ有り

  • 磨上無銘、長さ63.5cm、鎬造り。
  • 中心先切、目釘孔2個。
  • 鎬筋の上に細い樋。中心差裏に素剣の彫り物。

由来  

  • 甲斐武田氏所持。

来歴  

甲斐武田氏  

  • 元は甲斐武田氏重代の刀。
  • 信玄はもと二尺九寸あった大太刀を二尺七寸に磨上させ、その旨をナカゴに彫りつけ佩用していた。子の武田勝頼に伝わり、その時に二尺一寸三分に磨上げたこの郷義弘と左文字を最期まで佩用したという。

信長  

  • 寄せ手の滝川一益が分捕り、稲田九蔵にもたせて信長に送っている。
    蘭台筆記では天正10年に分捕ったものの一益が隠しておいた。それをあとで秀吉に献上したという。

家康→秀吉  

  • 信長はこの郷を家康に贈ったと見え、天正12年(1584年)小牧長久手の戦いの折、和議が整った時に、秀吉からは信長秘蔵の「不動国行」を、一方家康からはこの郷義弘をそれぞれ贈っている。

秀頼→家康  

  • その後行方不明になっていたが、昭和48年(1973年)にボストン美術館の刀剣金工室長の小川盛弘氏がアメリカで発見した。