綱切丸


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

綱切丸(つなきりまる)  

太刀
無銘
刃長二尺三寸六分(71.3cm)
諏訪神社旧蔵

  • 作者不明だが、備前正恒と見られている。

由来  

  • 寿永3年(1184年)正月、宇治川の戦いでの先陣争いの際に、佐々木高綱は河中の綱を本刀で切ったという。

来歴  

  • 佐々木高綱の太刀はその後、いつしか信州諏訪神社に伝来した。
  • 昭和25年(1950年)に重要文化財指定。
  • 昭和35年(1960年)6月1日の夜、山田満喜男が諏訪下社の宝物殿からこの「綱切丸」と油小路忠吉太刀を盗み出すが、この盗難事件は当時大騒ぎとなり、山田は処分に困り、刀身と拵を切断した上で諏訪湖に投棄してしまった。必死の捜索が行われたが、発見されることはなかった。
    共に盗まれた太刀は、油小路忠家の父とされる油小路忠吉の作で二尺四寸六分(74.6cm)。寛文7年(1667年)に松平忠輝が奉納したと伝わる。明治44年(1911年)に旧国宝指定、昭和25年(1950年)に重要文化財指定。忠輝は元和2年(1616年)に兄秀忠から幽閉を命じられ、寛永3年(1626年)には諏訪へと移されている。天和3年(1683年)に諏訪高島城で没。


  • 佐々木高綱の「綱切」は異説が多数ある。
  • 諏訪神社に伝わったものが本刀で、その他享保名物の「綱切筑紫正恒」がある。
  • また相良家、島津家にも「綱切」が伝来するが、この二刀については綱を切った人物が佐々木高綱ではない。

関連項目  

綱切筑紫正恒
佐々木高綱所持、享保名物帳所載。
綱切貞宗
織田信長所持、蠣崎(松前)家伝来。
綱切
相良家蔵、島津家蔵。