流星刀


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

流星刀(りゅうせいとう)  

Table of Contents

概要  

  • 榎本武揚が、明治23年(1890年)に富山県上市川上流で発見された鉄隕石「白萩隕鉄(白萩隕鉄1号)」を明治28年(1895年)に買い取り、刀工・岡吉国宗に長短合わせて大小5口作らせたもの。

    鍛錬 長刀及び短刀各二振の内甲の一振は星鐵を十六回析返し鍛錬したる者を用ひ乙の一振は二十四回析返し鍛錬したる者を用ひて造れり二振共に刀身の表面に恰も槻の如輪木理に似たる斑紋あるは即ち星鐵の特質にして就中此の斑紋の稍大にして鮮明に且無疵に出來上りたる者は即ち献上の一刀是なり
    流星刀記事-地学雑誌 1902年14巻1号

    榎本自身の記事には4口と書かれている。また曾孫の榎本隆充氏の書によれば「この時大刀二振と小刀三振が作られた。」と5口が作られたとしている。
     はじめ長刀二降、短刀二降が製作され、後に「星鉄残片1と中国玉鋼2の割合で混合した」ものから短刀一振を製作したという。

由来  

  • 「流星刀」の名は、星鉄(隕鉄)を鍛錬して造ったことにより榎本武揚自身が名付けたもの。

    流星刀トハ星鉄ヲ鍛錬シテ造リシ刀ナルヲ以テ此名ヲ命ゼリ
    (流星刀記事)

    当時は、隕石が彗星由来の落下物と信じられていたことからの命名。

流星刀の一覧  

  • 流星刀は個別の刀の号ではなく、複数ある刀を総称して「流星刀」と呼ばれている。
  1. 長刀1口:嘉仁親王(大正天皇)に献上
  2. 長刀1口:東京農業大学に寄贈。刃長68.6cm、反り1.5cm。同図書館所蔵
  3. 短刀1口:富山市天文台に寄贈(富山市科学博物館保管)
  4. 短刀1口:龍宮神社(北海道小樽市)。刃長約19cm。「東京住岡吉國宗」の鞘書あり。
  5. 短刀1口:後に「星鉄残片1と中国玉鋼2」の割合で混合したものから製作した短刀。いつごろ製作されたのか不明。
  • 3、4、5については、情報が不足しておりいずれが後から製作された1口かは特定不能。

大正天皇  

  • 5口のうち長刀1口は、明治31年(1898年)12月に当時の皇太子(大正天皇)に献上された。

    予は本塊の手に入りし以來珍重措かさりしか本年二月に至て本塊の一部を以て刀身を造らしめ以て之を我か 皇太子殿下に奉献せんと企てたるを以て全量中より殆んと一貫目余を截り取り(殘塊の重量は五貫目)

    以テ我カ皇太子殿下御丁年ノ御祝儀トシテ献上シ奉ラント発年セシハ偶然ノ事ニアラス

  • 榎本武揚は、この流星刀製作の経緯を明治31年(1898年)12月に「流星刀記事」としてまとめており、その抜粋が「地学雑誌」明治35年(1902年)1月号に掲載された。
  • 残りの3口(後述の龍宮神社寄贈短刀を入れると4口か)は榎本武揚の子孫に伝わったが、うち短刀1口は戦時中に行方不明になったという。

東京農業大学  

富山市科学博物館  

  • 短刀1口は白萩隕鉄飛来地である富山市科学文化センター附属富山市天文台(現、富山市科学博物館附属富山市天文台)に寄贈された。

龍宮神社  

ロシア皇帝の隕鉄サーベル  

Sowerby's sword and scabbard presented to the Emperor Alexander I, 1814. The State Hermitage Museum, St Petersburg.
刃の長さ67cm、直線での長さ61.5cm
クロスガード3.3cm、グリップ10.8cm
エルミタージュ美術館所蔵

  • Art works ※エルミタージュ美術館公式サイト、ロシア語
  • 榎本武揚は、ロシア大使(駐露特命全権公使)としてサンクトペテルブルクに赴任していた際に、ロシア皇帝の秘宝の中に隕石で作られたサーベルを見て感動し、日本でも隕石刀を作りたいという夢を持った。サーベルは、現在エルミタージュ美術館に収蔵されている。
  • この隕鉄は3つ以上に切断された上で売りに出され、うち1つがイギリスの博物学者であるジェームズ・サワビー(James Sowerby)のコレクションとなった。
  • 1814年6月ジェームズ・サワビーは、イギリスを訪れていたロシア皇帝アレクサンドル1世に対して、この隕鉄を用いてサーベルを製造し贈ろうとする。
    急速に台頭したフランス皇帝ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン1世)は、1812年に行ったロシア遠征に失敗する。逆に対仏大同盟が復活すると、巻き返したアレクサンドル1世はパリへと入城し、ナポレオンはエルバ島へと追放される。サワビーがサーベルを贈ろうとしたのはこの時である。
  • しかしすれ違いがあり、結局サーベルが皇帝のもとに届いたのは1819年頃であったという。その後ロシア王宮の宝庫に入れられていたが、のちエルミタージュ美術館へと収蔵された。
    サワビーは1822年10月25日死去、アレクサンドル1世は1825年12月1日死去。
  • 駐露特命全権公使に任命された榎本武揚は、1874年から1878年までロシアに滞在しており、ツァールスコエ・セローの離宮(エカテリーナ宮殿 )にて、このサーベルと思しき物を見ている。

    予カ往年全権公使ノ職ヲ以テ露帝聖彼淂堡府(サンクトペテルブルク)ニ在リシ時、「ツァルコエ・セロー」ノ離宮ニ於テ露帝亜歴山淂第一世(アレクサンドル1世)ノ珍蔵セラレシ星鉄刀ヲ親シク見テ一種ノ感ヲ起シタルニ基ケリ。当時予ニ付添ヒシ宮内官吏ノ語ル所ニ拠ハ、該剣ハ亜歴山淂第一世カ「ナポレオン」第一世ヲ大ニ「モスコウ」ニ於テ破リシ功ニ対シ、独逸国ヨリ献セシナリト。
    (流星刀記事)

    なお離任して帰国する際、榎本はロシアの実情を調査するために船と馬車を乗り継ぎ約2ヶ月をかけてシベリアを横断し、その詳細な過程を「シベリヤ日記」に残している。シベリヤ日記 - 国立国会図書館デジタルコレクション

  • このサーベルの存在はその後わからなくなっていたが、2011年に再度存在が確認された。
  • 刃には、隕石で作られた旨と贈られた由来が刻印されている。さらにその上には、ロシア皇帝の王冠、"MERCY"の文字を囲む月桂樹、ロマノフ家の紋章である双頭の鷲が彫り込まれている。

    This Iron, having fallen from the heavens was, upon his visit to England, presented to His Majesty ALEXANDER, EMPEROR of all the RUSSIAS, who has successfully joined in Battle, to spread the Blessings of PEACE throughout EUROPE.
     
    By James Sowerby F.L.S. G.S. Honorary Member of the Physical Society of Göttingen &c,
     
    June 1814.

    二段目の「F.L.S.」はロンドン・リンネ協会(Linnean Society of London)フェローに許されたポスト・ノミナル・レターズ。「G.S.」はロンドン地質学会(Geological Society of London)を表す。以降はゲッティンゲン物理学会の名誉会員を表す。榎本に説明したロシアの宮内官吏は、前二者の意味がわからなかったのか、最後の「ゲッティンゲン」のみでドイツよりの寄贈と判断したようである。

  • さらにもう片面には、喜望峰隕鉄(Cape of Good Hope)から製造したことを刻印している。

    PURE METEORIC IRON found near the Cape of Good Hope

    上記エルミタージュ美術館公式サイトで見れるのはこの面のみ。ただし「This Iron」から始まる面については、画像が下記NCBIのサイトの他、いくつかのサイトで掲載されている。

関連項目  

  • 斬鉄剣」 ※他の隕鉄刀について

AmazonPrime Video30日間無料トライアル