地蔵行平


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。
Table of Contents

 地蔵行平(じぞうゆきひら)


銘 行平
名物 地蔵行平
二尺五寸六分

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    地蔵行平 在銘長二尺五寸六分 無代 御物
    地蔵菩薩の彫物有之

 由来

  • 鎺元に地蔵尊を彫っていたためという。

 来歴

 足利将軍家

  • もとは足利義教の御物
    足利義教は室町幕府6代将軍。応永元年(1394年)~嘉吉元年(1441年)

 後北条家

  • のち北条氏綱の重代となり、氏綱は鎺元に地蔵尊を彫ったという。
    北条氏綱は北条早雲の子。後北条氏2代。長享元年(1487年)~天文10年(1541年)
  • この後の来歴が不明。

 細川忠興明智光秀

  • 天正9年(1581年)4月12日、細川忠興が息子・忠興の義父となる明智光秀を宮津城に招待した時、宴半ばにこの「地蔵行平」を贈っている。

     同四月十二日之朝 長岡與一郎殿之振舞
    一 御人数 惟任日向守殿父子 三人
      長岡兵部太夫殿父子 三人
              紹巴 宗及 宗二 道是
    一 御酒半ニ 地蔵行平之太刀 従與一郎殿
      日向殿へ御進上候也
    天王寺屋会記

    長岡兵部太夫:細川幽斎、長岡與一郎:細川忠興、惟任日向守:明智光秀のこと。細川忠興の正室ガラシャ(玉子)は光秀の娘。
     この時光秀は、連歌師紹巴および茶頭として宗及を招いている。4月9日に亀山城(亀岡城)を出発し、11日に愛宕山福寿院でも宴を開いている。宮津に到着した翌日の12日に開いたのが上記茶会である。

 徳川将軍家

  • その後、徳川将軍家所蔵となる。この経緯はわからない。
  • 明暦の大火で焼ける。




 地蔵行平

太刀
豊後国行平
高松宮家所蔵

  • 豊後国、紀新大夫行平の作
  • 中心うぶ、大きく雉子股形となり先細って反りつき。
  • 佩き表の棟よりに「豊後国行平」と長銘。

 由来

  • 腰元に地蔵菩薩の彫物があることにちなむ。

 来歴

  • 高松宮家に伝来した。
    享保名物の地蔵行平とかぶっているが、銘が異なるため別物と思われる。こちらは高松宮家に伝来した。

 他の地蔵行平

  • 上記2刀とは別に、「地蔵行平」であるとされる刀が存在する。

 東博所蔵

太刀
銘 豊後国行平
刃長79.0cm、反り1.9cm
重要文化財
東京国立博物館所蔵

  • 目釘孔3個
  • 本刀も地蔵行平だとされている場合がある。銘が異なるため上記高松宮家伝来品とは別物だと思われるが、東博所蔵品の伝来ルートは不明。

 名古屋市博物館所蔵

太刀
銘 行平
刃長79.7cm、反り2.6cm
重要文化財
名古屋市博物館所蔵

  • 目釘孔2個
  • 市内のコレクター所蔵品であったもので、平成7年(1995年)に寄贈されたもの。
  • 所蔵館では、下記のように役小角ではないかとしている。

    行平が刀身に刻む仏像は、どれもほとんど同じ姿をしていますが、デフォルメされており何の仏さまかよくわかりません。当館の所蔵品の場合、重要文化財の指定書には「行者」つまり、修験道の開祖である役小角(えんのおづぬ)だと記されています。

  • 昭和16年(1941年)の旧国宝指定時は徳川宗家所蔵。

    太刀 行平 東京府東京市澁谷區千駄ヶ谷一丁目 公爵 徳川家正

    ※ちなみに同日に同じ所有者で指定を受けているのが「中務正宗」(金象嵌銘 正宗 本阿(花押)/本多中務所持)。

  • その後重要文化財指定時(新法施行時)は、名古屋市中区の個人蔵。

    工(昭一六・七・三)太刀 行平 一口
    東京徳川家正旧蔵

    ※ちなみにこの個人は伊勢寅彦氏旧蔵の銘雲生(昭和34年重文指定)も所持していた。





Amazonファミリー無料体験