稲葉瓢箪

稲葉瓢箪(いなばひょうたん)  

唐物瓢箪茶入
銘 稲葉瓢箪
大名物
静嘉堂文庫美術館所蔵

  • 天下六瓢箪のうち、上杉瓢箪についで第二とされる。

    六瓢箪とは上杉瓢箪一名大友瓢箪、稲葉瓢箪、眞珠庵瓢箪、佐久間瓢箪、茶屋瓢箪、玉津島是なり
    (大正名器鑑)

    瓢箪由来天下ニ六ノ内也、上杉瓢箪綱国殿拝領之由(綱紀殿献上之由の誤なるべし)、第一之茶入、稲葉美濃守正則公御所持第二之由云々
    (玉津島茶入の袋箱書付片桐石州筆)

    天下六瓢箪とは、上杉瓢箪一名大友瓢箪)、稲葉瓢箪、真珠庵瓢箪、佐久間瓢箪、茶屋瓢箪、玉津島瓢箪をいう。

由来  

  • 稲葉正則所持にちなむという。
    相模小田原藩第2代藩主。

来歴  

  • 稲葉家の前の伝来は不明。
  • ある本に、大友家から秀吉、木下宮内、城丹波を経たとある。

    唐ひやうたん茶入 稲葉丹後守様。由緒書大友家より金代にて秀吉公へ上、臣木下宮内殿、城丹波殿へ御成付参、夫より祖父方へ来る。
    (勝海舟本銘物控)

  • 稲葉正則(美濃守)の所持となる。

    瓢箪 稲葉美濃守、天下一つの名物なり
    (古名物記)

  • 代々稲葉家にて相伝する。
  • 明和9年(1772年)の実見記がある。

    唐瓢箪茶入 稲葉丹後守所持、明和九年壬申十月廿一日御城於広間拝見。
    (暢園秘録)

    稲葉丹後守は、山城淀藩7代藩主の稲葉正諶と思われる。

  • 明治30年(1897年)1月、稲葉家の都合にて、親戚の松浦伯爵家に預けられる。
    山城淀藩主稲葉正邦は子がなかったため、肥前平戸藩12代藩主松浦詮の子である稲葉正縄を養子に迎えている。平戸藩松浦家は、4代松浦鎮信以降、代々茶道鎮信流を伝えている。
  • 同年2月22日、田中常徳が仲介し、岩崎弥之助に金五千両で譲渡している。
    田中常徳は元淀藩士の家系という。
  • 大正9年(1920年)11月4日高橋義雄(箒庵)が実見している。この時も岩崎弥之助の所持となっている。
  • 現在は静嘉堂文庫美術館所蔵

関連項目