日光一文字

日光一文字(にっこういちもんじ)  


無銘一文字
名物 日光一文字
刃長67.8cm、反り2.4cm、元幅3.2cm、先幅2.3cm、鋒の長さ3.25cm。
国宝
福岡市博物館所蔵

  • 享保名物帳所載

    日光一文字 無銘長二尺二寸四分 無代 松平筑前守殿
    日光権現に納りて有しを、小田原早雲老申落し所持す、氏綱、氏康迄傳る、小田原陣黒田如水老噯ひ和談になり依て禮のため此刀と東鑑の正本陣貝を遣す、氏政より五代目は氏直なり之を小田原北條五代と申なり

  • 刃長二尺二寸四分。鎬造り、庵棟、元先ともに身幅広く、重ねは薄め。腰反り強く踏ん張りがある。猪首切先。尖りごころの小丸。
  • 中心はうぶで、雉子股中心になり、目釘孔3個、無銘。
Table of Contents

来歴  

  • 元は北条早雲が日光権現より取り出したもの。
  • 北条家から黒田家への伝来については諸説がある。

北条氏直→黒田如水  

  • 福岡藩主黒田家伝来の書物には次のように書かれている。

    松平筑前守 日光一文字 無銘長サ弐尺弐寸四分 無代 日光権現ニ納リテ有シヲ小田原北条早雲長氏申落シテ所持ス 氏綱氏康迄伝ル 小田原陣黒田如水老曖和タンニナリ依之為礼此刀并東艦之正本白貝ヲ遣ス 氏政より五代メハ氏直也 是ヲ小田原北条五代ト申也 関八州ヲ領ス

    日光一文字御刀 弐尺弐寸四歩 白貝、東艦と一同に北条氏直より来りシ也 、北条家伝来之名物也 其時入来し葡萄蒔絵之箱、今に被用也
    (黒田家御重宝故実)

  1. 日光権現社にあったのを北条早雲が申し請け、代々北条氏の家宝とした。
  2. 北条氏五代目氏直のとき、天正十八年(1590年)秀吉の小田原攻めが行われた。
  3. その際に黒田如水が北条氏直との和睦の労を取ったことへの謝礼として、氏直から白の陣貝(北条白貝)と東鏡、日光一文字の太刀を譲り受けたと思われる。
    ただし小田原開城の交渉には滝川雄利と徳川家康があたったとされており、その事実とずれている箇所もある。

北条氏直→豊臣秀吉→黒田如水  

  • 異説としては、同じ黒田家伝来の文書の中に次のようになっているものもある。

    北条氏照備崩 抽軍功之働 神妙之至ニ候  依之一文字之太刀送之候 猶追而可加恩録之(祿の誤記)者也 三月十一日 (秀吉朱印) 黒田勘解由とのへ

    北条氏照は北条氏康の三男で氏政の弟にあたる人物。小田原征伐の際には徹底抗戦を主張している。この氏照の備えを崩した働きを賞して一文字の太刀を贈るという文書である。


  • いずれにしろ、黒田如水の時代に黒田家に伝来したのは間違いがない。
  • その後も黒田家に伝来する。
  • 昭和8年(1933年)1月23日に旧国宝指定。
  • 昭和27年(1952年)3月29に国宝指定。
  • 黒田家14代目当主黒田長礼所蔵。昭和53年(1978年)に氏が亡くなった後、茂子夫人(閑院宮載仁親王の第二王女)は夫の遺志に基づき黒田家に伝わる宝物、美術品を福岡市に寄贈している。
  • 現在は福岡市博物館所蔵


白貝について  

  • 上記文書に度々登場する「白貝」とは、北条白貝(法螺貝)のことで現在福岡市美術館所蔵。
    詳註刀剣名物帳によれば、この時に贈られた陣貝は「太郎具」と呼ばれたという。
  • この他に、平経正ゆかりの琵琶の名器「青山」、尺八の一種「一節切」も贈られたという。

東艦について  

  • また「東艦」は「吾妻鏡」のこと。こちらは現在国立公文書館所蔵。
  • 慶長9年(1604年)4月黒田如水が死んだ後、嫡子の長政が遺物として「東艦一部」を献上している。実記にもこれが北条氏より講和の礼として贈られたと記しているため、「日光一文字」についても同じ時に秀吉を経由せずに贈られた可能性が高い。

    是月黒田筑前守長政。父如水入道遺物とて備前長光の刀并に茶入木の丸を獻じ。右大將殿に東鑑一部をさゝぐ。こは小田原の北條左京大夫氏政。豐臣太閤との講和の事はからふとて。如水かの城中へまかりし時氏政の贈りし所にて。今御文庫に現存せり。