三好江

  • 刀と短刀の2つ同名のものがある。
    1. 打刀:二尺二寸八分
    2. 短刀:八寸三分
Table of Contents

三好郷(みよしごう)  


磨上二尺二寸八分
三好江

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    三好郷 磨上長二尺二寸八分 無題 御物
    三好修理太夫長慶所持、古忠(なかご)残る、二尺三寸とも申す。

    • 古記録には二尺三寸とも書かれており、二度磨上された可能性がある。
  • 庵棟、中心大磨上無銘、目釘孔2個

由来  

  • 三好長慶所持にちなむという。

来歴  

  • もとは二尺六寸五分あったものを磨上ている。
  • その後、紀州太田城の松本氏に伝わっていた。
  • 天正13年(1585年)、秀吉が紀州太田城を水攻めした時に、紀州牟婁郡岡田郷太田の豪族、松本雅楽之助助持も籠城しており、城が落城すると、海路阿波へ渡った。
  • のち家重代の「三好郷」を秀吉に献上して部下の助命を乞うたため、許され秀吉の弟、羽柴秀長に仕えることとなった。
  • 天正14年(1586年)10月、家康がはじめて大阪城に入り秀吉に拝謁した際、相州正宗の脇指とともにこの三好郷を贈っている。




三好郷(短刀)  

短刀
無銘長八寸三分
三好江

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    三好郷 無銘長八寸三分 無題 御物
    右同断、表裏棒樋直刃ののだれ心なり

由来  

  • 三好長慶佩用にちなむという。

来歴  

  • 伝来は不詳で、いつのまにか徳川将軍家所蔵となっている。
    本阿弥光徳刀絵図に同寸の短刀が載る。平造り、表裏に棒樋、中心無銘、目釘孔2個。ただし三好江は中心を切っているとも言われるため、これが三好江かどうかは不明。
  • この短刀の三好江はいつ焼けたのかは不明だが、享保名物帳では両方共に焼失の部に記載されている。