秋之嵐

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

秋之嵐(あきのあらし)  


銀象嵌銘 秋之嵐/織田七兵衛所持
前田土佐守家資料館所蔵(金沢市)

  • 無銘だが関兼元(二代孫六兼元)作とされる。

由来  

  • あたかも秋風に枯葉が翻っているような趣がある刃文にちなんで名付けられたという。

来歴  

  • 裏銘の所持銘「織田七兵衛」は津田信澄のこと。
    信長の実弟である織田勘十郞信行の嫡男で、信行が殺害された時に幼少の信澄は祖母の土田御前(信長と信行の生母)の助命嘆願もあり、柴田勝家のもとで養育された。津田姓を名乗り、通称は七兵衛。長じて信長の側近となり、織田一門衆の中でも信任され重用された。正室が明智光秀の娘という関係で、本能寺の変の3日後に神戸信孝と丹羽長秀により襲撃を受け、丹羽家家臣・上田重安によって討ち取られた。享年28。
  • その後、前田利政の所持となった。
  • 利政利政は前田利家の次男で、母はまつ。従四位下侍従・能登守に叙任され、羽柴能登侍従と呼ばれた。
  • 関ヶ原では大聖寺城攻めに参陣するが、その後突如金沢へ引き返す。のち兄の前田利長は再度出陣するが、この時前田利政は動かなかった。関ヶ原の戦い後に能登の所領は没収され兄の利長に与えられると、利政は京都の嵯峨に隠棲し、宗悦と号した。
  • 寛永10年(1633年)に長女の婚家先である角倉与一玄紀(角倉了以の孫)の邸で死去。
  • 利政の嫡子前田直之は、のちに加賀藩主となった前田利常(利政の弟で、直之の叔父にあたる、母は千代保)に仕え、前田土佐守家を立てている。
                        前田利家─┬前田利長
                             ├前田利常──前田光高【加賀藩主家】
                  [土倉業]      └前田利政─┬前田直之【加賀八家 前田土佐守家】
    吉田徳春─宗臨─宗忠─┬吉田光治─栄可┬求和         └娘
               │       └娘           │
               │  [医者]  ├───角倉素庵─┬角倉玄紀【与一家 嵯峨角倉】            
               ├吉田宗桂─┬角倉了以(与七)   └角倉厳昭【平次家 京角倉】
               │     │              
               │     └宗恂(意安)
               └吉田光茂──宗運──周庵─┬吉田光長
                             └吉田光由 ※和算家
    
    前田土佐守家は加賀藩重臣の家系。加賀八家の筆頭だが、家禄は1万1千石と最も少なかった。
  • 本刀「秋之嵐」は直之に伝わり、その後も前田土佐守家に伝来した。
  • 現存。


上田重安(うえだ しげやす)  

  • 茶人武将上田宗箇(うえだ そうこ)として知られる。
  • 永禄6年(1563年)、尾張愛知郡に丹羽長秀の家臣・上田重元の子として生まれる。
  • 幼名は亀丸、長じて佐太郎。

丹羽長秀家臣  

  • 元服後は長秀の家臣として各地を転戦し、天正10年(1582年)6月の本能寺の変後の一連の騒乱では明智光秀への関与を疑われた津田信澄の首を挙げ、翌天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いの後に越前国に1万石を与えられて大名となる。
    津田信澄は織田信行(信長弟)の嫡男。父は弘治3年(1557年)に暗殺されるが、子らは許されている。のち浅井氏旧臣磯野員昌の養嗣子となり、越前一向一揆征伐などに従軍するが、のち員昌が高野山に出奔すると信忠配下に組み込まれている。信長の命を受け明智光秀の娘と結婚。連枝衆・即金として信長に近侍する傍ら、石山本願寺攻め、荒木村重討伐など各地を転戦する。本能寺の変の前には、神戸信孝を総大将とする長宗我部攻めに丹羽長秀とともに副将として付けられる。四国に渡海する準備に入っていたが、同時に上洛していた家康を設定する役目を丹羽長秀とともに命じられている。変後、光秀とその娘婿である津田信澄の共謀であるという噂が流れ、疑心暗鬼に囚われた信孝と長秀により攻撃を受け討ち取られた。

秀吉家臣  

  • 丹羽長秀の子長重が減封されると、天正13年(1585年)上田重安は秀吉の家臣となる。天正15年(1587年)の九州平定、同18年(1590年)の小田原征伐、文禄元年(1592年)には朝鮮出兵に従軍している
  • 杉原家次の娘で、秀吉の正室寧々(高台院)の従姉妹にあたる”とく”を正室に迎える。文禄3年7月29日(1594年9月13日)に豊臣姓を賜り、従五位下・主水正に叙任される
  • 侍臣として側近くに仕え、千利休の茶を学ぶ機会も得る。利休没後は古田織部(重然)と親交を深め茶道を学んでいる。
  • 慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いでは西軍に属して丹羽長重の援軍に赴くが、その途上で落城の報せを聞くと兵を返している。戦後、領地を没収されて摂津国に流遇し、剃髪した。

蜂須賀家臣  

  • その後、慶長7年(1602年)に蜂須賀家政に強く請われてその客将となり、阿波国徳島に住んだ。この間に家政の依頼で徳島城表御殿の千秋閣庭園を作庭している。

浅野家臣  

  • 慶長10年(1605年)、姻戚関係にあったであった紀州藩主・浅野幸長に招かれて1万石を与えられている。また徳川家康の許しも得て、還俗している。
  • 紀州和歌山で浅野家に仕えている間、和歌山城西の丸庭園、名古屋城二の丸庭園、粉河寺庭園を作庭している。
  • 大坂の陣にも徳川方として出陣し、夏の陣では泉州樫井での戦いで大坂方の塙直之の首級を挙げるなど戦功を立て、将軍徳川秀忠及び大御所家康から激賞されている。また急迫する敵を竹藪で待ち受けていたときに、美竹を見つけた宗箇は、小刀で竹藪の竹を切って茶杓を削り始めてしまい、あまりに熱心に削っていたため敵が怪しんで逃げたという逸話が残る。このときに作った茶杓が「敵がくれ」であるという。
  • 元和5年(1619年)、浅野氏が和歌山藩から安芸広島藩に移封されると重安は佐伯郡小方村(現大竹市小方)に1万7,000石を与えられる。江戸にも滞在したが国許にも下った。広島では、浅野長晟から命じられ藩主別邸の泉水館(現、縮景園)を作庭している。広島城本丸、泉水館、上田家邸の草庵「和風堂」の3ヶ所から望める借景として三滝山を選び山頂に大きな赤松を植えた。その後、宗箇山と呼ばれるようになった。
  • 数々の戦功により西軍に就いた罪を許された重安は徳川将軍家より出仕を促されたが、断る代わりに嫡男・重秀を徳川家に出仕させている。
  • 慶安3年(1650年)5月30日、88歳で没した。
  • 法名宗箇。
  • 大徳寺の春屋宗園から同号竹隠を授かっている。

系譜  

  • 長男:上田重秀
    • 長男重秀は、近江野洲郡に知行を与えられ服部村に服部陣屋(服部城)を構えた。子孫は代々相続し、上級旗本として江戸幕府に仕えた。
  • 次男:上田重政
    • 広島藩浅野家の家老職を相続し、上田家は藩士として続いた。
    • 茶堂の上田宗箇流はこの重政が継承し、以後現代の16代まで受け継がれている。なお家元自ら門下を指導することはなく、野村休夢に始まる野村家と、中村知元に始まる中村家の両家が茶道預師範を務めた。
  • 三男:上田可勝
    • 細川氏に仕えたという。