日向正宗

日向正宗(ひゅうがまさむね)  

短刀
無銘
名物日向正宗
8寸2分(24.8cm)
国宝
三井記念美術館所蔵

  • 正宗の作
  • 享保名物帳所載

    日向(堅田)正宗 長八寸二分 無代 紀伊殿
    表護摩箸、石田治部少輔所持、関ヶ原のとき水野日向守殿大坂にて分捕せらるるにより、大坂とも申すなり、日州より借金の形に紀伊大納言殿へ参る、承徳二年12月南龍院殿より清蹊院殿へ進せらる、初め堅田と申し夫より日向と申す由なり

  • 平造り、真の棟、無反り。差表にある護摩箸は本阿弥光徳が彫らせた追刻。鋩子小丸、深く返る。中心うぶ、目釘孔3個、無銘。

由来  

  • 「日向正宗」の号は水野日向守勝成が所持したことにちなむ。
  • 美濃大垣城を攻めた時に正宗を分捕ったとされるため、「大垣正宗」とも。
  • それ以前には「堅田正宗」と呼ばれたというが、その由来は不明。
    江州堅田2万石の領主堅田広澄より贈られたものとされる。堅田広澄は秀吉に仕え堅田で2万石を領した。関が原の戦いで西軍につき、没落した。堅田氏から秀吉を介さずに三成に伝わった可能性があるが詳細不明。

来歴  

秀吉・石田三成  

  • 元は秀吉が所持し、その後石田三成に下賜されたものと思われる。

福原長堯  

  • 石田三成から妹婿の大垣城主福原右馬介直高(福原長堯)に与えられる。

水野日向守勝成  

  • 関ヶ原の戦いの際に水野日向守勝成が分捕った。水野勝成の官名「日向守」から「日向正宗」と名付けられた。

紀州徳川家  

  • のちに紀州徳川家初代の徳川頼宣に伝わり、承応2年(1652年)12月に頼宣から子の光貞に贈られている。
  • 以後紀州徳川家伝来。
  • 元禄11年(1698年)5月に本阿弥三郎兵衛に鑑定に出されている。
  • 享保4年(1719年)に本阿弥家から問い合わせを行っていたことを、のちに本阿弥長識名物帳写本に注記している。

    享保四亥年十一月名物帳出来ニ付、紀州殿ヘ四郎三郎ヨリ問合処、承応二年午十二月南竜院殿(徳川頼宣)ヨリ清渓院殿(徳川光貞)ヘ被進、元禄十一寅五月(本阿弥)三郎兵衛ヘ吟味遣ス、前ハ堅田ト唱ヘ候得共、夫ヨリ日向トアリ。

    つまり、享保4年(1719年)に本阿弥四郎三郎から紀伊家に問合せた所、承応2年(1653年)12月に徳川頼宣から光貞へと譲られ、元禄11年(1698年)5月に本阿弥三郎兵衛に鑑定に出したと回答があったという。

  • その後、紀州徳川家代々に伝わる。

三井家  

  • 昭和2年(1927年)の紀州徳川家の売立に出され、2768円で三井家により落札された。
  • 昭和10年(1935年)8月3日に重要美術品指定。三井高公男爵所持。

    2220 短刀 無銘名物日向正宗 男爵三井高公
    (昭和10年文部省告示第二百六十九號)

  • 昭和16年(1941年)7月3日、旧国宝指定。

    短刀 無銘 傳正宗
    男爵三井高公

  • 昭和27年(1952年)11月22日に新国宝指定。


福原長堯  

  • 美濃大垣城主であった福原長堯は、播磨福原氏の一族。
  • 福原氏は赤松氏の一族であり、羽柴秀吉に責められた後に小姓頭として仕える。
  • 秀吉死後、形見の国俊太刀を賜り、豊臣秀頼の小姓頭の1人となる。
  • 関が原の合戦では西軍として大垣城に篭る。西軍主力の敗北後相良頼房、秋月種長らの裏切りに遭い、一直らが殺害され城兵が離散したため進退に窮し、東軍の西尾光教の勧めで降伏。
  • この際、石田三成から与えられていた本刀「日向正宗」を東軍の水野勝成に奪われたという。