鄙田青江

鄙田青江(ひなたあおえ / ひなだあおえ)  

太刀
銘 恒次
2尺3寸6分(71.5cm)
個人所蔵

  • 備中青江、恒次の作
  • 享保名物帳所載

    鄙田青江 磨上二尺三寸五分 代金十三枚 松平筑前守殿
    越中富山鄙田半兵衛と申者所持恒次なり

  • 刃長二尺三寸五分、刃長二尺三寸五分五厘、刃長二尺三寸六分など諸説ある。
  • 鋩子は小丸で品よく返る。中心磨上、目釘孔2個。「恒次」の二字銘。

由来  

  • 日向(鄙田)半兵衛(守兵衛、平兵衛とも)が所持していたためこの名がついたという。
    享保名物帳では「越中富山鄙田半兵衛」とするが、越中富山ではなく、駿河大納言忠長の家臣とされる。

来歴  

  • 日向半兵衛正成は、駿河大納言忠長の家臣。
    ただし初期は代官として活動しており、大久保長安に代わり旗本島田直時と共に徳川忠長領であった甲斐へ、甲斐国奉行として赴任している。後に忠長付けとなったのか、家臣団に日向正久の名が見える。
  • 松平忠長は寛永9年(1632年)に高崎藩にお預けとなり、日向も遠州横須賀藩にお預けとなった。
  • 同13年に赦免となり知行3080石を与えられるが、同20年(1643年)5月2日に79歳で没した。
  • 死ぬ前の寛永17年(1640年)に日向が本阿弥に鑑定に出しており、十三枚の折紙をつけている。
  • 正保4年(1647年)豊前小倉藩小笠原忠真の娘が黒田忠之の嫡子光之に嫁いだとき、婿引出として本刀を光之に贈っている。
  • その後は黒田家に伝わる。
  • 戦後同家を出た。