治金丸

治金丸(ちがねまる)  

黒漆脇差拵
刀身無銘(号 治金丸)
刃長53.8cm
国宝
那覇市歴史博物館所蔵

なお国宝指定は本刀単独ではない。従来本刀を含む「琉球王尚家伝来品」85点が重要文化財に指定されていたが、それに加えて「附 王装束及衣裳関係文書」12冊、さらに未指定の「琉球国王尚家関係文書」1,154点が追加され、計1,251点が「琉球国王尚家関係資料」として、2006年に国宝に指定されたものである。

概要  

  • 無銘であるが、応永信国の作と推定されている。

来歴  

  • 尚家伝来の刀剣。琉球の歴史書「球陽」によれば、大永2年(1522年)に宮古島の仲宗根豊見親(なかそね とぅゆみゃ)が尚真王に献上した刀とされる。
  • また「治金丸宝刀ノ由来」によれば、大永2年(1522年)に宮古島の豪族仲宗根豊見親が、八重山諸島平定の慶賀として尚真王に献上したという。

京阿波根  

  • 尚真王は阿波根に命じてこの刀を京都の研ぎ師に研がせたが、研ぎ師はこれを偽物にすり替えて阿波根に渡した。帰国してからそれが発覚したため再び京都に戻り、3年の月日をかけてついに取り戻したという。これより阿波根は、「京阿波根(きょうあはごん)」と呼ばれるようになったという。京阿波根親雲上実基。
  • その後京阿波根の名声は高まり、また無私にして剛直な性格が災いして讒言に遭い、ついに首里城で暗殺されてしまった。その時の様子を描いた「球陽」の記述に「空手」でもって暗殺者の童子の両股(りょうもも)を折った様子が記されており、沖縄武術「(ティー)」の元祖ともされる。

    建極、手に寸鉄無く、但空手を以て童子の両股を折破し

    ただしこの「空手」が「からて」、「くうしゅ」、「くうて」のいずれの読みであるかは不明。またこの「空手」が現在の空手(からて)と伝系的につながりがあるのかも不明。

耳切り坊主  

  • 一説に、北谷王子が悪僧黒金座主をこの「治金丸」で斬殺し、その怨霊が沖縄民話の妖怪「耳切り坊主」になったとされる。詳細は「黒金座主」の項参照
    仲宗根豊見親が「治金丸」を献上した尚真王は琉球王国第二尚氏王統の第3代国王で在位は1477年~1527年。黒金座主に登場する北谷王子朝騎は第13代尚敬王(在位1713年~1751年)の弟。




  • 千代金丸」、「治金丸」、「北谷菜切」の三刀は古来沖縄に伝わる名刀として名高い。
  • また治金丸は別名「手金丸」といい、長い年月の間に「千代金丸」と入れ替わっている可能性が指摘されている。