木下正宗

木下正宗(きのしたまさむね)  


銘 正宗
長二尺五寸九分
重要美術品

  • 徳川将軍家旧蔵。
  • 目釘孔の下に「正宗」二字銘。

来歴  

  • 豊臣秀吉が秀忠に贈る。
  • その後の来歴が不明だが、のち大坂の商人筒崎屋惣右衛門が罪を得て取り潰しになった時、闕所品として没収された。
    堺の商人木下某が所持しており、商人が正宗を所蔵していたことを咎められ闕所となったともいう。
  • 天保7年(1836年)時点では将軍家所蔵。
  • 五千貫折り紙つき。
  • しかし明治2年(1869年)調べの「将軍家御腰物台帳」には載っていない。
  • なお「本阿弥光悦押形」では「宗」の字の"示"が"未"になっている。
  • 明治になってから本阿弥家以外の鑑識家は偽銘と見ていたが、昭和10年(1935年)8月3日に徳川家正侯爵の名で重要美術品に指定された。