助真

助眞(すけざね)  

正元年間の刀工
藤源次助眞
備前福岡一文字派

代表的な刀  

国宝  

日光助真
太刀 銘「助真」刃長71.2cm、反り2.8cm。鎬造、庵棟、身幅広い。なかご少し磨上。表樋の下棟寄りに二字銘。加藤清正から家康。明治43年4月20日旧国宝指定、昭和26年6月9日国宝指定。日光東照宮所蔵
太刀
銘「助真」刃長二尺二寸八厘(66.9cm)、反り五分九厘(1.8cm)。鎬造、庵棟、磨上げながら腰反り踏張り残る。鋩子表尖り、裏小丸。目釘孔1個。昭和10年4月30日旧国宝指定、昭和28年3月31日国宝指定。松谷豊次郎氏旧蔵。東京国立博物館所蔵
太刀
銘「助真」刃長66.96cm。紀州徳川家伝来。東京国立博物館所蔵

重要文化財  

太刀
銘「助真」刃長77.3cm、反り2.9cm。鎬造、庵棟、腰反高く踏張付く。帽子は乱れ込む。茎生ぶ、先切れ。目釘孔1個。昭和14年5月27日重要文化財指定。同作中の完存品として稀有な一口。岩手県立博物館所蔵
太刀
無銘伝助真。大正9年4月15日重要文化財指定。埼玉県竜門寺所蔵
太刀
無銘伝助真。長65.6cm。鎬造、庵棟、鍛小板目、刃文大丁子乱れ。昭和11年9月18日重要文化財指定。
太刀
無銘助真。長72.1cm、反り2.5cm。鎬造、庵棟、重ね薄く鎬高く、中反浅く、鋒猪首ごころ。帽子乱れ込み先小丸、表裏僅かに掃きかけ。なかご大磨上、先切れ。目釘孔1個。昭和29年3月20日重要文化財指定。徳川美術館所蔵
太刀
銘「助真」長72cm、反り2.7cm。鎬造、庵棟、中鋒、腰反、踏張りがある。帽子小丸、茎生ぶ、先栗尻。目釘孔2個。昭和31年6月28日重要文化財指定。個人蔵
太刀
銘「助真」長74.5cm、反り3cm。鎬造、庵棟、鋒猪首、腰反高く踏張がある。帽子乱込み先小丸。茎生ぶ、先栗尻。目釘孔1個。昭和32年2月19日重要文化財指定。三井記念美術館所蔵
太刀
銘「助真」長78.8cm、反り3.2cm。鎬造、庵棟、腰反り踏張あり。帽子は焼詰こころに乱れ込み、表裏に棒樋を掻き通す。生ぶなかごの表に二字銘。徳川将軍家伝来。昭和8年1月23日重要文化財指定。財団法人林原美術館所蔵
無銘伝助真。長61cm、反り1.82cm。重要刀剣。東京富士美術館所蔵

その他  

太刀
銘「助真」刃長二尺二寸八分、反り七分。出羽本間家旧蔵、重要美術品
金象嵌銘助真。刃長二尺二寸六分、反り七分。表裏に棒樋掻き通し。小田原大久保家伝来。第一回重要刀剣認定。