典厩割

典厩割国宗(てんきゅうわりくにむね)  


無銘 伝国宗
名物 典厩割
二尺三寸一分
京都井伊美術館所蔵(京都市東山区 旧中村甲刀修史館)

Table of Contents

由来  

  • 永禄4年の川中島の合戦において、謙信自ら壮の者を左右に従えて武田陣中へ切り込み、左馬助(武田信繁)を切って落としたという。
    「典厩(てんきゅう)」とは、武田信繁の官職「左馬助」の唐名

    太刀にて両将の太刀打ちにて候、然る所、弟の武田左馬助信繁来りて押へて、信玄御幣川乗切り、味方へ乗込み申され候、景虎は左馬助信繁を手に懸け、討取り申候、(略)世上にて武田左馬助信繁を村上義清討取ると之あり、大きに虚説なり、謙信自身に左馬助を犀川の岸際にて典厩を押詰め、川へ切落されしを、越後方梅津宗三といふ者、典厩の首を取るなり、むさしといふ途なり、此時謙信の太刀備前長光二尺五寸、赤胴作りに候、只今当家に相伝有之候、異名を赤小豆粥と號し候、是れ天文廿三年甲寅八月十八日なり、謙信太刀に切込有之候
    (上杉将士書上)

    謙信自身に左馬助を討取り、犀川の岸涯にて典厩を川へ切落されしを越後方梅津宗三といふ兵、典厩の首を取れるなり、此時謙信の太刀備前長光二尺五寸赤銅作、今に当家に相伝へ有之、異名を赤小豆粥と號すと云々、右天文廿二年霜月廿八日、川中島下米宮合戦は第一度なり
    (北越耆談)

    いずれも備前長光二尺五寸、異名「赤小豆粥」としている。前者の「上杉将士書上」は寛文9年(1669年)成立、また後者の「北越耆談」は米沢藩士丸田左門友輔が寛文元年(1661年)に古老たちから聞いた話をまとめたものとするが、「今に当家に相伝へ有之」という記載は、佐竹義重に贈ったという来歴と矛盾してしまう。義重は関ヶ原の後秋田に移封されており、慶長17年(1612年)没。

来歴  

  • もとは上杉謙信佩用。当時は三尺三寸あったという。
  • のち北条氏康と対峙した時に、水戸の佐竹義重が三千人を率いて上杉方の味方に参じた。
  • 謙信大いに喜び、自ら近習を率いて佐竹陣に赴くと、厚く来陣の礼を謝し帯びていたこの國宗を贈ったという。
  • 佐竹義重から義宣へと伝わり、義宣は二尺三寸一分と磨上黄金造りにした上で、佐竹家の重宝とした。
  • 現在は京都の京都井伊美術館(旧 中村甲刀修史館)で所蔵されている。
    • 同じく上杉謙信から佐竹義重に贈られた「夢切り国宗」と混同されるが、別物。


異説  

長光兼光二尺九寸  

  • また「謙信記」では長光または兼光の二尺九寸とする。

    長光兼光とも申し候長さ二尺九寸の刀を下げ、(略)謙信、川中にて十二人まで切捨て、四方に眼を配り、川中に馬を控え居給ふ処、武田信玄の弟武田左馬助信繁、後陣に居候が信玄公手を負い給ふと聞きて、六七騎程にて河端へ馳せ来り、謙信を見つけて言葉を懸け大音揚げて、川中に居給ふは大将謙信と見申候、某は武田左馬助信繁なり、我等と勝負せられ候へと申さる、謙信は是を聞き給ひ、是は謙信の郎党甘糟近江守にて候、貴殿の敵には不足なるべし、勝負は御無用候へとて、謙信馬を川端へ乗上げ給ふ所へ、左馬助馬を乗付けて謙信を一打と拝打に打つ太刀を、謙信請けながら、馬をもじらせ片手なぐりに左馬助が高股を切落し給ふ、左馬助馬に耐らず落ち給ふ、村上義清、謙信の敵と太刀を翳して馳せ来りし所に、左馬助の馬より落ち給ふを見て、村上、馬上より飛び下り、左馬助信繁の首を取る