八重畳

八重畳(やえだたみ)  

太刀
薩州寿清左/大永三年八月日

  • 細川幽斎の差料。
  • 「薩州寿清左 大永三年八月日」と在銘。
  • 「八重畳清左」

由来  

  • 田の畦に藁(ネコブキ)で編んだ莚(むしろ)を、八枚重ねて敷いた上に死体を乗せ試し切りを行った。
  • 米田是政に胴を試させたところ畦まで切り通したために、名付けたという。

来歴  

  • 幽斎から子の細川忠興(三斎)に伝わる。
  • 三斎はこれを四男の細川立孝に与えた。
  • 立孝は隠居の父忠興とともに八代城に入城する。忠興は自分の隠居料八代7万石を立孝に与えようとしていたが、立孝は正保2年閏5月江戸表で没し、同年12月に忠興も後を追うようにも没した。八代は本藩家老の松井家が代々治めることとなった。
  • 忠利(肥後熊本藩初代藩主)の跡を継いだ2代藩主細川光尚は、翌年に八代の代わりに立孝の内分領の宇土・益城郡内に3万石の領地を設け立孝の遺児宮松(行孝)に与えた。こうして宇土支藩が成立した。
  • 「八重畳」は、立孝の妹多羅の子にあたる豊後臼杵藩4代藩主稲葉信通の弟、通広に贈られた。
  • 同家からさらに、甥に当たる本家の臼杵藩第5代藩主景通に戻る。
  • その後は不明。