能阿弥本銘尽

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

能阿弥本銘尽(のうあみぼんめいづくし)  

室町時代成立の刀剣書
文明15年(1483年)成立

概要  

  • 著者は、足利義政に仕えた同朋衆である能阿弥で、その名を取って「能阿弥本」と呼ばれる。
  • 能阿弥から田使行豊へと相伝され、行豊がさらに補記をしたとされている。

    右此銘尽天下ノ連歌宗匠能阿弥陀房被書出候、其以後人体口伝引合載注文畢、備前国住田使行豊雖爲秘蔵、色々所望候間書注訖。聊爾ニ外見候ハゞ不可□其曲候。田使因幡守行豊(在判)

    田使行豊は難波氏(田使首の後裔)。難波十郎兵衛尉行豊は難波掃部助の弟で、赤松家9代当主の赤松政則の娘を娶り、重用された。因幡守。

写本  

  • 写本が多く存在する。
田使本
内閣文庫所蔵
能阿弥銘尽
和銅博物館所蔵
鍛冶銘尽
個人藏

著者:能阿弥  

  • 能阿弥は、応永4年(1397年)~文明3年(1471年)。
  • 本姓は中尾氏で、名は真能(さねよし)。号は鴎斎、春鴎斎子。
  • 元は越前朝倉氏の家臣で、足利義教、義政に同朋衆として仕えて能阿弥と号し、幕府における書画等(唐物)の鑑定や管理を行い、また東山御物の制定を行った。
  • 特に周文に師事した水墨画で名高く、三阿弥派(能阿弥-芸阿弥-相阿弥)の開祖とされ、鶴図を描いて義政に絶賛されたといわれる。自由に御物の名品を見ることの出来る立場を生かし、「花鳥図屏風」や「白衣観音図」のような牧谿の図様をそのまま取り込んだ作品を残している。
  • 茶道においては、書院飾りの完成、台子飾りの方式の制定などを行い、小笠原流の礼法を参酌し、今日に伝えられているような茶の点て方を考案した。『山上宗二記』では「同朋中の名人」と記されている。
  • 連歌では宗祇から連歌七賢の一人に挙げられ、当時歌壇の最高峰とされた北野会所(北野天満宮)の連歌奉行も務めている。
  • そのほか立花、香道にも優れた。
  • 著書には、『君台観左右帳記』、東山御物の目録である『御物御絵目録』(相阿弥の時に完成)、自筆巻子として「集百句之連歌巻」(天理大学附属天理図書館蔵)がある。
  • 子に芸阿弥、孫に相阿弥がいる。

内容  

  • 奥書

    右此正銘尽事。従能阿弥、難波十郎兵衛尉行豊依ルニ子細書写相伝畢。雖爲秘書依御所望シテ進覧畢。
     不可有外見者也
     文明拾伍年癸卯三月
        田使行豊
    右此抄雖リト拙者秘蔵貴殿御所望之間不残所存令ムル者也
     
     永禄元年三月三日
        三好下野守
    松永右衛門介殿
        参
     此御本松永右衛門助殿雖リト御秘蔵申請御前子而拙僧
     乍悪筆書進上候。貴殿御望而候間早筆に一夜ヲ明カシ
     委細令勘御よろしく
    永禄七年十一月廿五日
       清舜在判
    水野七郎右衛門尉殿
        参