真田藤四郎


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、画像引用元などと記載してブログやSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

真田藤四郎(さなだとうしろう)  

短刀
銘 吉光
長八寸一分

  • 粟田口藤四郎吉光の作の短刀。
  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    真田藤四郎 長八寸一分 御物
    眞田伊豆守どの所持、□の字如期也

    □は銘字のこと。後述

  • 詳註刀剣名物帳

    眞田伊豆守は初め上野の沼田を領し、のち信州松代の城主なり。安房守昌幸の嫡子、本多中務忠勝の聟にていまの眞田伯爵の先祖なり。

  • 銘の「吉」が目釘孔にかかり、「光」の下が左右に突き出ている。

由来  

  • 真田伊豆守信之所持にちなむ。
    真田信之は真田昌幸(武藤喜兵衛)の長男。弟に真田幸村(真田信繁)がいる。幸村は大坂夏の陣で討ち死にするが、兄の真田信之は徳川方につき信濃松代藩の初代藩主となった。

来歴  

関連項目